スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年 三峰山から高見山 縦走。 

三峰山から高見山へ 縦走
高見山からの眺め。三峰山と歩いてきた稜線が見える。(↑クリックすると大きくなります。)

5月22日(日)、台高山脈の三峰山から高見山までの稜線を歩いてきました。
この2山を結ぶ稜線は前々から歩きたいと思っていましたが、ピストンは無理だし周回も難しいので歩けずにいました。

が。
今回、E氏からのお誘いで、車デポ有りの通り抜け縦走が実現しました!

ルートは三峰山ゆりわれ登山口からたかすみ温泉までの通り抜けです。

 
 
22日の朝5時に東吉野村のたかすみ温泉でE氏と待ち合わせ。この時点で外気温は8℃!ちょっと肌寒い。
1台をそのまま駐車場にデポして、三重県飯高町にあるゆりわれ登山口へ。
三峰山に三重県側から登るのは初めて。

三峰山から高見山へ 縦走
ゆりわれ登山口。
登山口の標高が高いので、山頂まで一番近いと思われます。

三峰山から高見山へ 縦走
案内看板。山頂まで2.8キロ。約1時間かな・・・(近い!)

準備をして、5:50スタート!
実はE氏は膝を痛めているため、なるべくゆっくり登りたいとのこと。なので足の遅い私が先頭に。(いつもは逆)

三峰山から高見山へ 縦走
しばらくは人工林の間をつづら折れに登っていきます。

三峰山から高見山へ 縦走
すぐに自然林になり、雰囲気が良くなりました。登り始めから緩やかな登りで、急登はありませんw

三峰山から高見山へ 縦走
ほどなくして山頂っぽい雰囲気になってきました。

三峰山から高見山へ 縦走
シロヤシオ。

三峰山から高見山へ 縦走
ヤマツツジ。

三峰山から高見山へ 縦走
足元にはバイケイソウが芽吹いてました。
雪の季節だけじゃなく、新緑の季節も良いですね~(*´ω`*)!

三峰山から高見山へ 縦走
八丁平に到着~!(↑クリックすると大きくなります。)

三峰山から高見山へ 縦走
八丁平からの眺め。霞んでます。(↑クリックすると大きくなります。)

三峰山から高見山へ 縦走
ゆりわれ登山口の方向。(↑クリックすると大きくなります。)

まだ時間も早いし、誰もいません。開放的な八丁平を後にしてとりあえず山頂へ。

三峰山から高見山へ 縦走
6:45 三峰山山頂。
ほぼ予定通りの到着~♪ 気温はまだ低く、風も吹いているので寒いぐらい。
さて、一息ついたら、高見山まで長い縦走の始まりです。

三峰山から高見山へ 縦走
・・・の前に、もう一度八丁平に寄ってからw
縦走開始!

三峰山から高見山へ 縦走
新道峠へ。ほぼ下りです。

三峰山から高見山へ 縦走
7:18 新道峠。
この峠から先が、今回のメイン。未踏のコースになります。高見山方向の案内に( )がついてるのがミソ(笑)

新道峠からしばらくは踏み跡もほぼ無い、少々荒れた道が続きますが、そのうち稜線が分かりやすくなりました。良かった~^^;

三峰山から高見山へ 縦走
縦走路の様子。まずは白髪峠を目指します。
峠までは下りが続きますが、展望も花も無く、人工林率も高し。E氏と話しながら歩いているから良いけど、一人で縦走するのは精神的に微妙な稜線だなぁ・・・

三峰山から高見山へ 縦走
途中の崩落地で、景色が見えました!

三峰山から高見山へ 縦走
風が気持ちいい~!

三峰山から高見山へ 縦走
歩いていると立派なサルノコシカケがあって、足を止めたら、実は横に白髪峠のプレートがありました(笑)
ここ、峠じゃないよね!? という所に突然。
サルノコシカケで足を止めなかったら、絶対気づかずに通り過ぎてたと思うわ。

三峰山から高見山へ 縦走
で、くだんのサルノコシカケ(笑) サイズがね、本当に腰をかけられるぐらい大きかったの!

三峰山から高見山へ 縦走
白髪峠をすぎたら、登りも出てきて、アップダウンが始まります。

三峰山から高見山へ 縦走
登り。少しづつ気温が上がってきましたが、風が吹いてて気持ちいい。

三峰山から高見山へ 縦走
雰囲気の良いブナ林。登り切ったら、

三峰山から高見山へ 縦走
水無野山。
展望も無いし地図にも乗っていないピークですが、ここで休憩を入れます。
というのも、朝が早かったせで、鹿の空腹が限界に(笑)
シャリ切れはイカンよね!

軽く食事休憩をした後、下り開始。

三峰山から高見山へ 縦走
下っていくと、倒木地帯がありました。どこを越えていこうか・・・^^;

三峰山から高見山へ 縦走
越えたら、なんだか大峯ちっくな雰囲気に。
ここからまた登りに転じて、

三峰山から高見山へ 縦走
8:44 大滝山。やはり展望は無し。

三峰山から高見山へ 縦走
続いて奥船山。

奥船山を過ぎたら、次に目指すは請取峠。縦走路で一番標高が低い峠です。
だいたい、ゆりわれ登山口と同じぐらいの標高まで下がることになるのですが、

三峰山から高見山へ 縦走
下りの手前で二手に分かれていて、どっちに向かうか悩む箇所がありました。
GPSで確認しつつ、下っていきます。左側が正解!
請取峠の手前はガケっぽい感じになっているので慎重に下りていきます。

三峰山から高見山へ 縦走
9:26 請取峠。
この縦走路、途中にエスケープルートは無いのだと思っていたのですが、どうやら、ここから御杖村や太良木に抜けることができるようです。(プレートに書いてあることを信じれば、ですがw)

さて、縦走路最低部に到着したので、ここから先は厳しい登りを覚悟せねば。
峠からは南側を巻く細い道を通っていきますが、蜘蛛の巣が多くて(・_・;)
E氏に先頭を変わってもらいました(笑)

あ~E氏の後ろって精神的にラクだわ~(ぉぃ
さっさと登っていく後ろ姿を見ながらマイペースでゆっくり登ります。

アップダウンを繰り返し、あまり標高も上がらないまま、

三峰山から高見山へ 縦走
奥ノ山。
通過点っぽいピークでした。しかぁし、問題はここから。
前方左にどかんとそびえるピークが確認できます。縦走路で一番キツイ登りが、このトクマ山への登り!

三峰山から高見山へ 縦走
厳しい登りが続きます。
しかも、あれほど吹いてた風が無くなり、気温もどんどん上昇中。
疲れも溜まってきてるので、カメのような速度でノロノロ登りました^^;

三峰山から高見山へ 縦走
登り切ったら、トクマ山のプレートが。でもなんだか通過点っぽい。

三峰山から高見山へ 縦走
左に向かうと、山頂のようでした。
10:31 トクマ山。
しっかり足を休めてから出発します。

三峰山から高見山へ 縦走
途中に咲いてたべにどうだん(?)

三峰山から高見山へ 縦走
鹿よけネット?の横を通って。
だんだんと細尾根になります。

三峰山から高見山へ 縦走
岩場も出てきました。
変化があった方が縦走は楽しい。

三峰山から高見山へ 縦走
細尾根の縦走路。

三峰山から高見山へ 縦走
徐々に標高を上げていくと、サイメ谷山手前から、今から通る稜線と高見山が見えました!
うぉー、高見が近い!

さらに登っていくと、前方の視界が開け、北尾根との分岐に出ました。

三峰山から高見山へ 縦走
11:18 桃俣分岐。
分岐からは三峰山もばっちり見えました!

三峰山から高見山へ 縦走
雰囲気の良い縦走路。

サイメ谷山を目指して登っていると、前方から登山者3名が下りてきてすれ違いました。本日初めて出会う登山者です。
あー高見が近いんだなぁと実感。
そのままピークを巻くように進み、

三峰山から高見山へ 縦走
崩落地に出ました。(↑クリックすると大きくなります。)

あれ?
サイメ谷山は?

どうやら、巻いたピークがサイメ谷山だったようで、通り過ぎてしまいました^^;
ま、いーや。

三峰山から高見山へ 縦走
崩落地は、けっこう足がすくむ感じ。うわー怖っ

三峰山から高見山へ 縦走
高見に向かってラストスパート!
と言いたいところですが、この頃になると「暑い!しんどい!」とノロノロ登り^^;

三峰山から高見山へ 縦走
だって、高見が近づくと日陰が少なくなってくるんだもん!

三峰山から高見山へ 縦走
山頂の社が確認できました。人の話し声も聞こえてきます。
さて、あと少し!

三峰山から高見山へ 縦走
高見山に到着しました~!

三峰山から高見山へ 縦走
11:46 高見山山頂。
山頂は登山者でにぎわってました。なのであまり山頂写真は撮れませんでした。

三峰山から高見山へ 縦走
高見山から三峰山と縦走路を望む。(↑クリックすると大きくなります。)
こうやって見ると、三峰山が遠い~

三峰山から高見山へ 縦走
兜岳、鎧岳、倶留尊山、古光山、大洞山。(↑クリックすると大きくなります。)

三峰山から高見山へ 縦走
高見から先の台高の山々。(↑クリックすると大きくなります。)

展望を楽しみながら食事休憩。
E氏は登ってこられた団体さんのカメラマンを頼まれてました。

ゆりわれ登山口から6時間、三峰山からは5時間。
予想は12:30着だったので、かなり早く到着することができました。
E氏の膝も痛み出すこと無く、大丈夫とのこと。
というか、私がしばらく先頭を歩いていたからペースを抑えることができて、膝も大丈夫だったようです。
って、いつもどんなスピードで歩いてるんだ、にぃさん!

三峰山から高見山へ 縦走
しっかり休憩したら、たかすみ温泉に向けて下山開始!
そういえば高見には冬季にしか登ったこと無かったな~。思っていたより登山者が多かったことに驚きです。

三峰山から高見山へ 縦走
登山口に到着。
そのまま川沿いを歩いて、車をデポした温泉駐車場へ。

三峰山から高見山へ 縦走
13:15 たかすみ温泉に到着。
お疲れさまでした!

デポした車にお風呂&着替えセットを準備してあったので、温泉につかって汗を流してから、三重県ゆりわれ登山口へ。
朝には1台も停まってなかった三峰山登山口(三重県側)にも、たくさん車が停まってました。新緑の季節も人気があるのですね~
今回も無事、山歩きができました。
E氏、ありがとうございました!

---------------
今回はルートに不安があったので、事前にGPSにルートを落として持っていきました。
結果、不安箇所は2か所で、GPSで確認をしながら歩きましたが、思っていたよりもテープもあって、分かりやすかったです。

上記の理由から、いつも使っているロガーとは別のGPSを使ったのですが、
参考までにカシミールでのログをUPしておきます。

山ログ カシミールでの計測値
(↑クリックすると大きくなります。)

トラックに飛び等は無いし、正確にログは取れていたのですが、累積標高差がスゴイことになっています。
2,511mって・・・( ゚Д゚)

なので、いつも使っているロガーとアプリで再測定したものを以下のコースデータに掲載します↓


コースデータ
 距  離  約20.6キロ
 累積標高差 +1,884m
         -2,175m
 所要時間  7時間25分(休憩含む)
コースタイム
 5:50 ゆりわれ登山口 → 6:45 三峰山 → 7:18 新道峠
 → 7:50 白髪峠 → 8:24 水無野山 8:36 → 8:44 大滝山
 → 8:58 奥船山 → 9:26 請取峠 → 9:51 奥ノ山 → 10:31 トクマ山
 → 11:18 桃俣分岐 → 11:46 高見山 12:15 → 13:15 たかすみ温泉


 
スポンサーサイト

コメント

祝ご復帰

桃色の鹿さん、おはようございます。お気に入り登録からはずそうかと思っていましたが(笑)、ご復帰をすぐに知ることができ、はずさずに正解でした。お元気そうで何よりです。
高見山北尾根の崩壊地は高見登山では印象的な場所ですね。よく覚えています。

訂正お詫び

桜色の鹿さんでした。以前も間違えましたね。失礼しました。

jack77bettyさんへ

ご無沙汰しております。
もうすっかり忘れられているかと思ってました^^;
復帰・・・というには、PCが心許ないのですが、山にロガーとデジカメを持っていくようにはしようと思ってますw

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://deer2010.blog96.fc2.com/tb.php/121-b7b7846a

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  まとめ
copyright © 2005 鹿の山歩き。 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。