FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年 薊岳 (明神平 経由)。 

蒼天の明神平、薊岳へ―

blog110205.jpg
写真は前山です。(↑クリックすると大きくなります。)

2月5日(土)、E氏と薊岳に登ってきました!
E氏との山歩きは、とっても久しぶり。
ここ数日、異常に暖かい日が続いているので、雪質が心配だったのですが・・・さてさて。
ルートは、やっぱり外せない明神平を経由してのピストンです^^
 
大宇陀で合流して1台の車で東吉野村の大又へ。
前回(1月)来た時より、かなり雪が無くなってます。この暖かさでは仕方無いのですが。

林道を車で行けるところまで行こう!と走らせます。が、やはり人気の明神平。
大又には9時前に着いたのですが、すでに登山者の車で林道は詰まってました~(>_<。)~
(というか、ノーマル車が立ち往生して道をふさいでいるような・・・^^;)
仕方なく安全なところに車を停め、支度をして(二人ともスノーシュー持参。笑)歩き出します。

大又林道を行く
9:03 スタート。林道を登ります。E氏は暑いから、とアウター無し(笑)

大又の登山口
9:23 登山口。
前回より雪がしまっていて重く、スノーシューは必要ありません。アイゼンだけ装着してそのまま登ります。

良い天気で雪解けが心配
天気予報では曇り時々晴れだったのですが、とっても良い天気で、山頂もガスの心配無し。やったぁ^^
(写真は進行方向ではなく、後ろ向きで撮ってます。)

雪は湿って重いかな・・・
山道の様子。枝にあった雪は溶けて落ちてありませんが、足下の雪は深いです。
途中、倒木でコースがふさがれている箇所がありました。1月の時も傾いていてくぐるように通った記憶がありますが、とうとう倒れたようです。むりやり上を乗り越えていきます。
スノーシューを担いでいる分、荷物が重くて肩が凝るなぁ・・・^^;

でも天気は最高!
すっかり太陽も昇り、空も蒼くてルンルンで登ります。でも雪山とは思えないぐらい暑い!

枝にあった雪はもう溶けて無くなっていた
高度が上がっても枝に雪は無く、足下の雪もしっとりしてます。
スノーシューの出番はあるのかな・・・と二人とも心配しながら登ります。

あれが薊岳なのかな?
途中見える山々。もしかしてあの突起は薊岳?!

なに このイイ天気は!最高!
あともうちょっとで明神平。本当になんてイイ天気なんでしょ!
雪の重さと荷物の重さで、前回来た時より疲れてますよ、アタクシ^^;

明神平に到着!
10:42 明神平に到着!(↑クリックすると大きくなります。)

雪はまだたっぷりありました! ふわふわのパウダーではありませんが。

晴天の明神平。嬉しい^^
水無山方面。(↑クリックすると大きくなります。)
あしび山荘の付近は、残念ながら雪が溶けて地肌が見えてます。日当たり良すぎなので仕方が無いのかな・・・

雪解けが心配になるぐらい 寒くない
(↑クリックすると大きくなります。)
さすがにツボ足では膝上まで沈むので、スノーシューの出番となりました♪
雪の上にはスキーの跡やツボ足さんの足跡、スノーシューの跡がたくさん。風もあまり強くなくて、本当に全然寒くありません。これじゃ雪も溶けるよね^^;

さて!時間は11時。目指すは薊岳! まずは前山へGO!

薊岳に向けて出発
(↑クリックすると大きくなります。)
やはり前回より雪が重いです。スノーシューだと10~15㎝沈むのですが、足の運びが重っ!
もちろん着けてないより断然歩きやすいのですが。

南向き斜面は土が見えているところも・・・
(↑クリックすると大きくなります。)
振り返って撮った明神平。土が見えてる部分が お分かりいただけるでしょうか。

前山の雪は いい雪でした!
(↑クリックすると大きくなります。)
前山。トレースが少なくキレイな雪ヾ(´▽`*) さすが元スキー場ですねぇ。
なんか足跡付けて登るのがもったいないなーとか思いながら、真っ正面から登りました(笑)

前山 自分の歩いたシューの跡
振り返って自分の足跡(スノーシュー跡)をパチリ。けっこう沈むなぁ。雪が深いです!

前山 雪が深いです♪
前山は標高1,414m。薊岳より高いのですね。知らなかった^^;

(わたしが)おなかがすいてきたので、少し早めの昼食を前山の頂上でとりました。
大又ではたくさん登山者がいたけど、こちらにはあまり登ってこられないようですね。のんびり菓子パンで腹ごしらえです。
さて。おなかもイッパイになったことだし、気を取り直して、11:25 薊岳に向けて出発♪

薊岳へ
薊岳へは、トレースが一人分のみ。たぶん薊岳方面から明神平に向かってのツボ足さん。前山の手前ですれ違った方のかな?とE氏と話しながら踏み跡を辿ります。

一人分のトレース跡あり
基本は尾根歩き。前山から下ったあと2~3コの小ピークを越えていきます。

雪が深く そして重い!
思っていた以上に雪は深かったです。スノーシューがあって良かった、と本気で思います。あいかわらず重い雪で、たまに膝ぐらいまではまりながら歩きます。

スノーシューでも20㎝ぐらいは沈むかな
不思議なことに、ツボ足さんのトレースは途中でパタリと無くなり、誰も歩いていない道をしばらくはトレース無しで。
さらに行くとスノーシューのトレース(逆向き)が一人分現れました^^; なぜか谷に消えていってるんですが、薊岳の方から来ているのは確かなようです。(上の写真、左がE氏の登りトレース。右が謎の下りトレース。)

歩いてきた稜線がくっきり
(↑クリックすると大きくなります。)
尾根歩きは展望が素晴らしく、たまに絶景ポイントがあります。上の写真は前山から歩いてきた稜線がくっきり分かります^^
南向きも撮ったのですが、白んでしまって上手く写せませんでした^^; でも遠く大峯の山々まで見えましたよ♪

山頂近くの雪はけっこうサラサラ
薊岳の山頂が近くなってくると尾根は少し細尾根になり、スノーシューでは直登は厳しいところが出てきます。(私は斜めに道をとって登りましたが、E氏は真っ直ぐ登りました。さすが!笑)

展望が最高です!
山頂手前の展望(↑クリックすると大きくなります。)
基本晴れてるのですが、少し雲がかかってきました。

薊岳 山頂
(↑クリックすると大きくなります。)
12:38 薊岳 山頂。標高1,406m。
思っていたより山頂は狭いですが、二人だけで他には誰もいません。独占状態^^
見晴らし最高です!!!
E氏と「来て良かったー!」とちょっと興奮気味で^^

ネタ写真(笑)
テンションのりのりで、ネタ写真をE氏に撮ってもらいました(笑)
E氏のネタ写真も撮りましたよ。(でも非公開)

記念の雪だるま
E氏が地図を広げながら、あれが白髭岳、高見山・・・と話してる間に、私はせっせと雪だるまを作成!登頂記念ってことで(笑)

こんな感じで残してきました
こんな感じで^^(↑クリックすると大きくなります。)
近々、薊岳に行かれる方は、この雪だるまちゃんがお迎えしてくれますよ~♪

いつまでも眺めていたい気持ちがいっぱいですが、そろそろ帰ろうか、ということで。
13:00 明神平に向けて折り返し。
さて 帰りますか
来た道を引き返します。
まだ興奮冷めやらず会話がはずみますが、足はしっかり疲れが溜まってきました^^;
雪って本当に疲れますね!
(しかもE氏は膝を痛めている。^^;)
前山への登り返しがキツかったです。

前山(復路)
13:55 前山に戻ってきました。(↑クリックすると大きくなります。)
戻ってくるまでにすっかり太陽は雲に隠れてしまいました。前山の山頂から明神平までは足跡が格段に増えてますねー

見納めの明神平
14:10 明神平に帰ってきました。もうみんな下山したのかな? 人が少ないです。
私たちはこのままスノーシューで下ることにしました。外して持ち歩くのが面倒、というのが一番の理由です(笑)

同じタイミングで下山するお二人がいて、その方達はスノーソリで「滑れるところは滑って下る」方法で下山されてました。それを見ていてもたってもいられなくなったワタクシ。同じく滑っちゃいました!(笑)
ソリなんて持ってないから、もちろんシリセードですよ^^
先にソリでコースが出来ているので、けっこうスピードが出ます。楽しーいヾ(=^▽^=)ノ
私は防水バッチリ(滑る気マンマンだった)で問題ないですが、E氏は防水ではないのに付き合わせてしまいました。ごめんなさいm(_ _;)m

車に戻ってきたのは15:30でした。
停めてあった車の数もかなり減ってました。
ちなみに、山歩きしている間、林道関係者の方が除雪作業をしてくださっていて、帰ってくる頃には道路の雪は無くなっていました! 車止め手前の大又林道駐車場まで問題なく車で上って来られそうです。(雪は無くても凍結は注意ですが。)

今回も無事下山できました。足が疲れましたが、楽しい雪山歩きでした!


コースデータ
 距  離  約15.5キロ
 累積標高差 1,424m
 所要時間  6時間27分(休憩含む)

コースタイム
 9:03 大又林道スタート → 9:23 登山口 → 10:42 明神平 11:00
 → 11:13 前山(昼食)11:25 → 12:38 薊岳 13:00
 → 13:55 前山 → 14:10 明神平 → 15:30 大又林道駐車場所



ブログランキングのページへ。
宜しければ↑クリックお願いします^^

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://deer2010.blog96.fc2.com/tb.php/27-b73d925a

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  まとめ
copyright © 2005 鹿の山歩き。 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。