FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年 迷岳。 大熊三山制覇! 

blog110416.jpg
真ん中の尖った山が飯盛山の前衛峰。(↑クリックすると大きくなります。)

※上の写真は帰りに撮ったものです。
 朝は真っ白で、山が何も見えませんでした^^;

4月16日(土)、天気は曇りで、あまり良くないけれど、どこか山に行きたいなーと思い、
「天気が良くても悪くても、展望の良くない山なら一緒だよねー(笑)」という理由で選んだ山は迷岳。

迷岳(まよいだけ)は、台高山脈の池小屋山から東に派生する稜線にある山で、迷岳・古ヶ丸山・白倉山の三山で「大熊三山」を成します。

私は以前に古ヶ丸山・白倉山には登ったことがあるので、今回迷岳を登ると大熊三山制覇になります^^
 
迷岳に登るコースは、飯盛尾根コース、唐谷コース、布引コース、宮川コースなどがあるようですが、私でも迷わず登れるコースということで、急登の連続する飯盛尾根コースを登ることにしました。
上の写真でも写っていますが、迷岳の手前にある飯盛山のとんがり具合がなんとも惹かれるコースです^^

迷岳へ
朝7:50頃、奥香肌狭温泉スメールに到着。その右奥に進み、飯高洞窟美術館の手前にある駐車場に車を停めました。上の写真で、橋を渡って正面が飯高洞窟美術館。橋手前の右に登山口。

迷岳 登山口
迷岳の登山口。本当は奥に飯盛山と口迷岳が見えるハズなんですが、ガスってて真っ白です^^;
準備をして8:00 スタート。
しばらく川沿いを歩きます。

迷岳へ
この案内で右に折れ、急登が始まります。クモの巣の貼り具合から、私以外、登山者はいないよう。
コース巾は狭く、クモの巣が多いです。なにより、雨上がりのせいで、湿度が高い!暑い!
気象庁の天気予報でも湿度が75%ぐらいだったので、実際は80%ぐらいありそうなジメッと感。久しぶりに大汗かきました。

迷岳へ
天気は少しずつ回復してきているようで、木々の間から太陽の光が差し込みます。
途中ロープの設置してある箇所もありますが、まだまだ序の口。ロープ無しでも十分登れる範疇。

迷岳へ
ご親切に どーも^^
コースはとても分かりやすく、テープもたくさんあります。これなら迷わずにすみそう!

迷岳へ
とにかく、ひたすら急登です。高度が上がってくると、上空で風のうなる音が聞こえてきました。このジメジメした湿気を吹き飛ばしてくれる風が欲しいー!

迷岳へ
ひとまず稜線に出ました。迷岳へは左です。
稜線に出ると風が! 進行方向(南)に向かって右から左へ強い風が吹いてました。きもちいい~

迷岳へ
さて、ここから稜線づたいに飯盛山を目指します。
飯盛山手前は、岩場の連続で、険しい道。まだまだ急登が続きます。

迷岳へ
露岩混じりのやせ尾根の急登が連続します。

迷岳へ
木の根を掴んで慎重に足場を確保して登る、なんてわたし好み(笑)。これは楽しい!
危険箇所も多いので注意が必要ですが、こういう登山は久しぶりで(冬は危険だから避けてた)、しっかり楽しみました♪
右後方には蓮ダムが見えます。風が強くて汗の量も半減。

迷岳へ
お花♪ ピンクがキレイです^^
聞こえてくるのは鳥の声と風の音だけ。土曜日なのに誰にも会いません。

迷岳へ
8:54 飯盛山 北峰に到着。標高809m。展望無し。
飯森山は南峰と北峰があります。南峰が930mと標高が高いので、南峰を指して飯盛山と言うのかな?
標高差よりもその間の距離が長くて、概ね1キロ近くあると言うので、これはもう別々の山じゃん!と私は思うのですが^^;

何はともあれ、先に進みます。

迷岳へ
次は南峰を目指します。

迷岳へ
まだまだ険しい稜線歩きが続きます。気が抜けません^^

迷岳へ
ここらあたりが一番風がきつかったです。飛ばされそうになる帽子を手で押さえて登ってました。

迷岳へ
右:自然林、左:植林。そこそこ細尾根。

迷岳へ
ちょっとだけ開けたところ。ここから向かう南の稜線が木々の間から少し見えます。
しかし本当に木がジャマで展望の無いコースだわ^^;
天気はかなり回復して、晴れてきてるんだけどなー

迷岳へ
なんか面白いから撮りました。根の下はけっこう空洞なのね^^
この付近で鹿2頭を見ました。びっくりさせてゴメンねー

迷岳へ
なぁんて思っていたら、9:40 唐谷コースとの出合いに到着!
あれれ? 飯盛山の南峰はいつ通過したの?( ̄Д ̄;;
全然気づかなかったよ!
上の写真の案内板には、「迷岳50分」とありました。もうちょっとだね。

迷岳へ
ちょっと良い感じの登り。(↑クリックすると大きくなります。)
細尾根歩きはもう終了のようです。

まだまだ緑が少なくて、景色が茶色いです。山にはシャクナゲが多いので、シャクナゲの季節がベストシーズンなのかも。

迷岳へ
最後の急登を登り切れば頂上、かな?

迷岳へ
10:07 迷岳 山頂! 標高1309.1m。(↑クリックすると大きくなります。)

唐谷コース出合から30分かからなかったよ^^;
と言うか、登山口から2時間7分で頂上に着いてしまった・・・(予想外)

迷岳へ
山頂は、下調べどおり、展望無し!(笑)
木がジャマでほとんど見えません。でも広くて居心地は良いです^^
そして、土曜日なのに誰もいない!

しばし小休止。
さて、どうしようかな・・・(前回の大洞山・尼ヶ岳と同じパターン^^;)
予定していたよりも早く着いてしまった・・・

時間もあるし、出来れば口迷岳まで行ってみたい!が。
私はMAPもコンパスも持ってない人間なので、下調べだけが頼みの綱。ネットで調べてても、この先口迷岳までのコースは迷いやすいとか書いてあったような気がする。

急遽、迷岳行きを決めたのでデータ不足。そして、誰か他の人に聞こうにも誰もいない!

・・・。

なんか悔しいけど、仕方ないのでピストンで下山することにしました○| ̄|_
行きに気づかなかった飯盛山の南峰にも注意して下山することにします。

迷岳へ
下山を始めてしばらくして気づいたのですが、なにやら西の空の雲行きがあやしい・・・?
上空はまだいい天気で太陽が出ているのですが、全体に雲が多くなってきています。「あーこれは雨降るかな?」と思いながら少し足を速めます。
10:39 唐谷コースとの分岐を通過。

迷岳へ
10:50 飯盛山 南峰! あった!!
山頂らしからぬ、やはり展望の無い山頂^^;

11:05 飯盛山 北峰を通過。
危険な岩も慎重にロープを使って下ります。

そのままどんどん下り、稜線をはずれて植林帯へ。
稜線をはずれると、やはり風が無く、ジメジメした道になりました(>_<。)

迷岳へ
空は曇ってきましたが、まだ雨は大丈夫そうです。

迷岳へ
11:34 登山口に戻ってきました!
行きには見えなかった飯盛山が遠くに見えます^^
でもだいぶ曇ってきていて、ちょっと暗くなってきました。雨が降る前に下山できて良かったー(雨対策はしっかり持ってますが。)

けっきょく最後まで誰にも会わず、静かな山行きとなりました。
コースは十分楽しめたし、迷わずに登れた。天気も大丈夫だったということで、今回も楽しい山歩きでした♪

帰ってログを見たら、距離はそんなに無いのに累積標高差が1000m超! 迷岳はかなり急峻なコースだったようで、次の日、ものすごーく久しぶり!に筋肉痛になりましたとさ^^;


コースデータ
 距  離  約8.5キロ
 累積標高差 1,177m
 所要時間  3時間34分(休憩含む)

コースタイム
 8:00 登山口 → 8:37 稜線 → 8:54 飯盛山 北峰
 → 9:40 唐谷コース出合 → 10:07 迷岳 山頂 10:20
 → 10:39 唐谷コース分岐 → 10:50 飯盛山 南峰
 → 11:05 飯盛山 北峰 → 11:13 稜線から植林帯へ
 → 11:34 登山口



いつもありがとうございます!
よろしければ↑ポチッ☆と押してください。
 
スポンサーサイト

コメント

迷岳も「はやっ!」(笑)

桜色の鹿さん、こんにちは。先の週末、迷岳登ってきました。帰ってきて、コースタイムを拝見しますと、予想どおり私の半分(笑)。このころからすでに俊足振りを発揮されていたわけですね。

>なぁんて思っていたら、9:40 唐谷コースとの出合いに到着!
あれれ? 飯盛山の南峰はいつ通過したの?( ̄Д ̄;;
全然気づかなかったよ!(桜色の鹿さん)

全く同じでした。 私も気づかずに「もう飯盛山の頂上についてもよいはずなのにいったいどうなっているのだろう。ものすごい遅れだな。」と半ば嫌気がさしたころ唐谷分岐に着きました。(桜色の鹿さん)

>飯盛山のとんがり具合がなんとも惹かれるコースです^^(桜色の鹿さん)

私の好みも「とんがり山」、それから(前に書いた)「信仰の山」、そして後ひとつ、「海が近くに見える山」です。「近くに」ということで、あまり標高の高くない山が良いです。たとえば石鎚山からは瀬戸内海が見えますが、私にはちょっと景色が遠すぎますね。

jack77bettyさんへ

迷岳、行かれたのですね。
飯盛山の「存在感無さすぎ!」に賛同いただけて、なんかウレシイです(笑)
まだ山歩きを始めたばかりの頃の自分の記事を読むと、赤面ものですね^^;
jack77bettyさんの好みの山についてですが、伊勢の朝熊山とかいかがでしょう? 少々スカイラインが邪魔かもしれませんが。
どれとも、もう登られましたか?^^

朝熊山

桜色の鹿さん、おはようございます。RESありがとうございました。

>足の爪が相変わらず痛む下山は、私にとっては登りよりもツライ^^;
>久しぶりの登山靴で、長らくこの痛みも忘れていたな足が痛むのは

足の痛みはつらいですね。私も迷岳のくだりで難儀しました。靴選びは難しいですね。失敗して無駄にするのもまたつらい。

>伊勢の朝熊山とかいかがでしょう

朝熊山は何度か登っています。昨年の正月には二瀬橋コースから登りました。
余談ですが、この山の約10キロほど南東にある青峯山も頂上直下に正福寺というお寺を抱えた信仰の山で、ご参拝の方も結構おられます。

jack77bettyさんへ

こんにちは。
やはり朝熊山にはすでに登られてましたか^^ さすがです。
青峯山は知りませんでした。伊勢は微妙に遠くてなかなか足が向きませんが、海の見え方が良さそう。
そういえば、鈴鹿南部の山からも海が見えますね。入道は椿大神社でしたか。先日登った霊仙山からは琵琶湖が見えました♪(霞んでましたが)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://deer2010.blog96.fc2.com/tb.php/34-32caa776

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  まとめ
copyright © 2005 鹿の山歩き。 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。