FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年 鈴北から御池岳・藤原岳。その1 

blog110430.jpg
藤原岳のアセビ。(↑クリックすると大きくなります。)

ゴールデンウィーク前半の4月30日(土)、E氏と鈴鹿山脈の御池岳・藤原岳に登ってきました。
天気予報では直前まで「晴れ」。降水確率も10%以下という絶好の登山日和になるはずだったのだけど・・・。

予定コースは、
鞍掛峠→鈴北岳→鈴ヶ岳→鈴北岳→御池岳→ボタンブチ→カタクリ峠→白瀬峠→藤原岳→白瀬峠→カタクリ峠→コグルミ谷登山口
です。

名阪国道から東名阪に入り、四日市ICで下りてR306へ。
6:50 鞍掛トンネル東側の駐車場に到着しました。
この時点で、空は曇天 Σ(T∇T) あれ?今日は晴れて暑くなる予報だったよね・・・?
(朝5時前に自宅を出ているため、気象台5時発表の予報はチェックできてません。)
 
鈴北~御池~藤原
鞍掛峠の看板。
トンネル横の駐車スペースは、すでに車がいっぱいで、あと数台で満車状態という人気ぶり。
ほとんどの人が駐車場から国道を下り、コグルミ谷登山口に向かう中、私たちは準備して鞍掛峠に登る登山口へ。

鈴北~御池~藤原
7:00 スタートです。しっかし、曇ってるなぁー( ̄_ ̄|||)どよ~ん

鈴北~御池~藤原
登山届のボックスはあるのに、「この道で合ってるのかな?」と心配なぐらい案内がありません^^;

鈴北~御池~藤原
電力会社の作業道になっているため、とても整備されたコースを登ります。

鈴北~御池~藤原
15分で鞍掛峠に到着。分岐を左へ。

鈴北~御池~藤原
鈴北まで、見晴らしの良い尾根道が続きます。(すごい曇ってるけど)

鈴北~御池~藤原
木々にはまだ葉がありません。バイケイソウがあちこちで芽吹いてます。

鈴北~御池~藤原
鈴北岳が見えてきました!(↑クリックすると大きくなります。)
今回予定している山の中では鈴北岳が一番見晴らしが良いとありましたが、なるほど、木が無い!
そして、まだ残雪がありました!

鈴北~御池~藤原
振り返って見ても良い眺め♪(↑クリックすると大きくなります。)
空は曇っていても、山は結構見えるわん^^ 北に霊仙山、伊吹山。

さて、ひと登りしたら鈴北岳山頂です。

鈴北~御池~藤原
8:00 鈴北岳山頂。標高1182m。
見晴らしは確かに良いですが。えー風が強くてとても寒いです( ̄Д ̄;;
暑くなると思って暑さ対策してきたのに、何よ、この寒さ!
いや、上着も持ってきてるけどね。

ここから、予定どおり鈴ヶ岳に向かうことにします。

鈴北~御池~藤原
鈴北の斜面にはたくさんのバイケイソウ。

鈴北~御池~藤原
フクジュソウ。

鈴北~御池~藤原
いったん鞍部まで下って、登り返すと鈴ヶ岳です。

鈴北~御池~藤原
8:20 鈴ヶ岳山頂。標高1130m。
ひとつ横の山に来ただけなのに、鈴北の暴風が嘘みたいに無風。不思議です^^;
見晴らしは鈴北岳の方が良いです。

鈴北~御池~藤原
(↑クリックすると大きくなります。)
8:42 鈴北岳に戻ってきました。やはり風が強くて、指先の感覚が無くなってくる~(>_<。)~
さくっと御池岳に向かいましょー

鈴北~御池~藤原
(↑クリックすると大きくなります。)
所々に雪はありますが、歩くコースはほぼ乾いた状態なので、靴が汚れる心配もなさそうです。

このコースを調べていて気になるキーワードがありました。それは「日本庭園」。
なにやら素晴らしい景色が見られるとか。
それは ぜひ見たい~★
御池岳に向かう途中で見られるようなので、途中案内看板とかあるかな~と、詳細が分からないまま進みます。

コケの上を歩いたら ふかふかで気持ちいい、とか
鈴北~御池~藤原
雪の塊と池の面白い関係(↑)とか、それなりに楽しんでいたら、御池岳への分岐に到着。
あれ?
日本庭園ってどこ? 無かったよねぇ?

仕方なく御池岳へのコースを登ります。

鈴北~御池~藤原
空はあいかわらずの曇天。気温も全然上がりません。
御池に向かう途中で2カ所ほど土がぬかるんでいるところがありました。

鈴北~御池~藤原
これを登り切ると御池岳。

鈴北~御池~藤原
9:10 御池岳山頂。標高1247m。
山頂は狭くて展望もありません。
先行者の方に日本庭園のことを聞いたら、鈴北から下ったところの分岐を右にいくと日本庭園と呼ばれる一帯を回るように御池に登れると教えていただきました。
そ、そうだったのか・・・( ̄Д ̄;;
今年は寒い日が続いたから「まだちょっと早いかな」とのこと。
ちなみに、タテ谷コースを登ってこられたそうです。

また、しばらくして藤原岳から縦走してきた登山者の方が登ってこられました。早っ!
ここまで3時間ぐらいとおっしゃってました。

さて、せっかくだからボタンブチの方に行こうか、ということで出発。
鈴北~御池~藤原
しばらく行くと広いトコロに出ました。が! ここも寒いΣ(T∇T) 風が痛い!
ボタンブチには途中で右に折れるのですが、寒いし、見える景色に大差はなかろうということで、真っ直ぐ奥ノ平へ。
鈴北~御池~藤原
奥ノ平。ここの南東の斜面には根雪がたっぷりありました。(藤原岳からバッチリ見えます)

次はカタクリ峠・白瀬峠に向かいます。
いったん来た道を引き返し、御池岳を下ります。途中「○合目」の看板があります。下からたくさんの登山者の方が登ってこられてました。
コースは、溶けかけの雪がまだあって、靴がドロドロになりそうだったので、コースをはずして水気の少ない斜面を選んで下りました。(落ち葉が滑るので注意が必要ですが)

鈴北~御池~藤原
鈴北岳からのコースに合流し、右へ。
しばらく行くと真ノ谷コースとの分岐に。真ノ谷コースがよく分からなかったので、左に折れてカタクリ峠方面へ。カタクリ峠までは沢山の登山者、団体さんとすれ違いました。
天気が悪くても、やはり人気の山ですねー。

鈴北~御池~藤原
9:53 カタクリ峠(コグルミ谷分岐)に到着しました。


〈つづく〉


いつもありがとうございます!
よろしければ↑ポチッ☆と押してください。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://deer2010.blog96.fc2.com/tb.php/36-45cae8f6

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  まとめ
copyright © 2005 鹿の山歩き。 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。