FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年 鈴北から御池岳・藤原岳。その2 

鈴北~御池~藤原

*4月30日(土) 鈴北から御池岳・藤原岳周回のつづきです!

9:54 カタクリ峠(コグルミ谷分岐)に到着しました。
カタクリ峠には沢山の登山者の方が休憩されていました。帰りはここからコグルミ谷に下る予定です。
ちなみに、カタクリの花は見つけられませんでした。
そんなにしっかりと探して歩いていたわけでは無いので、もしかしたらあったのかもしれませんが、あったら気づくと思うし・・・

峠にいる方達はほとんど御池岳に向かうようです。わたしたちは白瀬峠を目指します。

 
鈴北~御池~藤原
もう4月も終わり、明日から5月だと言うのに、緑が全然ありません^^;
たまにタムシバが白い花をつけてました。

カタクリ峠から先こっちのコースは歩いている人は激減したものの、それでも数人と出会いました。

白瀬峠までは、冷川岳を越えていきます。すでに足に疲れが溜まってきているので、登りのペースが落ちてきました。

鈴北~御池~藤原
10:14 冷川岳到着。標高1054m。

鈴北~御池~藤原
そして3分後、またしても冷川岳のプレートが。標高が1050mとあります。あれれ?さっきより低いけど、どっちが山頂なんでしょうか^^;
冷川岳を下ると白瀬峠です。

鈴北~御池~藤原
10:19 白瀬峠。白瀬峠からは坂本谷に下ることができます。
私たちはそのまままっすぐ目の前の坂を登ります。
しかし、登っては下り、登っては下り・・・疲れる0(>_<)0

鈴北~御池~藤原
しばらく登り続けると鉄塔が見えてきました。

鈴北~御池~藤原
10:35 頭蛇ヶ平(ずだがひら)に到着!
ここは見晴らしがいいですねー。・・・やはり風がきつくて寒いけど。

鈴北~御池~藤原
御池方面もバッチリ★(↑クリックすると大きくなります。)

藤原岳方面の空がだんだんと暗くなってきているのが心配で、先を急ぎます。

鈴北~御池~藤原
頭蛇ヶ平~藤原岳 のコースは良い感じのコース♪ 天気が良ければきっと最高だったハズ!

鈴北~御池~藤原
積雪のある時に歩きたいなーと思いました。

鈴北~御池~藤原
天狗岩との分岐に到着。どうする?とE氏と相談。「とりあえず藤原岳を踏んでから、帰りに余力があったら行こう!」ということで藤原山荘に向かいます。(かなり天気が悪くなってきていた。)

鈴北~御池~藤原
藤原岳~天狗岩 間は歩く人が多くなり、何人かとすれ違いました。

鈴北~御池~藤原
白い岩石がゴロゴロしています(↑クリックすると大きくなります。)

鈴北~御池~藤原
ようやく藤原山荘! 長かった~^^;
山荘の付近には、沢山の人が! すごい人気ですね。
11:10 藤原山荘に到着。 お腹が空いていたけど、とりあえず通過。展望丘を目指します。

展望台に向かう途中で、とうとうポツリと雨が来ちゃいました。
軽く雨をしのげる上着は持ってきてるけど、本格的な降りになったらヤバイなー
(天気予報で「晴れ」だったのでレインウェアは置いてきた。天気予報の嘘つきー!)

鈴北~御池~藤原
11:19 藤原岳展望丘。標高1140m。
人が沢山いて写真が撮りにくい^^;

鈴北~御池~藤原
御池岳が見えました♪(↑クリックすると大きくなります。)

鈴北~御池~藤原
こっちは竜ヶ岳。(↑クリックすると大きくなります。)
以前、竜ヶ岳から御池・藤原を見た時は超晴天だったんだけど^^;

※竜ヶ岳に登った時のブログはこちら
 http://deer2010.blog96.fc2.com/blog-entry-32.html

風も強くて寒いので、少し風のあたらないところに降りてお昼ご飯。
雨はポツポツと降り止まず、撥水の上着を着用。それでも寒くて体が震えるし。
食べ終わるとすぐに移動開始。
藤原山荘に戻りトイレを借りて、もと来た道をコグルミ谷分岐まで戻ります。
天狗岩の分岐で、またしても「どうする?」と相談。雨が心配なので、今回は残念だけどパスすることにしました。
帰りは雨のせいもあって、ちょっと早足です。でも体が疲れているので思うようには進まず^^;

12:22 白瀬峠。
ここまで来ると雨はあがりました。良かったー
団体さんが休憩されてました。
さて、冷川岳への登り。これが疲れた足にはキツイのなんの へ(×_×;)へ

鈴北~御池~藤原
ゆっくりペースで冷川岳を越え、ようやくカタクリ峠(コグルミ谷分岐)に到着。
行きと違って、誰もいません。雨の心配も遠のき(空がちょっと明るくなってきた)、ちょっと休憩します。
雨のせいもあり、予想より早い下山になりそうです。

鈴北~御池~藤原
(↑クリックすると大きくなります。)
コグルミ谷コースも上部は雪解けの影響で土がゆるんでいるトコロがありましたが、途中から伏流水の谷を下るようになってます。

途中、狭いコースで斜面にへばりつくように一眼レフデジカメを構えている登山者の方がいて、何を撮っているのかお聞きしたら、「ミノコバイモ」とのお返事。なるほど、よく見ると斜面の上の方に何個か咲いていました!(通常コースからコンデジでは撮影不可能なトコロです)
今日は一眼レフを持っている方を多く見かけましたが、皆さん目がいい!

鈴北~御池~藤原
石灰岩質の滑りやすいコースを慎重に下っていきます。こちらもバイケイソウがたくさん芽吹いてました。

鈴北~御池~藤原
車の走る音が聞こえてきて、そろそろ登山口かな?と思っていると、国道が見えてきました。
13:12 コグルミ谷登山口。
鈴北~御池~藤原

R306のカーブしているトコロにある登山口ですが、周辺に登山者のものと思われる車の路駐がすごくてビックリ!
・・・あんぐり(*゚ロ゚*)
国道の端に寄せて縦列駐車が続いています。

鈴北~御池~藤原
コグルミ谷登山口から鞍掛峠の駐車場まではアスファルトの国道を歩きます。(標高差260mの登りです) 疲れている時のアスファルトの登りはキッツー
駐車場に向かう途中の道路も路駐が続き、少しでも広くなっているトコロがあれば、車を停めているという状況^^;
コグルミも専用駐車場があればいいですが、ねー。

で、13:27 ようやく鞍掛峠トンネル横駐車場に帰ってきました!
とにかく疲れました。
山歩きで20キロ超!よく歩いたなー
でも無事下山できて良かったです。天気が晴れなら、さらに良かったのですが。(晴れだったら、もっとゆっくり下山してたでしょうけど)

帰りは阿下喜温泉に寄って汗を流して帰りました!
は~ サッパリ★


コースデータ
 距  離  約22.3キロ
 累積標高差 1,744m
 所要時間  6時間27分(休憩含む)

コースタイム
 7:00 鞍掛トンネル横駐車場 → 7:15 鞍掛峠分岐 → 8:00 鈴北岳
 → 8:20 鈴ヶ岳 → 8:42 鈴北岳 → 9:10 御池岳 → 9:22 奥ノ平
 → 9:53 カタクリ峠 → 10:14 冷川岳 → 10:19 白瀬峠
 → 10:35 頭蛇ヶ平 → 10:55 天狗岩分岐 → 11:10 藤原山荘
 → 11:19 藤原岳展望丘 → 12:14 頭蛇ヶ平 → 12:22 白瀬峠
 → 12:30 冷川岳 → 12:44 カタクリ峠
 → 13:12 コグルミ谷登山口 → 13:27 鞍掛トンネル横駐車場



いつもありがとうございます!
よろしければ↑ポチッ☆と押してください。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://deer2010.blog96.fc2.com/tb.php/37-1b771983

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  まとめ
copyright © 2005 鹿の山歩き。 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。