スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年 大又から赤嵓山までピストン。

2015 05 19
新緑の台高を縦走♪

5月17日(日)、台高に山歩きに行ってきました。
新緑の台高を縦走♪ と言えば聞こえはいいですが、タイトルを見て「なぜ赤嵓山まで、なの?」と疑問に思われる方もいると思います。
その疑問への回答は非常に簡単です。

寝坊したからです(笑)

「いつか、シロヤシオの咲く季節に、大又から池木屋までの縦走ピストンをしたいなぁ」という思いを持ち続けてはや3年。
今回はシロヤシオの季節じゃないにしろ、寝坊が原因で、予定していた時間にスタートできなかったため、池木屋山までの縦走ピストンは未遂に終わりました。

詳しくは以下のヘタレブログの続きをご覧下さいまし。
 
 
前日の夕方まで5月17日の天気は「あまり良くない」と思っていたところ、天気予報が晴れマークに変わっていることに気付きました。
急遽、次の日の山行きを決めたはいいですが、肝心の翌朝、起きられず・・・(土曜日も出かけていて、朝早かったし)
寝坊したことで、「まず池木屋までの縦走は無理だな」と、さっさとあきらめ、下見がてら、行けるところまで歩いてみようと軽い気持ちで準備して出かけました。

新緑の台高を縦走♪
朝7時すぎに東吉野村大又林道の駐車場に到着。
思っていたより車が少ないな~。やはり雪山が一番多いシーズンのようで。

新緑の台高を縦走♪
ゆっくり準備をし、7:20に駐車場をスタート。

新緑の台高を縦走♪
なんかいつもと違うと思ったら、このゲートが外されていた!
ということで、車止めゲートまで車が来ていました。チャレンジャーだなぁ。

まずは明神平まで、ゆっくり登っていきます。
今回も、新しいトレッキングシューズを履いて、様子見です。

新緑の台高を縦走♪
朝イチは曇っていましたが、だんだんと日が射してきました。
新緑の雰囲気を楽しみながら登ります。

新緑の台高を縦走♪
新しく木の橋ができていました!

新緑の台高を縦走♪
バイケイソウがたくさん芽吹いてました。春だなぁ。

新緑の台高を縦走♪
8:21 明神平に到着。駐車場から約1時間。ちょっとペース遅め?
(↑クリックすると大きくなります。)
明神平では、テントが1貼ありました。すっかり良い天気に。

新緑の台高を縦走♪
(↑クリックすると大きくなります。)
さて、まずは明神岳へ。
明神平の景色を楽しみながら(後を振り返りながら)稜線へ。

新緑の台高を縦走♪
木は新緑でも、地肌はまだ茶色。コース上だけうっすら緑なのが面白いなぁ。

新緑の台高を縦走♪
8:41 明神岳。

新緑の台高を縦走♪
檜塚との分岐もそのまま通りすぎ、下りへ。

新緑の台高を縦走♪
檜塚の分岐を過ぎると踏み跡が薄くなりますが、一部を除いてコースは明瞭。

新緑の台高を縦走♪
雰囲気の良い広尾根は、コースが分かりにくいので注意です。

この先歩いている人は少ないだろうと、のんびり歩いていたら、前方から登山者が。
「どちらまで?」
「行けるところまで(笑)」

新緑の台高を縦走♪
稜線の様子。緑がきれい!
湿度が低く、風が吹くと寒いぐらいです。

新緑の台高を縦走♪
上り下りを繰り返しつつ、どちらかと言えば下りの方が多い感じで歩を進め、千石山への登りもそれほどキツクは無く。

新緑の台高を縦走♪
9:26 千石山に到着。

新緑の台高を縦走♪
山頂には特に展望はありません。軽く休憩をして通りすぎます。

新緑の台高を縦走♪
しばらく横異動したら、このケルンが出てきました。
表示はありませんが、池木屋へはここを右に折れます。
ここから激下りの開始です。後で登り返すことを考えると、心晴れやかにとはいきませんが、テンポ良く、どんどん下ります。

新緑の台高を縦走♪
鞍部? 左に水場とテント1貼分のスペースがありました。

新緑の台高を縦走♪
縦走路の様子。

この先もプチアップダウンを繰り返し、そのうち登りへと入っていきます。
前方から人の声がすると思ったら、2人組の登山者さんとすれ違いました。平日登山だったら、たぶん誰とも会わない縦走路なんだろうなぁ。

赤嵓山への登り、基本は細尾根です。
足下注意で登っていたら、木の枝に思いっきり頭をぶつけました。ツバの長い帽子(キャップ)をかぶっているから気づけなかった~。結構ガツンとぶつけたため、しばらく立ち止まってしゃがむハメに(どんだけw)
足元もだけど、頭上にも注意してくださいまし。

新緑の台高を縦走♪
赤嵓山への登り。
開けた場所で景色が広がりますが、尾根をうにょうにょ(?)歩いてきたから、どこからどのコースを来たのかよく分からない(笑)

新緑の台高を縦走♪
展望。(↑クリックすると大きくなります。)

新緑の台高を縦走♪
展望。(↑クリックすると大きくなります。)

新緑の台高を縦走♪
展望。(↑クリックすると大きくなります。)

新緑の台高を縦走♪
ぐるりと見える範囲を撮ってみましたw(↑クリックすると大きくなります。)

新緑の台高を縦走♪
赤嵓山への登り。山頂手前でシャクナゲが出てきて、ちょっと登りにくくなりました。

新緑の台高を縦走♪
枝にひっかかりつつも、頭をかがめて進みます。

新緑の台高を縦走♪
10:12 赤嵓山に到着。

新緑の台高を縦走♪
山頂に展望はありません。

というか・・・。うーん、スタートから3時間弱。まだ10時過ぎかぁ・・・
予想していたより早く着いちゃったなぁ。

---ここで思考タイム---

今日は「下見がてら、行けるところまで♪」の予定だったけど、なんだかこのまま池木屋まで行けそうな気がしてきてしまったぞ(笑)
自分の読みでは、赤嵓から池木屋までは1時間ちょっと。お昼前に到着できそうな・・・
いやいやいや、このコースは復路がキツイから、11時には折り返すと決めているし。

そもそも、池木屋に行く気が無かったから、水が足りなくなる(これ重要でしょw)
そのつもりで、明神平手前の水場でも水の補給はしなかった^^;

・・・。

・・・。

えーい、今日はここまでだ!
(寝坊した段階であきらめていたし、行く気ゼロだったくせに、なんかちょっと悔しいw)
あと1時間早くスタートできていたらなぁ・・・

という脳内会議をひとりで行い、復路に備えて休憩&早めのお昼ご飯。

新緑の台高を縦走♪
これは山頂にあった特徴的な木。特に意味は無しw

ここであっさり(?)引き返すのを決めたのも、本当のことをバラすと、今回もトレッキングシューズの調整がうまくいっておらず、この時点で足がかなり痛くなってきていたというのも一因。
軽く考えて軽装備で来たから、調整用の予備靴下とか救急セットとか、持ってきてないという無計画さ^^;

休憩をした後は、気持ちを切り替えて、ゆっくり引き返します。
そう、このコースは復路がキッツイのだ!

新緑の台高を縦走♪
景色を楽しみながら赤嵓山を下る。後ろを振り返って。

アップダウンを繰り返しながら、縦走路を鞍部まで下っていきますが、途中のプチピークで間違った支尾根に引き込まれそうになりました。早い段階で気づいたので良かったですが、紛らわしい場所に赤テープがあって、しかも踏み跡もあるという罠。
正しいコースの方が険しく細い尾根なのだ。(これ重要)

そんなこんなで事無きを得て、無事鞍部に到着。
さて、問題はここから。
千石山への登り返しスタート!

新緑の台高を縦走♪
千石山への登り返しは、普通に考えたらそれほど辛いものではないはずですが、往路で調子よく下った時のことを思い出すと精神的に来るものがあります。
「あー、あの時けっこう下ったよな~」という(笑)

時間的に余裕があるので、休憩しながらゆっくり登ります。ちょっと時間がかかりすぎなのは、足(靴擦れ)が痛いから^^;

新緑の台高を縦走♪
11:19 千石山。
山頂では3人組の登山者さんたちがお昼休憩中でした。
記録のプレート撮影だけして通りすぎます。

新緑の台高を縦走♪
千石山からの展望。(↑クリックすると大きくなります。)

新緑の台高を縦走♪
この先は明神岳の登り返しがあるだけなので、気も楽です。

新緑の台高を縦走♪
明神岳への登り。

新緑の台高を縦走♪
12:03 明神岳。
この先はもう下るだけ。

新緑の台高を縦走♪
昼になって気温は上昇してますが、湿度が低くからっとしています。たまに吹く風が気持ちいい!
「今日は本当に絶好の登山日和だったんだなぁ」と
寝坊したことを激しく後悔しつつ。

新緑の台高を縦走♪
明神平まで帰ってきました。

新緑の台高を縦走♪
のんびり休憩している人や寝転んでいる人がいて、「のどか」の一言。

新緑の台高を縦走♪
明神平からの下山は、下山中の登山者さんたちを追い抜きながら、一気に下っていきます。
ちなみに、下山中のわたしの脳内は「温泉でさっぱりしたい」が大きく占めています(笑)

車止めゲート手前まで下ってきた時、年配のご夫婦がいて、話しかけられました。
明神平と明神滝までのかかる時間について聞かれたのですが、今歩いている林道のような道がずっと続いていると思っていらしたので、滝までの道がとても危険であることなどをお話しし、くれぐれも気をつけて、と分かれました。
大丈夫だったかしら・・・

新緑の台高を縦走♪
13:03 駐車場まで戻ってきました。
トレッキングシューズを脱ぐと、両足に靴擦れができてました(泣)
今回も靴擦れ防止でテーピングを2重もしていたのに、かかわらず。
まぁ、軽装備で登った自分が悪いのですが。

なんだか色々残念なヘタレ山歩きだったのですが、それでも行って良かった!と思ってます。
本日の教訓:山歩きは計画的に!

帰りは、わたしのお気に入り「やはた温泉」へ。
ちょっと早めの下山だったおかげで、浴槽は独り占めでした♪

次回の山歩きは、足の靴擦れの様子を見ながら決めなくちゃ。


コースデータ
 距  離  約17.2キロ
 累積標高差 1,733m
 所要時間  5時間43分(休憩含む)
コースタイム
 7:20 大又駐車場 → 8:21 明神平 → 8:41 明神岳 → 9:26 千石山
 → 10:12 赤嵓山 10:30 → 11:19 千石山 → 12:03 明神岳
 → 12:15 明神平 → 13:03 大又駐車場


いつもありがとうございます!
よろしければ↑ポチッ☆と押してください。
 
 
スポンサーサイト
Comment
No title
>これは山頂にあった特徴的な木。特に意味は無しw

ネット情報のおかげで今はずいぶん有名になった稲村登山道の「マンモス」に良く似ていると思います。
jack77betttyさんへ
稲村ヶ岳の登山道にある「マンモス」、検索しました。あるの知らなかったです~^^

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。