スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年 果無山脈 縦走。 

昴~ヤマセミ 果無山脈縦走
果無の稜線。(↑クリックすると大きくなります。)

昴~ヤマセミ 果無山脈縦走
気持ちのいい自然林の縦走路。(↑クリックすると大きくなります。)

昴~ヤマセミ 果無山脈縦走
(↑クリックすると大きくなります。)

お久しぶりの更新ですが、あっさり更新で申し訳ありません^^;
相変わらずパソコンが壊れたままで、修理もせず、新しく購入もせず・・・
最近、またロガーを持って山に行くようにしたので、記録だけでも載せておこうかと。

『車2台あれば、果無縦走もできる!』
E氏からのお誘いで、5月7日(日)、GWの最終日に奈良県十津川村の昴の郷から和歌山県田辺市竜神村ヤマセミ温泉まで、果無山脈を縦走しました。


山歩きの記録
 実 施 日   2017年5月7日(日)
 同 行 者   E氏
コースデータ
 距  離  約26.0キロ
 累積標高差 +2,188m
         -1,882m
 所要時間  7時間40分(休憩含む)
コースタイム
 6:16 ホテル昴駐車場 → 6:50 果無集落 → 8:15 果無山
 → 8:31 石地力山 → 8:50 ブナノ平 → 9:20 ミョウガノタワ
 → 9:34 筑前タワ → 9:50 公門崩の頭 10:00 → 10:29 カヤノダン
 → 11:00 冷水山 → 11:23 黒尾山 → 13:07 和田ノ森
 → 13:37 登山口 → 13:56 ヤマセミ温泉


ログを見る限り、間違ってないとは思うのですが、なんだか累積標高差が大きすぎのような・・・
近日中に写真を何枚か掲載しようとは思ってますが、詳細なレポは・・・要望がありましたら(笑)考えたいと思います。

いつもありがとうございます!
よろしければ↑ポチッ☆と押してください。
スポンサーサイト

2014年 弥山・八経 ぶらぶら散歩。 

大峯散歩♪
八経ヶ岳。(↑クリックすると大きくなります。)

11月21日(金)、久しぶりに大峯の山へ出かけました。
二日前まで「弥山が真っ白でキレイだよ」との情報だったので、期待していたのですが、暖かすぎる日差しに全然白くない晩秋の大峯となってました(残念!)
天川村の行者還へのR309は12月中旬には閉鎖されてしまうので、車で楽して登山口まで行けるうちに白い弥山を拝みたいな(笑)
 
続きを読む

2013年 大峯奥駈道 歩いてない稜線。←残念!リベンジ決定! 

blog130604-3_20130618193351.jpg
例年より10日も早く梅雨入り。(わたしにとって)残念なシーズンがやってきました。思っていたより雨が降らないのですが、曇っている日が多く、晴れの日は少なくなりました。
UPする気は全然無かったのですが、次の更新までだいぶ間が開いてしまいそうな予感がするので、せっかくだから残念山歩きをUPしちゃいます。
わたしのヘタレ具合をとくと見よ(笑)

6月4日(火)、大峯に山歩きに行ってきました。
大峯でまだ歩いてない所を歩きたいな~と思いながらコースを考えていたところ、ふと、明星ヶ岳から先、仏生嶽までの間は歩いてないなーと気付き、奥駈道から七面山への分岐も確認したいと思ったので、トンネル西口からピストンで歩くことにしました^^
 
続きを読む

2013年 新伯母峯トンネル口から大普賢岳周回。 

blog130508-1.jpg
水太覗からの眺め。(↑クリックすると大きくなります。)

4月は仕事でイベント目白押しだったし、GWは仕事だしで。
また前回の山歩きから期間があいてしまいました。あ~ストレスが溜まる・・・
ということで。
5月8日(水)、がっつり歩けるコースということで、大峯の名峰・大普賢岳の周回に行ってきました。
今回は新伯母峯トンネルを出てすぐの登山口を起点に歩きます。
 
続きを読む

2013年 稲村ヶ岳・観音峯山。 

稲村ヶ岳からの眺望!
山頂から見る弥山、弥山の左奥は釈迦ヶ岳。
手前はバリゴヤの頭。(↑クリックすると大きくなります。)

ブログをご覧いただいている皆さま、あけましておめでとうございます。
今年も楽しく山歩きができればいいな~、と思っている鹿です^^
今年もどうぞよろしくお願いいたします!

さて、1月7日(月)、今年初の山歩きに行ってきました(*'▽'*)
まだ山歩きを始めてすぐの頃、一度登ったことのある稲村ヶ岳ですが、その時はガスで真っ白!展望ゼロだったため、いつかリベンジを考えていた山です。
どうせなら冬、雪山に登りたいと思っていたので、念願かなって楽しく歩くことができました。

続きを読む

2012年 和佐又山+石の鼻。 

雪の和佐又山・石の鼻
石の鼻からの眺望(≧∇≦)(↑クリックすると大きくなります。)

12月29日(土)、妙に暖かいこの日、久しぶりの山歩きに出かけました。
前回の山歩きから一ヶ月以上もブランクがあるのと、冬用登山靴の慣らし運転ということもあり、軽く登れる山へ。
特に行き先を決めずに運転し、大峯方面へ車を走らせ、とりあえず和佐又山登山口に到着(笑)
R169を南下して新伯母峰トンネルを出てすぐに右折したところが登山口になります。車数台が停められるスペースとトイレがあります。
道は和佐又ヒュッテまで続いているので、凍結道でも登れる車の方は上にヒュッテの駐車場があります。
 
続きを読む

2012年 前鬼から仏生嶽。 

快晴の釈迦・孔雀・仏生嶽♪
大峰奥駆道主稜線から見る釈迦ヶ岳。(↑クリックすると大きくなります。)

ようやく関西も梅雨明け。
7月18日(水)、さっそくの山歩きですw
向かった先は奈良県が誇る(?)大峯奥駈。下北山村の前鬼から上がり、釈迦ヶ岳~孔雀岳~仏生嶽と縦走(ピストン)してきました!

釈迦に登るのは、これで3度目。
過去2回は小雨&ガスで真っ白だったのですが、今回ははじめて快晴の釈迦を拝むことができました(≧▽≦)
晴天が嬉しくて写真だらけの長いブログになってしまいましたが、最後までおつきあいくださいまし(笑)
 
★前回、前鬼から歩いた釈迦ヶ岳・孔雀岳のログはコチラ!
 2011年 前鬼から釈迦ヶ岳・孔雀岳 ピストン。その1
 2011年 前鬼から釈迦ヶ岳・孔雀岳 ピストン。その2
 
続きを読む

2011年 天川川合から弥山へ。(明星・八経・弥山) 

blog110713.jpg
(↑クリックすると大きくなります。)

そろそろオオヤマレンゲが咲く時期かなーと思い、弥山に登ってきました(≧∇≦)

オオヤマレンゲはモクレン科の小さな白い花で、近畿では八経ヶ岳の弥山側と明星側、狼平周辺に残すだけ。
それも、シカの食害により、随分と花が少なくなっているそうです。

7月13日(水)、休日出勤分の振替休が取れたので、天川村川合から栃尾辻経由で登りました。
弥山、八経ヶ岳には、以前に大川口から鉄山経由で登ったことがありますが、川合からは初めてです。
 
続きを読む

2011年 前鬼から釈迦ヶ岳・孔雀岳 ピストン。その2 

blog110609-99.jpg
釈迦ヶ岳から孔雀岳へ。(↑クリックすると大きくなります。)
弥勒岩をトラバースする道です。


※前回のつづきです。

滑落なんかしながらも、無事に釈迦ヶ岳に到着。しばしの休憩。
山頂は真っ白で、本来見えるはずの孔雀岳、仏生ヶ岳への稜線も全く見えません。
私にとって、ここから先は未知の世界です。

かるくエネルギー補充をして、9:09釈迦ヶ岳を出発です。
釈迦からは、いきなりの激下り。コースは明瞭、テープもしっかりあります。
 
続きを読む

2011年 前鬼から釈迦ヶ岳・孔雀岳 ピストン。その1 

blog110609.jpg
深仙の宿から釈迦ヶ岳方面を望む。釈迦ヶ岳はガスで見えません^^;
(↑クリックすると大きくなります。)

梅雨に入ってから自分の休みと天気がかみ合わず、全然山に行けてなかったのですが、「もう天気が悪くてもいいや!」「山歩きしたーい!」ということで、
6月9日(木)、釈迦ヶ岳に行ってきました。

しばらく登山に行けなかったこととか、ちょっとストレスが溜まってきていたこともあり、がっつり登れる山ということで、釈迦ヶ岳をチョイス。
釈迦ヶ岳には以前、旭の新登山口から登ったことがありますが、今回は古来から登り続けられている前鬼からのルートです!
関西において、登山口から標高差1200mを一気にプッシュアップできる山はそうそう無いので、楽しみ~♪
さらに、釈迦ヶ岳まで行ったら、天気と自分の体力と相談して、孔雀岳、仏生ヶ岳まで行きたいなーという無謀な計画(笑)

前日まで「晴れ時々曇り」の予報だったのに、当日の天気は「曇り」。
早朝、車を吉野方面に走らせながら、「あー、こりゃ雨だな・・・」とちょっとガッカリ。車道から見上げる山頂は真っ白○| ̄|_
 
続きを読む

2011年 大普賢岳・七曜岳 周回。 その2 

*5月21日(土)「大普賢岳・七曜岳 周回」の続きです。

blog110521-99.jpg
稚子泊から登っていくと大普賢岳や日本岳など今日の軌跡が見渡せる絶景ポイントがありました!
(↑クリックすると大きくなります。)

大普賢岳・七曜岳 周回★
しばらく行くと、少し稜線をはずれます。

続きを読む

2011年 大普賢岳・七曜岳 周回。 その1 

blog110521.jpg
石ノ鼻からの眺望。(↑クリックすると大きくなります。)

連日の快晴続きに、職場で仕事をしているのが悔しいな~!と思っていたら、5月21日(土)に休暇が取れました!
天気は晴れ後曇り。次の日は雨になるという、天気がくずれる一歩手前。
まぁ、午前中は晴れマークなんだから、これは行かねば!ね^^

ということで、大峯の和佐又山ヒュッテを起点とした「大普賢岳~七曜岳~無双洞」の周回コースに行ってきました!
急登降が連続するハードなコースで、大峯の山々の中でも有名な「鉄梯子&鎖」のオンパレード(笑)

実は、このコースは8~9年前に一度歩いたことがあるのですが、その時はまだ登山に興味が無くて、体力が無かった時分。
かなりヘトヘト、というかヘロヘロになった記憶があります。たぶん7時間ぐらいかかったんじゃないかな^^;

今回はさて、どうでしょう?
ちょっとは体力もついてきたと思うし。
ちょっとした自分試しです^^
 
続きを読む

2011年 天和山~栃尾山。 

blog110306.jpg
天和山から栃尾山への稜線(↑クリックすると大きくなります。)

3月6日(日)、E氏と天和山~栃尾山の縦走に行ってきました!
天気は曇り時々晴れ、夕方から雨の予報。
暖かい日が続いていたことと、数日前から天気がずっと良かったため、天川村内の道路に雪は無く、凍結の心配もありませんでした。
 
続きを読む

2010年 七面山。 

blog100919.jpg
(↑クリックすると大きくなります。)

連休真ん中の9月19日(日)、E氏と七面山に登ってきました!
山ブログなどで見かけるアケボノ平の写真に憧れて、登りたくなったから。

6:15 大塔の道の駅で合流し、1台の車で篠原林道へ。天気は晴れの予報です。
車で走ること1時間ちょっと、ちょっと道を間違ったりしながら林道ゲートに到着。思っていた以上に遠いです!
すでに車が6台ほど停まってました。
準備をして7:41出発。

七面山 車止めゲート
ここから登山口まで約3.8キロ、林道を歩きます。
 
続きを読む

2010年 鉄山から弥山・八経ガ岳へ。 その2 

(前回からの続きです。)

大川口から鉄山までは楽しんで登ってこれましたが、さてさて、鉄山から先、弥山まではどうなることやら・・・。
鉄山の山頂で少し休憩し、8時頃 弥山に向けて出発!

まずは鉄山を下ります。えー難路でした^^;
コース取りがちょっと間違ってたのかもしれません。石楠花の枝とかをかき分けながらの下り。
しかも木の根で滑ってスネを打っちゃうしorz

鉄山から弥山へ

でも下草のあるトコロに出ると踏み跡があって、ちょっと安心。
 
続きを読む

2010年 鉄山から弥山・八経ガ岳へ。 その1 

鉄山・弥山
(↑クリックすると大きくなります。)

9月5日(日)、E氏と鉄山から弥山・八経ガ岳に登ってきました(☆≧▽≦)/
鉄山から弥山までのコースは、あまり登る人も少なくコースが分かりにくいとか、途中コースをロストしやすいので注意が必要、とか。いろんな方のサイトで紹介されていますが、さてさて。
ちょっと心配しながらも決行です!

朝5時過ぎに黒滝の道の駅でE氏と合流、天川村へ。
車1台を行者還トンネル西口に置いて、大川口からスタートです。
 
続きを読む

2010年 稲村ガ岳。 

8月8日(日)、E氏と稲村ガ岳に登りましたヽ(・∀・人・∀・)ノ
毎週、山に登ってるなー(笑)

朝5時10分に黒滝の道の駅でE氏と合流、天川村へ。
一台を母公堂の駐車場に停め、大峯大橋(清浄大橋)横の駐車場に到着。
空は曇り。天気予報では午後から雨になるかも・・・
5:55に出発です。

稲村ガ岳01
約10分ほどで林道終点、登山口に到着。ここから山歩きです。
 
続きを読む

2010年 釈迦ヶ岳&大日岳。 

8月1日(日)、E氏と釈迦ヶ岳&大日岳に登りました☆⌒(*^▽゜)v
十津川村旭方面、新登山口からのスタート。

朝5時15分に道の駅大塔 でE氏と合流、一台の車で登山口まで移動。
空はどんよりしていて山々はガスにつつまれてますorz
登山口で車を降りると肌寒いし、雨が降りそう・・・

でも、せっかく来たのだし登ろうということになり、さっそく準備をして 6:20山歩き開始。
道はちょうどいい斜度の登りで歩きやすく、おそらく晴れていれば景色も良いのだろう、と思いますが・・・
続きを読む

2010年 行者還岳。 

blog100719.jpg
行者還岳への道。(↑クリックすると大きくなります。)


いきなりですが 登山、始めました(´・ω・`)ノ

実は、7~8年ぶりの登山。
素人同然+かなりの運動不足+夏場の高温+もうそんな若くない(苦笑) という現実。
同行してくれるE氏は登山のエキスパートなので、そこは安心なんですけど、自分の体力が一番心配・・・

7月19日(祝・月)、午前5時10分 黒滝村の道の駅でE氏と合流。
2台で天川村に向かいました。今回のコースは、登りと下りのポイントが違うため、1台を冬季閉鎖ゲートのある大川口に停め、もう1台で行者還トンネル西口へ。
トンネル西の登山口にはすでに10数台の車が停まってました。

続きを読む

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  まとめ
copyright © 2005 鹿の山歩き。 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。