FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年 南ア 光岳。 

南アルプス 光岳
静高平から見る聖岳・兎岳・大沢岳。(↑クリックすると大きくなります。)

8月28日(水)、南アルプスの光岳に登ってきました。
コースはオーソドックスな易老渡からのピストン。光岳は、(自分が勝手に)思っていたのとは全然違う雰囲気の山でした(笑)
そして、前回の山歩きから1ヶ月以上も経っていて、かなーり久しぶりの山。自分の体力の落ち具合にショックを受けた山歩きでした。
 
光岳(てかりだけ)
赤石山脈(南アルプス)南部の標高2,591mの山。日本百名山。2,500mを超える山としては日本の最南端に位置する。
 
 
現在、登山口のある易老渡や便ヶ島に通じる林道赤石線は、通行規制がしかれているので、通行の際は注意が必要です。大野地区先では時間全面通行止め(8:30~17:00のみ監視員による状況確認後通行可)、平日には上島トンネルからのアプローチも時間通行止め(上村小からの迂回路有り)になってます。

上記の理由から、前日の17時までに通行止め区間を通過する必要があるため、27日は15時過ぎに飯田ICを下りて、登山口を目指しました。ICから易老渡までは1時間半。上村小まで40分、上村小から易老渡までは50分かかりました。(ダート道のためパンク注意!)
16:30頃に易老渡に到着。車は15台ほど停まってました。うち半分ぐらいがカラで、残り半分ぐらいが車中泊の様子。気温も下がって過ごしやすく、各々ヒマそうに時間をつぶしていましたw

夜が明けて翌28日、早朝何組かすでに出発するのを横目に、のんびり支度。
次の日は仕事で通常勤務なので、下山後、通行止め時間までに林道を抜ける必要があります。
予定より早く準備ができたので、そのまま出発することにしました。

久しぶりの山歩きは 南ア 光岳!
5:40 スタート。↑駐車場の様子。

久しぶりの山歩きは 南ア 光岳!
登山口は林道を少し戻ったところにあります。

久しぶりの山歩きは 南ア 光岳!
山頂まで8時間の表示。いつもなら4時間ちょっとかなと思うのですが、今はかなり体力落ちてるから、登り5時間・下り3時間の計8時間の予定とします^^;
橋を渡って登山スタート。熊注意の看板があるので熊鈴を鳴らして歩き出します。

久しぶりの山歩きは 南ア 光岳!
まだ薄暗い中、斜面をつづら折れに登っていきます。久しぶりの山! かなりのローペースw

久しぶりの山歩きは 南ア 光岳!
尾根の末端に出ました。まだまだ登ります。
途中で3~4組抜きましたが、皆さん泊まり装備で荷物が重そう。
この日、日帰り装備の登山者は私ひとりでしたw

久しぶりの山歩きは 南ア 光岳!
6:41 面平。この付近は平坦なので休憩に適してます。
ここまでだいたい予定通りの時間で来られました^^
かなりペースが遅めだったので、もっとかかるかと思っていたのですが。
まだ疲れてないので休憩せずに先に進むことにします。

久しぶりの山歩きは 南ア 光岳!
登山道の様子。なかなか良い雰囲気です♪
緩急はあるけども、基本登りばかりが続きます。

久しぶりの山歩きは 南ア 光岳!
先で明るくなったなーと思ったら、倒木地帯でした。
ぐるりと回り込むように進むと、これまでと雰囲気の違う登山道に。ちょっとだけ歩きにくい箇所が増えます。

久しぶりの山歩きは 南ア 光岳!
木や緑の種類が変わって、シダやコケが多くなってきました。
むー。だんだんと疲れてきたよ~

高度が上がってくると、下山する方とたくさんすれ違いました。

久しぶりの山歩きは 南ア 光岳!
うん、アルプスっぽい(笑)
左手に南アルプス主稜線が見えてきて、もうちょっとだな~と思いながら、ゆっくり登っていると(かなりのローペースですw)

久しぶりの山歩きは 南ア 光岳!
8:24 易老岳の分岐点に出ました。
あれ? もう主稜線に着いたの? みたいな^^;
しかし。
やはりペースは遅め。こんなに時間がかかるとは・・・

分岐を右に行くと光岳、左に行くと茶臼岳。
もちろん右に進みます。

久しぶりの山歩きは 南ア 光岳!
南アルプス主稜線とは到底思えない登山道。
茶臼とか他の山とはかなり雰囲気が違いますねー
ここからしばらくは緩やかな下りが続きます。

久しぶりの山歩きは 南ア 光岳!
8:40 三吉ガレに到着。(↑クリックすると大きくなります。)
ここでようやく展望が開けました。目の前にイザルヶ岳。その右奥に光岳。

久しぶりの山歩きは 南ア 光岳!
三吉ガレから見える中央アルプス。(↑クリックすると大きくなります。)
写真では分かりにくいですが、御嶽山も見えました。
手前に見える林道のラインはシラビソ峠越えかな?

久しぶりの山歩きは 南ア 光岳!
ガレ場を過ぎると、また森の中に入っていき、アップダウンを繰り返しながら最鞍部へ。
本当に、南アの主稜線なの? って感じです。

久しぶりの山歩きは 南ア 光岳!
沼地っぽい鞍部を過ぎると、団体さんが休憩されてました。後で知ったのですが、茶臼小屋から来られたツアー客だそうです。ガイドさんは若い女性一人。

久しぶりの山歩きは 南ア 光岳!
道は徐々に登りになり、涸れ沢っぽい石の登りに転じます。

最鞍部から光岳までは、標高差380mぐらい。
この登りで・・・バテました(爆)

疲れたー! しんどーい!
やはり、かなり体力が落ちているようです。ここでバテるとは!
もう、休憩しまくりで登りますw

blog130828-52.jpg
この辺りは花畑のようですが、花はすでに終わっていて、咲いているのはトリカブトの花だけでした。

久しぶりの山歩きは 南ア 光岳!
高度が上がってくるとハイマツが出てきてアルプスっぽくなります。

久しぶりの山歩きは 南ア 光岳!
前方が開けてきたなーと思ったら、目の前にイザルヶ岳が。(↑クリックすると大きくなります。)

blog130828-22.jpg
9:38 静高平。(↑クリックすると大きくなります。)
うわー。時間かかりすぎw
静高平は気持ちの良い、とてもキレイな場所♪

blog130828-23.jpg
水場があります。
夏場は涸れていることが多いようですが、なにせ2日前に大雨だったから。

blog130828-24.jpg
この水量。冷たくて美味しいです^^
手持ちのペットボトルにも補充しました。

blog130828-25.jpg
静高平から緩やかに登っていきますが、後方の展望が素晴らしいので、何度も振り返りますw

blog130828-26.jpg
聖岳・兎岳・大沢岳。(↑クリックすると大きくなります。)

さらに登ると角度が変わって。

久しぶりの山歩きは 南ア 光岳!
上河内岳・茶臼岳。(↑クリックすると大きくなります。)

久しぶりの山歩きは 南ア 光岳!
センジヶ原。ここもステキ(≧▽≦)
前方に光小屋が見えます。
ここはイザルヶ岳との分岐になっています。光岳は展望が無いことで有名だけど、イザルヶ岳は展望がいい山なので、先にイザルヶ岳に向かいます。

久しぶりの山歩きは 南ア 光岳!
イザルヶ岳への登り。

久しぶりの山歩きは 南ア 光岳!
9:51 イザルヶ岳。標高2,540m。(↑クリックすると大きくなります。)

久しぶりの山歩きは 南ア 光岳!
イザルヶ岳の山頂は、視界を遮る物1つ無い、広々とした山頂。
目の前に広がる南アルプスの山々(≧∇≦)
(↑クリックすると大きくなります。)
そして、山頂独り占め~^^

山頂に着いてすぐに確認すること → 富士山(笑)

久しぶりの山歩きは 南ア 光岳!
うあー。雲が邪魔 Σ(T▽T;) ↑クリックすると大きくなります。
どこに富士山があるのか分からない人のために。

久しぶりの山歩きは 南ア 光岳!
ズームしてみる(笑) ↑クリックすると大きくなります。
ちょろっとだけ、山肌が見えてるでしょw

残念ながら東側は雲が多くて、展望はダメでした(_ _。)
でもそれ以外は、おおむね最高じゃん!(≧▽≦)

久しぶりの山歩きは 南ア 光岳!
目の前に迫る南アルプスの迫力。(↑クリックすると大きくなります。)

久しぶりの山歩きは 南ア 光岳!
聖岳のアップ。(↑クリックすると大きくなります。)

久しぶりの山歩きは 南ア 光岳!
上河内岳と茶臼岳のアップ。(↑クリックすると大きくなります。)

久しぶりの山歩きは 南ア 光岳!
これから向かう光岳。(↑クリックすると大きくなります。)

久しぶりの山歩きは 南ア 光岳!
中央アルプスと御嶽山。(↑クリックすると大きくなります。)
あ!左端に写ってるのは恵那山?

展望を楽しみながらプチ休憩。少しだけ肌寒いけど、ほぼ快適な気温。日差し(日焼け)が気になりますが^^;
おなかが空いてきたのだけど、光岳(日陰があるw)までガマンです。
ひとしきり堪能した後、光岳に向かいます。

久しぶりの山歩きは 南ア 光岳!
センジヶ原を進む。(↑クリックすると大きくなります。)

久しぶりの山歩きは 南ア 光岳!
光小屋。

blog130828-41.jpg
左に大きく回り込むと小屋の入り口。
そのまま通過して、光岳の山頂へ。

blog130828-42.jpg
寸又からの登山道との分岐がありました。山頂直下で合流するんですね。

blog130828-43.jpg
うねうね登ると、山頂。

blog130828-44.jpg
10:18 光岳。標高2,591m。(↑クリックすると大きくなります。)
あまり広くは無い山頂から見える唯一の展望は上河内岳と茶臼岳。

blog130828-46.jpg
(↑クリックすると大きくなります。)

狭い山頂でも、他に誰もいないから、ゆったり出来るのがウレシイ。

blog130828-47.jpg
とりあえず、展望台に行ってみます。

blog130828-48.jpg
展望台からの眺め♪(↑クリックすると大きくなります。)

blog130828-49.jpg
光石が見えました。光石は石灰岩の白い岩だそうです。
この岩から山の名前がついたとか。
光石まで行くかどうか悩んだけど、疲れてたから(笑)、今回はパスで。

blog130828-45.jpg
山頂に戻って、ご飯休憩にします。
予定していた「登り5時間」ですが、実際は4時間38分でした。ここでゆっくり休憩して、ちょうど5時間ぐらいになるだろうから、予定通りということで。
体力落ちたなー、とプチショック。

ご飯を食べていたら、光石から登山者さんが登ってきました。その方いわく「残念な山頂」(笑)
まぁ、他のアルプスの百名山に比べると・・・ね。
茶臼小屋からのピストンだそうです。
富士山の残念話をしたら、「あと30分早かったら見られたのに」だそうで(。´Д⊂)
自分の体力の無さにマジショック。もうちょっと早く登れていたら・・・

山頂でしっかり休憩をして、10:38下山開始。

blog130828-50.jpg
光小屋と、バックにイザルヶ岳、茶臼・上河内。(↑クリックすると大きくなります。)
大きい画面でイザルヶ岳の右奥を見ていただくと、富士山が!!
一応、見えてる判定でw

blog130828-53.jpg
さよなら、光岳。なかなか不思議な南ア体験が出来たよーw

blog130828-54.jpg
下山路で、登りで追い越した方や易老渡駐車場で一緒だった方とたくさんすれ違ったのですが、ほぼ全員に声をかけられました(笑)
なかには立ち話で話し込んじゃったりw
これはこれでイイ休憩になってるみたいで。
易老岳への登り返しが思ったよりスムーズでした。

blog130828-55.jpg
11:43 三吉ガレ。

久しぶりの山歩きは 南ア 光岳!
12:01 分岐に到着。そのまま茶臼岳方面に少しだけ行くと。

久しぶりの山歩きは 南ア 光岳!
12:02 易老岳の山頂。ホントすぐ近くでしたw
分岐から易老渡に向けて下り開始。

久しぶりの山歩きは 南ア 光岳!
小屋泊の登山者がまだまだ登ってくる中を、サクサク下ります。

久しぶりの山歩きは 南ア 光岳!
12:54 面平。
下りでも足に疲れが出てきたので、この先スピードを落として下山。

久しぶりの山歩きは 南ア 光岳!
無事、登山口まで戻ってこられました!

久しぶりの山歩きは 南ア 光岳!
13:31 易老渡駐車場。
車は何台か入れ替わってるけど、台数はほぼ一緒。
ちなみに。すっごく気になったのが、鈴鹿ナンバーのエスティマの後輪がパンクしている!
ひえ~ これは下山後、ショックだろうなー(ーー;)
ダート道なので、パンクする車は多そうです。

早めに下山できたので、余裕をもって林道を通過し、無事奈良まで帰ることができました。
今回の反省点ですが。
1ヶ月以上も登山をしていないと、体力ヤバイ!ということw(当たり前か・・・)
仕事のシフトと天気のせいで、全然山に行けなかったのだけど、期間があいた時は、軽めの山から始めるべきかも、と思ったのでした^^;


コースデータ
 距  離  約19.1キロ
 累積標高差 2,277m
 所要時間  7時間51分(休憩含む)
コースタイム
 5:40 易老渡 → 6:41 面平 → 8:24 易老岳分岐
 → 8:40 三吉ガレ → 9:38 静高平 → 9:51 イザルヶ岳
 → 10:18 光岳 10:38 → 12:01 易老岳分岐
 → 12:02 易老岳 → 12:54 面平 → 13:31 易老渡



いつもありがとうございます!
よろしければ↑ポチッ☆と押してください。
 
スポンサーサイト

コメント

7時間51分(休憩含む)、はやっ!

桜色の鹿さん、お帰りなさい。
お盆明けの山行を予告されていましたので、どこかなと想像していまいたが、光岳ピストンですか。超のつく御健脚を存じあげていますので驚かないつもりだったのですが、やっぱり驚きです。
>この日、日帰り装備の登山者は私ひとりでしたw(桜色の鹿さん)
この日だけでなくeverydayだと思います(笑)。
先ほどの話、私は「早月尾根」かなと予想していたのですが、「早月尾根」はきついとはいえ日帰りピストンがレギュラーですから、他人が一二泊要するところを日帰りされるのがパターンの桜鹿さんにはきっと物足リないのでしょうね。

jack77bettyさんへ  ・・・速いですか???

こんにちは! ようやく山に行けました。
「盆明けの山行予告」は、8月20~22日に連休が取れそうだったので、北アルプスに行く予定だったんです^^;
それが、見事に天気が悪かったので、行けずじまい。
流れに流れて、今回の山歩きになったのでした。
しかも今回は、「また林道が通行止めになる前に、行っとくかな~」という思いつきで選んだ山です(笑)
9月になると台風が多いので、林道がヤバいかなと思って。
登りたくて計画していた山は・・・また別の機会にでもw
早月尾根も、いつか登ろうと思ってます^^

No title

体力が落ちたと言いながらこの速さwww
おばちゃんぜーーーったいご一緒できませんわ(;・∀・)
いつもながら素敵な景色を見せて下さりありがとう❤
私も足を騙し騙し、登山を続けて行きたいです。

しらたまさんへ

こんにちは! コメントありがとです^^
今回は、体力が落ちてるだけじゃなく、足の筋力も落ちてたから、思うように歩けなかったのですー(_ _。)
でも、南ア歩けて嬉しかったです♪
しらたまさん、その後、足の調子はいかがですか。
山好きでバイタリティ溢れるしらたまさんだから、「山、辞めちゃう」選択肢は無いだろうと思いますが(笑)
あまり無理はされませんよう。
そして、楽しく山を続けていけますよう❤

こんばんは

こんばんは。この前コメント書かせてもらったhappy1972です。
光岳。。。日帰りで行かれたんですね。すごおい。
わたしは10月の3連休に聖と光を合わせて登ろうと思っています。でもって今年は南アルプスシリーズと銘打って南アの山ばかり登っています。
残りはこの前失敗した塩見岳。南アルプスの女王。聖、光です。
あと一ヶ月ちょっとで登れるかなー。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

光岳お疲れ様でした。
近過ぎてなかなか行けないところですが
規制が無くなれば行って見たいですね。
しばらく行っていない間に駐車場が出来たのですね。
これなら車も停めれそうですが週末は満車かな?
易老までの登りは急斜面で辛かったでしょう。
まあ体力は意外に落ちないですが脚力が落ちるのは
早いです。
あまり無理せず楽しんでくださいね。
こちらはぼちぼち山で楽しんでいます。
早く雪が降らないかな~と思っている日々です。

happy1972さんへ

こんばんは^^
聖・上河内・茶臼・光!! 素敵(≧∇≦)♪
わたしはこれらを全部ぶつ切りで登りましたが、やはり泊で行くのがいいのでしょうね♪
羨ましいです!!
日帰りだと、どうしても荒川三山・赤石には登れなくて悔しいのですが、いつか泊で行ける時がくればいいな、と思ってます^^
10月、晴れるといいですね♪

rikoさんへ

こんばんは^^
見てくれてありがとうです♪
体力落ちてるのが分かっていたから、予定時間も遅めに設定しましたよw
だから、出来れば予定時間より早く歩けることを願っていたのですが、予定通りという結果に・・・
富士山はね、「心の目」で見てちょうだい(笑)

トッキーさんへ

南アは崩落していってますよね。林道もしかり、ということかしら。
だから「今のうちに行っておかねば」と思って登ったのですが、トッキーさんは「規制が無くなれば」なのですね(笑)
心の余裕が全然違います^^
わたしの場合、体力もすぐに落ちますー(×_×)
30キロぐらい歩けるように体力戻したいところですが、山以外はまったく体を動かさない人間だから、ダメですね(笑)
トッキーさんは早くも雪乞いですか!!
さすがです(≧∇≦)!!

桜色の鹿さん、おはようございます。

RESありがとうございました。

>聖・上河内・茶臼・光!! 素敵(≧∇≦)♪
>わたしはこれらを全部ぶつ切りで登りましたが(桜色の鹿さん)
紙媒体情報の時代から、南アルプス南部の山の日帰りピストンは池口岳が限界とされています。明らかな速度違反です(笑)。

冗談はそのくらいにして、最近私がよさそうだなと考えているのが、「乗鞍岳千町尾根」です。人、人、人でいっぱいの山頂に全く別の角度からとぼとぼと一人たどり着くというのが、先に行かれました「仙丈ヶ岳地蔵尾根」によく似ていると思います。
もちろん(笑)片道ですが、実際に行けばそれも無理で途中の丸黒山で老骨はリタイヤとなるかと思います。(大笑)

jack77bettyさんへ

調べてみました。
「国立乗鞍青年交流の家から丸黒尾根と千町尾根を辿って山頂へ至るルート。現在の千町尾根ルートはハイマツや笹の薮こぎを強いられ、また、道標やペンキのマーキングも少ないため、悪天候時に道迷いの恐れがあります。それでも、人跡稀な長大なハイマツ樹海と高層湿原を行く孤高感は何ともいいがたい魅力があり、まるで北海道の山を歩いている気分になります。」
これは!!!
すっごく惹かれるルートですね(「藪こぎ」を除くと)笑。
千町山ノ家を過ぎたあたりから、道が悪くなるみたいですね。
すっごく気になるので、歩かれましたら、ぜひ!詳細なるレポをお願いいたします^^

千町尾根情報

最速の鹿さん、jack77さん、こんばんは

8月16~17日避難小屋泊りで千町尾根を歩きました。

http://blogs.yahoo.co.jp/uttchi_3/62757903.html

正確にはズルして乗鞍岳までバスで登って、剣ヶ峰~青少年の家まで歩いただけです。
笹藪はひどくないですが、上部のハイマツがうるさいです。

通常は青年の家から歩いて、避難小屋で一泊し乗鞍まで登って往復する方が多いようです。それ以外のルートは現在は厳しいようです。
鹿さんなら軽く日帰りかな?

uttchi さん、ありがとうございました。

>すっごく気になるので、歩かれましたら、ぜひ!詳細なるレポをお願いいたします^^ (桜色の鹿さん)
「これは困った(汗)。もし行っても丸黒山どまりでは全く役に立たないだろうし。」と考えておりましたところ、それをお察しいただいたのでしょうか、貴兄のタイミングのよい投稿でお助けいただき本当にありがとうございました。
「千町尾根invitation report」早速読ませていただきました。弱足の小生でも、思わず誘われて行ってみたくなりました。この静かな山が荒らされずにいつまでも残ってほしいと切に感じました。

uttchiさんへ

なんて、タイムリー!
さすがuttchiさん(≧▽≦)、すでに踏破済みでしたか。
ブログ拝見いたしました。綺麗な写真の数々にうっとりです!
すごくイイ天気だし、景色も最高ですね。
日帰りピストンは、厳しめでしょうか?(笑)

jack77bettyさんへ
すみません、軽い気持ちでの発言です。
さらっと流していただいてOKですので(笑)

桜色の鹿さん、おはようございます。

こちらこそお気を遣わして申し訳ありませんでした。
「千町尾根」ふと思いついて、自分の希望を書いてしまったのですが、若い女性の単独行の方ということを考慮せず、お勧めととられかねないような軽率な書き方をしてしまいました。大変失礼しました。お詫びして当該MSG撤回します。

No title

おかえりなさい。
いつもながら、歩くペースには驚かされます。天気も良くて良かったですね。南アは崩落箇所が多いと聞いてましたが、パンクも困るな~。レポ見てたら縦走行きたくなりましたアハハ
 今月は前回の、山行に気を良くして「御嶽山」へ出かけてきます。前回のようなムチャぶりは今回はなしってことで・・・。

辞書

桜色の鹿さんこんにちは。南信に来られてたんだぁ(°O°)w誘ってくれれば、仕事休んで御供したのに・・・(キビダンゴが必要ですが(笑)) 水場豊富量でしたか・・・けど雨が降ると地盤が弱いし(涙) これ以上、アプローチが酷くならない事を祈るばかりです。桜色の鹿さん辞書にも「疲れ」の文字が存在したんだね(笑)

jack77bettyさんへ

jack77bettyさんはご自分の歩きたいコースの話をされただけで、わたしが勝手に行きたい!と思った、それだけのことです^^
この山に登りたい、このコースはどうだろうか、そういう話を登山者同士で話をするはとても楽しいと思います。
まだ登ったことのない山の話とか、いろいろ教えていただけるとウレシイです^^

えいちんさんへ

おっしゃるとおり、南アは今後もどんどん崩れていくと思います。なので、登るなら今のうち!ですよ(笑)
林道赤石線も、今後の雨の状況いかんによって、また通行不可になってしまうかもしれません。
できれば晴れた日に聖岳に登りたいと思っているのですが・・・
御嶽山は登山コースがたくさんありますが、どのコースなのかしら。
お気を付けて楽しんできてください^^

バンビさんへ

久しぶりの飯田、久しぶりの南アでした!
山歩き自体、頻度も減ってきているし、体力落ちまくりだし、精神的にラクに歩ける山にしようと思って選びました(笑)
精神的にラクというのは、私の場合、①登山口の場所を知っている ②自分以外に登山者がいる(人気の山) ③コースロストの心配が無い 山のことですw
まさか肉体的な疲れが出てしまうとは思ってませんでした(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://deer2010.blog96.fc2.com/tb.php/101-f131a8d8

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  まとめ
copyright © 2005 鹿の山歩き。 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。