FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年 高見峠から国見山へ。 その2 

(前回からの続きです。)

さて、次に目指すは赤ゾレ山です。
赤ゾレ山は縦走路からは少しはずれるせいか、あまり登られないようですが、どなたかのブログに「赤ゾレ山は展望が素晴らしい」みたいなことが書かれていたので登ってみたいと思っていました^^

ヒトじゃない足跡^^
数を増したヒトでは無い足跡が先導してくれます^^
 
 
途中の分岐を左、山に向かって登っていくと赤ゾレ山。
コース途中で枝があたり、上から雪がどさどさ落ちてきました。ちべたい!

赤ゾレ山 山頂!
10:38 赤ゾレ山 山頂。標高1,3??m。
(標高が分かりません。すみません^^;)
さて、問題の展望は・・・

赤ゾレ山 山頂!
真っ白! まったく何も見えませーん(T-T )
悔しいのでしばらく粘ってみることにしました。ちょっと周辺を探検とかしてみたり。

で。

粘ったけど、青空は無理かな^^;
伊勢辻方面。
国見山方面も
国見方面。

粘ってみたけど、これが限界。真上は晴れてきたので明るくなりましたが。
体が冷えてくるので、諦めて縦走路に戻ります○| ̄|_
10:53 赤ゾレ山にサヨナラ。(15分しか粘れなかった!)

縦走路に戻ってしばらく行くと、
赤ゾレ山の下にある池
池がありました。
むむっ、この池はあなどれませんよ^^

blog101210-31.jpg
なかなか絵になるではありませんか!(しまった、もうちょっと引きで撮れば良かった)

そして、気づいたのですが、足下に再び足跡が!
赤ゾレ山で悶々としている間に、伊勢辻山の手前でお会いしたお二人が先に行かれたようです。

馬駈ヶ辻
11:05 馬駈ヶ辻。標高1,320m。
ここでお二人に再会しました。しばし談笑。あぁ、なごむ・・・

馬駈ヶ辻で青空になりました
空もくっきりした青。

馬駈ヶ辻から見る国見山
そして、ここに来てようやく国見方面が見えるようになりました。(クリックすると大きくなります)

行き先は同じ、国見山。とりあえずお二人と別れて先に進みます。
ここから国見山にかけてはまた標高が上がり、雪が深くなってきました。深いところで4~5㎝の積雪です。

国見山は雪が深いのです
あと、こういう枝の雪(霜?)も風で落ちて積もるようです。

縦走路から西側が見えました
途中で西側(南西?)が開けたところがありました。(クリックすると大きくなります)
自分が標高の高いトコロにいるんだと再認識できます^^

日が当たってきました
国見山に向かうコースにも日が差してきて、キラキラしてとってもキレイです^^
ここらあたりから、国見山への急登がはじまります。

これを登れば国見山
雪に隠れて気づかずに、落ち葉溜まりにズボっと足を突っ込んでしまったり、実は大石があったりと、雪ならではの登りを堪能しつつ、ここを登りきれば山頂。

国見山 山頂!
(クリックすると大きくなります)
11:30 国見山 山頂。標高1418.7m。
国見と言いながら展望あんまり・・・の山です^^;
空はすっかり晴れました!

国見山 山頂!
お腹がすいたので、軽食を取って休憩。さて、これからどうしようか・・・
お昼で引き返す予定だけど、おそらく隣の水無山までは20分もあれば到着する。水無山から明神平まではさらに30分ぐらいかな。
そんなことを考えていると後ろからお二人が登ってこられました。登りの途中にある平らなところに荷物を置いてこられたとのこと。登頂記念の写真を撮って、引き返してお昼にされるよう。

じゃ、私もここで引き返そうっと!

11:48 国見山に別れを告げて元来た道を引き返します。
途中でお二人の荷物が置いてある場所がありました。ここでお昼にされるそうです。荷物はいかにも重そうで、実際15㎏ぐらいはあるみたいです。
そのザックからコンロやうどん、具材が出てきて「もし良かったら一緒に」とお誘いを受けましたヾ(´▽`*)
とってもウレシいお申し出ですが、どう見ても二人分の材料だし、私がお二人に提供できる食べ物は飴ぐらい・・・
残念ですが、お断りして先に帰路につくことにしました。
雪の多い国見山を下ります。

ここで事件が!(そんな大層なモノでも無いが)
お昼のピーク、すっかり晴れて、だんだんと気温が上がってきたようです。
国見山を下ったあたりから、雪が溶け出しました!!!

帰路の景色

行きと帰りで景色が全然違うんですけど!

太陽の威力はすごいですねー
あんなに真っ白だったのに・・・
確かに体感気温も1~2℃ぐらいまで上がっているようです。

もちろん溶けた雪は水になります。おかげで足下はびちょびちょ。枝からはポタポタ。
あんなに願っていた「青空」ですが、これは有り難くないかも^^;

帰路の景色 南を向いて
(クリックすると大きくなります)
行きは全然見えなかった景色もキレイに見えるようになりました。

帰路の景色 伊勢辻山
伊勢辻山。ほんの2時間前とはエラい違いようですね。
北の斜面や日陰の部分には雪が残っていますが、それ以外はキレイに雪が無くなっていきます。行きだけけでも雪化粧の山が見られて良かったなーと本気で思いました。

さらに事件が!(こっちはホントに事件だわ)
ハンシ山からの下りでコースをロストしました○| ̄|_
ハンシ山まではほぼ真っ直ぐで、ここから少し左(西)に折れるのですが、気づかず真っ直ぐ下ってしまいました。しかもテープがちゃんとあるあたりが悔しい。
気づいて登り返しコースには戻れましたが、体力を無駄に消費してしまいました。

帰路の景色 雲ヶ瀬山
やっぱり雪の無い雲ヶ瀬山。
季節的に、まだ根雪が残らないから、うっすら雪が積もっても軟らかい雪で普通のトレッキングシューズでも歩けるんでしょうね。(水が浸みてきてますが)

14:20 無事に駐車場に到着。
駐車場に停まっている車は行きより1台増えてました。あのお二人以外には誰にも会わなかったので、高見山の方に登っているのかもしれません。

コースロストのせいもありますが、今回は距離が長くて疲れました。
でもイイ景色が見られたので、とっても満足でした♪


コースデータ
 距  離  約18.3キロ
 累積標高差 1,180m
 所要時間  5時間55分(休憩含む)

コースタイム
 8:25 高見峠スタート → 8:43 南峰 → 8:57 雲ヶ瀬山 → 9:43 ハンシ山
 → 10:18 伊勢辻山 → 10:38 赤ゾレ山 10:53 → 11:05 馬駈ヶ辻
 → 11:30 国見山 11:48 → 12:20 伊勢辻山 → 12:48 ハンシ山
 → コースロスト → 13:52 雲ヶ瀬山 → 14:20 高見峠駐車場



ブログランキングのページへ。
登山情報がいっぱいのブログを探すなら↑クリック!
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://deer2010.blog96.fc2.com/tb.php/17-1e869ef2

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  まとめ
copyright © 2005 鹿の山歩き。 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。