FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年 倶留尊山。 

2月4日(金)の休暇、朝起きたらピーカンの晴れだったので、急遽思い立って山へ―

blog110204.jpg
(↑クリックすると大きくなります。)

「あまり遠くなくて、ノーマルタイヤでも問題なくて、見晴らしが良さそうな、あまりしんどくない山がいい」ということで(笑)、
倶留尊山(くろそやま)に行くことにしました!

9時過ぎに家を出て、曽爾村へ。

 
 
ここ数日、異常なほどの暖かさで、曽爾村までの道(国道)は雪や凍結の心配はありませんでした。
10時半過ぎに、曽爾高原手前にあるファームガーデン(温泉「お亀の湯」があるところ)に到着です。
ここから先の道は、ノーマルタイヤでは危険です。
日当たりの良い所は乾いてますが、日陰には雪もありますし、ばっちり凍結していますのでご注意を。

ファームガーデンに車を停めて、準備をし、10:40 出発です!

歩道は近道
車道の脇に歩道(近道になってる)があります。曽爾高原までは2キロちょっとあります。

曽爾高原の入口 駐車場
10:58 曽爾高原入口。ここの駐車場には車が1台も停まってませんでした^^;

曽爾高原へ
ススキが美しい曽爾高原は、秋には観光客でにぎわってますが、今は誰もいません。

冬の曽爾高原
冬でも いいトコロだと私は思うのですが(↑クリックすると大きくなります。)
素晴らしい晴天! 来て良かった♪

曽爾村に入ったトコロでの気温は4℃でしたが、まだまだ気温が上がりそう!
雪は日陰では硬く、日当たりの良いところは溶けていたり、しっとりと濡れてました。

お亀池をぐるっと
お亀池をぐるっとまわります。

雪は硬く、しかも溶けてきてます
普通のトレッキングシューズを履いてきたのですが、溶け始めた厚みのある雪の上って、歩きにくい^^;

階段を登ります
亀山峠までは階段を登ります。

登り切りました
11:16 亀山峠。まずは二本ボソへ。ここから北(左)に尾根歩きです!

案内看板
以前登った古光山・後古光山へは南(右)。

お亀池を見下ろす
高いところからお亀池を見下ろす。私は雪が一番深い道を歩いてきました^^ 本当に雪が少なくなっちゃってますねー

こんな感じの登りです^^
尾根は左(西)からの横風が強いです。気温の高い今日みたいな日にはちょうどいいかも^^;
尾根の道は、土がぬかるんでいて雪以上に滑りやすくなってました。

木があるところに突入
展望の良い尾根歩きもここで終了! 道は樹林に入っていきます。

雪が現れました
とたんに現れる雪。古い雪で、硬くて汚れています。

けっこう歩きにくいです
深いところでは30㎝近く雪があるので、ツボ足では踏み抜いてしまいます^^;
けっこう歩きにくいです。

番小屋(無人)
番小屋が見えてきました。二本ボソから先の頂上部は私有地で、環境整備のための協力金として入山料500円を徴収されてます。
冬も人がいるのかしら・・・


いませんでした^^;
ごめんなさーい、と素通り。

小屋を過ぎると展望がひらけます
小屋を抜けると、また展望がひらけます^^

二本ボソ
そしてすぐに二本ボソ。(奥に写ってる山が倶留尊山。)
11:35 二本ボソ山頂。標高980m。

二本ボソ
木のベンチがあって休憩できます。
ここから倶留尊山へは、いったん鞍部に下って登り返すのですが、二本ボソの斜面は山の北側になるので、雪が深いようです。ここでチェーンスパイクを着用しました。

鞍部まで下ります
鞍部へ下ります。ロープも設置されてました。

雪の量は多いです
なかなかキレイな雪ヾ(´▽`*)
未踏の雪がありますが、雪質を考えるとダイブはできません(ツボ足だし)

ここが鞍部でしょうか
ここが鞍部なのかな?

倶留尊山へ 登り返します
倶留尊山に向けて登り返します。こっちは山の南斜面なので、雪は半分以上溶けて無くなってます。残念!
フィックスロープも設置されてました。

倶留尊山
11:57 倶留尊山。 標高1,037.6m。(↑クリックすると大きくなります。)
誰にも会わなかったし、山頂も誰もいません。
ま、平日だからかなー

倶留尊山から二本ボソ方面を見る
二本ボソ方面(南)。(↑クリックすると大きくなります。)
景色は良いですが、逆光なのか、写真はダメダメでした( ノД`)

ベンチで休憩
雪のせいで高さの無くなったベンチで休憩~♪
ここの雪は、日陰になってるところはパウダーで、日の当たってるところ(大半)はベタ雪でした。
本当に暖かくて、2月とは思えない陽気です。雪も溶けるわな^^;

誰にも会わないし、しゃべる相手もいないし、ということで、早々に引き返すことにしました。
12:10 下山開始。

帰り道
来た道を引き返します。
二本ボソの山頂で男性一人とすれ違いました。小屋を過ぎて曽爾高原へ。

曽爾高原を見下ろす
(↑クリックすると大きくなります。)
心なしか午前より雪が少なくなってるような・・・

亀山へ
そのまま亀山峠を直進し、亀山へ。

亀山
はい、あっさり亀山。

整備された階段
亀山を過ぎると、整備された下り階段が。とっても歩きやすいです。

亀山を振り返って
(↑クリックすると大きくなります。)
最後に亀山を仰ぎ見て、曽爾高原を後にしました。

13:05 ファームガーデン着。
帰る頃には、曽爾村の気温は9℃になってました。暑かった・・・^^;


コースデータ
 距  離  約8キロ
 累積標高差 854m
 所要時間  2時間25分(休憩含む)



ブログランキングのページへ。
よろしければ ↑クリックしてください♪

  
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://deer2010.blog96.fc2.com/tb.php/26-82077900

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  まとめ
copyright © 2005 鹿の山歩き。 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。