2015年 荒島岳。 

登山再開、荒島岳へ
小荒島岳から見る、荒島岳。(↑クリックすると大きくなります。)

登山再開、荒島岳へ
荒島岳 近影。(↑クリックすると大きくなります。)

前回の登山から半年近くも経ってしまいました。
4月に職場異動があり、これまでの不規則勤務から、カレンダー通りの規則的な勤務に変わりました。慣れないうちは「やっぱり休みは平日がいい!」とか愚痴ってると思いますが、変わってしまったものは仕方ない。あきらめて土日の人の多さに挑むべし。
精神的にも肉体的にも少し落ち着いてきたので、5月2日、久しぶりの登山に出かけました。
もう半年も登ってないから、初級レベルで景色の良い山!
そうだ、荒島岳に登ろう! (なんかのキャッチコピーみたいw)
 
 
久しぶりの福井県。北陸道福井ICから、なんだか走りやすくなってるR158を九頭竜湖方面へ。
大野市に入ると荒島岳がキレイに見えてました。天気予報も晴れ、バッチリね!
6時過ぎに勝原スキー場跡に到着しました。
本当は、新下山コースで登り、勝原に下山したいと思っていたのですが、勝原駅5:40発の電車に間に合わなかったので、仕方なく勝原コースをピストンします。
(新下山コースはいちおう上級レベルらしい。笑)
ちなみに電車は、5時台の電車を逃すと次は10時台になります(笑)

登山再開、荒島岳へ
駐車場は広くてトイレもあります。でも登山者も多いので、車がたくさん^^;
もうすでに出発された方も多いようです。見ている間にもどんどんスタートされていきます。

登山再開、荒島岳へ
さっそく登山の準備をしますが、思っていたより寒いし風が強い!
昼には気温が高くなるのは知っているけど、寒い~! 我慢できずに着込んで出発。どうせすぐに暑くなるのにねーw

登山再開、荒島岳へ
6:25 スタート。
駐車場からしばらくはコンクリート舗装の道を登ります。むむむ、思っていたより急こう配。

登山再開、荒島岳へ
すぐにガレた登りへ。登りにくいです。
そして、この時点で上着を脱いで夏山登山スタイルに(早っ!)

登山再開、荒島岳へ
6:54 旧スキー場リフトの残骸
ガレ道はここまでで終わり。疲れた~(ぉぃ

登山再開、荒島岳へ
で、登山口の案内もここにある、と。
人が多いので、どうしても他の登山者さんが写真に写ってしまう・・・勝手に掲載してごめんなさい。

登山再開、荒島岳へ
普通の登山道になりました。久しぶりに歩く山道、やっぱ良いですな~♪

登山再開、荒島岳へ
しばらくすると新緑のブナが現れました。雰囲気が良いです^^

登山再開、荒島岳へ
ブナの下にはイワウチワがたくさん咲いていました。カワイイ!

これまでも5組ほど先行者を抜いてきましたが、「トトロの木」のところで団体さまが休憩中。なので「トトロの木」の写真は撮れませんでした。
お先に~

登山再開、荒島岳へ
白山ベンチに到着。ここでも数組が休憩中。本当に、人が多いなぁ。

登山再開、荒島岳へ
人が多いとベストビューポイントで写真が撮れず、白山が・・・木で隠れている残念な写真(笑)
まぁ、高度が上がれば見えるわけですから、楽しみは先にとっておきます。

登山再開、荒島岳へ
深谷ノ頭
この少し先あたりから、道がぬかるんでました。

登山再開、荒島岳へ
うへー、ドロドロ。汚れたくないから、なるべくマシな箇所を選んで歩きます。無駄に時間がかかるんだよねw

登山再開、荒島岳へ
ぬかるんでいる、ということは、雪解けがあるということで。
登山道にはあまりありませんが、左右の斜面を見ると結構雪が出てきました。

登山再開、荒島岳へ
しかし、なんてブナの新緑!すばらしい(≧▽≦)!

登山再開、荒島岳へ
荒島愛山会によるブナ林保護の看板。

登山再開、荒島岳へ
シャクナゲ平への登りが始まる手前に雪だまりがありました。
雪の上を歩いても、意外と踏み抜きはありません。歩きやすい!

登山再開、荒島岳へ
シャクナゲ平直下の急登。

登山再開、荒島岳へ
・・・の途中にも雪があるので、雪解け水との戦いがココにも!

登山再開、荒島岳へ
登り切ったところがシャクナゲ平。

登山再開、荒島岳へ
案内標識。中出コースと合流するポイントです。中出コースの方(右)に行けば、小荒島岳。左に行くと荒島岳。
まずは荒島岳に登るので、左へ。

登山再開、荒島岳へ
シャクナゲ平から見える白山。やはりまだ木が邪魔だなぁ。

シャクナゲ平からは軽く下って登り返し。下りはシャクナゲ平にある雪の雪解け水で靴が汚れます。
ちなみに、この日のわたくしの出で立ちは、ただのトレッキングシューズにゲイター未装着。もちろんアイゼンも持ってきてません。雪に関しては「踏み抜きが多いとヤだなぁ」程度で(笑)
今はただ、「靴が汚れるのはヤだなぁ」ぐらい(笑)

登山再開、荒島岳へ
下りの途中で佐開コースと合流します。

登山再開、荒島岳へ
登山道の様子。ここから登りスタート。

登山再開、荒島岳へ
もちが壁の手前で残雪をトラバース。シャーベット状だけど、歩きやすい。

登山再開、荒島岳へ
もちが壁の様子。日陰になっているので暑くないですが、さすがの急こう配。ロープや鎖もありますが、部分的にドロドロで掴もうとは思えない^^;

登山再開、荒島岳へ
もちが壁から見える小荒島岳とシャクナゲ平。
小荒島岳、低いなー

登山再開、荒島岳へ
白山もバッチリ!(↑クリックすると大きくなります。)

登山再開、荒島岳へ
タムシバが満開♪

登山再開、荒島岳へ
ショウジョウバカマもたくさん咲いています。

登山再開、荒島岳へ
カタクリもたくさん。
もちが壁は登山道が狭いので、渋滞ぎみ。
タイミングを見て、抜ける時にささっと抜かせてもらいます。

登山再開、荒島岳へ
前荒島の標柱。なんて控えめなw
もちが壁を登っていると、下山者とすれ違うようになりました。うーん、早い。

登山再開、荒島岳へ
(↑クリックすると大きくなります。)
ここまで標高を上げて、ようやく荒島岳の山容が見えました。
写真の右端に写っているのは中荒島岳の標識です。

登山再開、荒島岳へ
中荒島への登りも狭いので、すれ違いや追い抜きが困難です。ここまで来ると展望がいいから、キョロキョロしちゃうw

登山再開、荒島岳へ
中荒島岳。(↑クリックすると大きくなります。)

登山再開、荒島岳へ
あと400mちょっと。

登山再開、荒島岳へ
荒島岳 近影。(↑クリックすると大きくなります。)

登山再開、荒島岳へ
山頂付近でも、雪はこの程度。ゆるんでいるけど、歩きやすいです。

登山再開、荒島岳へ
山頂が見えてきました。途中でかなりの人数を追い抜いたけど、山頂が混んでなければいいな、と期待していました。
GWということを考えたら、少ない方でラッキーなのかな?

登山再開、荒島岳へ
8:39 荒島岳 山頂。標高1,523m。(↑クリックすると大きくなります。)
バックはもちろん白山です♪

久しぶりの登山で軽めの山とはいえ、スタートから2時間14分。
これは・・・びみょー(汗

登山再開、荒島岳へ
展望の良い山だから、晴れていたら結構遠くまで見えるみたい。
とはいえ、

登山再開、荒島岳へ
白山連峰。(↑クリックすると大きくなります。)
けっこう近いはずの白山もかなり霞んでいます。春だし、いろいろ飛んでるし、ねぇ。

登山再開、荒島岳へ
左から釈迦岳、大汝峰、御前ヶ峰、すこし離れて別山、三ノ峰。
(↑クリックすると大きくなります。)

登山再開、荒島岳へ
真ん中が経ヶ岳、右は赤兎山かしら?(↑クリックすると大きくなります。)
経ヶ岳のカールも確認できます。うーん、登りたい山だなぁ!

登山再開、荒島岳へ
南に目をやると、真ん中遠くに能郷白山。(↑クリックすると大きくなります。)
残雪のまだら模様が芸術的!

登山再開、荒島岳へ
新下山コースは東側に。(↑クリックすると大きくなります。)
なお、東のアルプスは霞んで全然見えませんでした。

登山再開、荒島岳へ
時間は早いですが、景色を眺めながら腹ごしらえ。そのうち山頂も人が多くなってきました。
休憩していても風と太陽光がちょうど良くて、体が冷えることもありません。

登山再開、荒島岳へ
私にしては長めの休憩の後、下山を開始します。

登山再開、荒島岳へ
白山を前方に眺めながらの下山。(↑クリックすると大きくなります。)

まだまだ登っていく登山者が多いので、もちが壁などすれ違うのが困難な場所では、登り優先でじっと待つ場面が多いです。しかも待たれると焦る人も多いので、「ごゆっくりどうぞ」と声掛けしながらの待ち(笑)

登山再開、荒島岳へ
登りでは気づかなかったシャクナゲ。まだ咲きはじめです。

登山再開、荒島岳へ
シャクナゲ平まで戻ってきました。ここから中出コースへと直進して小荒島岳を目指します。

登山再開、荒島岳へ
奥に見えてるのが小荒島岳。シャクナゲ平からは軽く下ってから登り返し。
コースの8割がた雪の上を歩きます。

登山再開、荒島岳へ
けっこうテキトーに歩いても大丈夫。ツリーホールは出来てますが、踏み抜きはほとんど無し。たまに、雪の重さで曲がっていた枝が跳ね上がってきて危険なぐらいです(笑)

テキトーに進んでいると、「ここから先は雪の上は無理だわ」という斜面に出くわし、向かって左に登山道を発見。

登山再開、荒島岳へ
登山道の様子。

登山再開、荒島岳へ
すぐに小荒島岳への分岐が出てきました。文字がほとんど消えてしまってますが、間違いない!(笑)

登山再開、荒島岳へ
小荒島岳に向かって登り始めると前方から登山者グループの声が聞こえてきました。

登山再開、荒島岳へ
10:01 小荒島岳。先行グループがいて、標識の付近に荷物を置きだしたからアップの写真はありません。というか足元の小さい標識しかないのね^^;
どうやら中出コースからの登山者で、これから荒島岳に登るようです。

登山再開、荒島岳へ
小荒島岳から見る荒島岳。(↑クリックすると大きくなります。)
ここからだと山全体が見えて良いですね~!なるほど、こんな形をしていたのか。

休憩もそこそこに、小荒島岳を後にしてシャクナゲ平まで引き返します。

登山再開、荒島岳へ
シャクナゲ平まで軽く登り、勝原コースへと下山します。
まだまだたくさんの登山者が登ってきて、下山者は少なめ。

登山再開、荒島岳へ
ブナ林を楽しみながらの下山。やっぱ山はいいなー♪

登山再開、荒島岳へ
登りで撮れなかった「トトロの木」も、

登山再開、荒島岳へ
記念で撮っておきましたw

登山再開、荒島岳へ
スキー場跡のガレた道に苦戦しつつも、無事下山。
11:18 駐車場まで戻ってきました。
駐車場の車はかなり増えていて、国道近くまで停まってました。

今回、久しぶりの登山で、たった5時間弱しか歩いていないにもかかわらず、しっかり疲れてしまいました。ヤバい、体力が落ちてる・・・(当然ですね)
今の時点では、今の職場は休日出勤はほぼ無いので、また登山を再開できると思っています。
ということで、こっそり復活宣言(笑)
夏のアルプスを目指してちょっと鍛えなおさねば!

下山後はR158沿いにある九頭竜温泉「平成の湯」に入って帰りました。
大人600円。まだ新しい施設のようです。時間が早かったせいか、女風呂は貸し切り状態でした^^


コースデータ
 距  離  約11キロ
 累積標高差 1,355m
 所要時間  4時間53分(休憩含む)
コースタイム
 6:25 勝原駐車場 → 7:54 シャクナゲ平 → 8:39 荒島岳 9:12
 → 9:44 シャクナゲ平 → 10:01 小荒島岳 → 10:21 シャクナゲ平
 → 11:18 勝原駐車場


いつもありがとうございます!
よろしければ↑ポチッ☆と押してください。

  
スポンサーサイト

コメント

No title

私も半年ぶりに山登りしました。山は良いですね...

復活待ってました(^o^)/
活躍期待してまーす(^o^)/

北陸の山へようこそ~

お久しぶりです。
人並み?の土日休みの勤務はいかがですか。いままでと違い人が休んでいる時に同じように休めるのがいいと思えるようになってくるでしょうね。
さて、荒島岳はすっかりと雪融けが進んでいるようですね。今年の北陸は冬の雪は多かったけれど、4月の雨とその後の好天にかなり融雪が進んでようです。
同じ日に白山に登っていましたが、こちらでも同じようでした。私、ただ今富山に長期出張中なもんで・・・

No title

桜色の鹿さん、おはようございます。
荒島岳は20年以上前に登りました。
頂上には、無粋なコンクリートの通信施設?があって、景観を損ねていました。百名山にふさわしからぬということで今は片付けられたようですが。
旧下山(しもやま)コースは当時から難易度は高かったようで、私が登ったしばらく後の新聞記事で滑落事故を知りました。
私は一般コースの勝原から登り、中出に下りました。中出からはどこの駅も同じように遠いので、どうせならと大野まで歩きました。余談ですが大野は蕎麦で有名です。私は蕎麦食いなので行けば必ずよっていきます。

お元気そうで何よりです。復活超健脚レポート、小生の参考にはなりませんが(笑)これからも楽しみにして読ませていただきます。

Yas94086さんへ

お久しぶりです。
やっぱり山は癒されます!
やめられませんね^^

ニッコーさんへ

お久しぶりです。
復活できる予定なのですが、体力落ち過ぎてて^^;
期待はしないでくださいまし(笑)

テカポさんへ

お久しぶりです。
富山に長期出張! 山のことだけで考えると、すごく羨ましいです!!
雪の白山、一度登ってみたいです^^

jack77betttyさんへ

お久しぶりです。
下山コースは近年新コースが整備されたようですが、旧コースで滑落事故ですか。怖いなぁ。
山歩きは復活ですが、体力落ち過ぎにつき、これから少しずつ体作りから始めようと思います(笑)

こんにちは

この日うちの会社の同僚が登っていました。。。俺も行けばよかったーーーw

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://deer2010.blog96.fc2.com/tb.php/114-d65d609b

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  まとめ
copyright © 2005 鹿の山歩き。 all rights reserved. Powered by FC2ブログ