FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年 高畑山・那須ヶ原山。鈴鹿峠からピストン 

blog120110.jpg
稜線歩きは楽しいよね♪(↑クリックすると大きくなります。)

1月10日(火)、年明け6連勤のあとの週休日。
鈴鹿の最南の稜線歩きに行ってきました!

12月以降あまり山歩きしてないし、長く風邪をひいていたので、かなり運動不足ぎみ。体力もおちていると思うけど、「たっぷり稜線歩きがしたい!」と思い、鈴鹿峠から鈴鹿山脈端っこに向けて歩くことにしました。
ちなみに、鈴鹿の端っこは油日岳です。

車1台なのでピストンになります。
自分なりの冬山ルール「11時の時点で折り返す」ことにして、行ける所まで行ってみよう♪
 
 
名阪国道を関インターで下りて国道1号へ。滋賀県境に向けて走り、鈴鹿トンネルを抜けてすぐに左折。「万人講常夜灯」を過ぎてすぐの茶畑に駐車スペースがあります。
鈴鹿峠に積雪や凍結はありませんでした。

空を見ると、残念ながら天気はあまり良くありません。
高畑山は展望の良い山だから、期待してたのに。残念。
準備をして、7:23 山歩きスタート!

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
登山口。レリーフがあります^^

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
分岐から山道へ。まだ雪はありません。
表示には「油日岳まで約5時間」とあります。雪が無い時なら、十分行ける距離ですが・・・

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
登り初めてすぐに雪がちらほら。

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
だんだんと雪が増えてきました。こーすにはトレースがしっかりあります。連休中に数人が登っているようです。

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
7:59 ナイフエッジの看板。

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
ここらあたりがナイフエッジかな?(↑クリックすると大きくなります。)
ロープがあるので問題ありません。

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
8:18 高畑山 山頂。標高773m。
高畑山は登山口から1時間かからずに登れるお手軽な山ですが、展望が良いのが特徴。
残念ながら、この日は天気が悪くてダメみたい。

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
歩いてきた稜線。(↑クリックすると大きくなります。)

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
鈴鹿の山々が見えるハズの方向。(↑クリックすると大きくなります。)
帰路に期待しましょう。

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
これから歩く山々。(↑クリックすると大きくなります。)
右手前の稜線から真ん中の峠に下り、奥の稜線に登って、見えている稜線の端まで行きたいと思ってます^^

遠望がきかないので、さっさと出発~

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
まずは隣の溝干山へ。(↑クリックすると大きくなります。)

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
少しだけ樹氷が残ってて、いい感じ~❤(↑クリックすると大きくなります。)

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
溝干山近影。(↑クリックすると大きくなります。)

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
8:38 溝干山 山頂。標高770m。
展望はありません。樹氷だけ楽しみましょ~^^

ここから先、坂下峠にいったん下ります。

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
峠向かいの山に登り返しになります。(↑クリックすると大きくなります。)

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
下りの途中で「直進危険」の看板。表示に従って左の巻き道へ。

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
下りきったトコが坂下峠。

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
実はここ、林道(ほとんど廃道?)が通っていて、国道1号まで出ることができます。車での通行は不可能ですが、オフロードバイクがたまに通るようです。

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
坂下峠の看板。
まずは唐木山への登り返しです。

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
登り返し途中から溝干山を振り返る。(↑クリックすると大きくなります。)
反対側とはガラリと印象が変わりますね^^;

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
これから向かう唐木山。(↑クリックすると大きくなります。)
ちょっとした岩山ですね。

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
山に向かう前に、唐木のキレットの看板があります。

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
ガレ注意と巻き道の案内。ついで、この先何度も目にすることになる「三点確保」の注意書き。
素直に巻き道の方へ。無理はいけません^^

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
唐木山 近影。(↑クリックすると大きくなります。)
この岩を左から巻くように道があります。

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
巻き道は日陰になってるので、ある意味雪が凍っていて危険です^^; ここにも三点確保の表示あります。

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
9:11 唐木山 山頂。標高720m。
さっき見ていた岩の上です。南側の展望だけ良いです。

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
すこし青空が見えだしました。このまま晴れてくれたらウレシイですが・・・

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
雪は深いところで30センチぐらい。まだトレースがばっちりあります。
一番最初に歩いた人のトレースを正確に皆踏んでいるようで、ツボ足の形がくっきりですw

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
次は三ツ頭山を目指します。

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
(↑クリックすると大きくなります。)
あまり展望のよくない稜線歩きですが、たまに開けたところがあります^^
写真はこれから向かう三ツ頭山と那須ヶ原山。

この日はなぜか全然寒くなくて、暑いぐらい。末端冷え性の私が手袋を外すぐらいの陽気(笑)
たまに風が吹くと「気持ちいい~」って、厳冬期とは思えないわー^^;

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
青空が覗いて太陽が出てきても、遠くの景色は霞んだままで遠望はききません。

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
時間表記がおおげさだけど、積雪時ならこれぐらいかかるかも^^;

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
三ツ頭山までは感じの良いコースです^^(↑クリックすると大きくなります。)
名が示すとおり、3つのピークからなる三ツ頭山。遠くから見るととても分かりやすい山容ですが、歩いているとよく分からない^^;
まぁ、そもそもこの稜線歩きでは10ほどのピークを越えていくことになるので仕方ないかな~。

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
ということで、いつの間にか 三ツ頭山。標高774m。

山頂を過ぎてしばらく進と右に折れます。那須ヶ原山への登りは、また三点確保な箇所が出てきます。雪にだけ気をつければ問題無いです。

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
那須ヶ原山に近づくと、ちょっと雰囲気が変わって、こんな道に。

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
那須ヶ原山への分岐。山頂へは稜線を少しだけ右に外れます。

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
9:52 那須ヶ原山 山頂。標高800m。
思っていたより早く着きました^^

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
那須ヶ原神社の祠は閉まってました。

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
北側だけ開けていますが、霞んでいて何も見えません。

ここで少し休憩。
時間を見ても、11時までに油日岳へは着けそうにありません。手前の三国岳で引き返しかなーなんて軽く思っていたのですが、はてさて^^;

10分ほど休憩したあと、分岐まで戻り、稜線を南へ。三国岳を目指します。
那須ヶ原山までしっかりあったトレースが、ここから先なくなりました。誰も歩いてないようです。
大丈夫かな~、わたし^^;(←実は下調べがあまり出来てないのデス。)

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
分岐から先はしばらく下りになります。
そもそも鈴鹿山脈最南端の山、油日岳は標高が690mしかありません。那須ヶ原山から100m以上低い山です。
とりあえず稜線を外さないように気をつけながら、どんどん下ります。
案内表示は無くなりましたが、木にテープがあるので、ちょっと安心かな。

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
下った稜線上から振り返る那須ヶ原山。(↑クリックすると大きくなります。)
この時(だけ)が一番晴れてたと思います。

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
それでも、遠くは曇っていて遠望はきかず。(↑クリックすると大きくなります。)

ここまでもそうでしたが、実は稜線は木が茂っていて、進むべき山が見えません。標高が下がってくると雪も減ってきました。

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
なんか、どんどん下ってるけど・・・大丈夫なの?
かなりの激下りに突入し、だんだんと心配になってきました。
テープはしっかり付いてますが・・・

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
そして衝撃的事実!!

通り過ぎてたらしい!∑(=゚ω゚=;) マジ!?

いつの間に?!

書かれている内容は、今まさに私が来た方向に三国岳があるということ。
そして、「踏跡程度・不明瞭箇所あり要読図」の文字が!

うそーん( ̄∀ ̄;)
こんなところに落とし穴が!

どうやら標高500まで下っていたようです。下りすぎー!
時間を見ると10:42。
まずい、三国岳にも行けない!!

あわてて引き返しますが、なにせ、どんどん下ってきちゃったから、登り返すのしんどーい!
那須ヶ原山までは、かなりしっかり案内表示があったので、カンペキ油断してました。

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
どうやらここが分岐のようです。標高690mぐらいの地点です。やはり案内表示はありません。
途中で右に折れなくちゃいけなかったらしい^^;
ここまで戻った時点で、11:04。
あー、やっぱりタイムアップかぁ~orz

コースを間違えたせいで三国岳に行けず、テンションだだ下がりの引き返しとなりました(T-T )
(なんでコース間違うとこんなにテンション下がるのか不思議^^;)

一番下ったところから那須ヶ原山分岐までひたすら300mの登り返しは正直キツイです。

11:36 那須ヶ原山分岐。ここで少し休憩。
11:58 三ツ頭山 通過。
12:18 唐木山 通過。

唐木のキレットを過ぎ、溝干山を正面に見ることができる岩場でお昼休憩にしました。

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
溝干山(左端)と高畑山(3つ連なってる真ん中)。
うーん、やっぱり天気は良くありません。

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
ちなみに。こういう所で食事してました。
岩の上は快適でしたが、落ちたら確実に死ねるねw

休憩後、坂下峠まで下り、溝干山へ登り返し。

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
往路は勢いで下ったけど、実はこんな道です^^;
雨の後とか雪が積もってる時は、完全にずぶ濡れになると思います。
この日は乾いていたけど、突入するのに気合いが必要でした(笑)

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
登りの最中で歩いてきた稜線を振り返る。うーん、往路の方がキレイに見えてたかな。

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
奥の左より、3つ波打ってるのが三ツ頭山、その右に那須ヶ原山。ということは、そのさらに右にあるのが三国岳と油日岳なのかな?

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
登り返していたら、また太陽が出てきました。暑いからもうイイよ~^^;

12:58 溝干山 通過。

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
溝干山近くからの展望。(↑クリックすると大きくなります。)
行きには見えなかった街並みが見えるようになってました^^

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
高畑山 近影。(↑クリックすると大きくなります。)
行きはまったく何も見えなかった高畑山からの眺め、少しは見えるようになってるといいなー。

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
13:17 高畑山。(↑クリックすると大きくなります。)
行きよりも見えてる!! あんまり良くは無いけど^^;

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
鈴鹿の山々。(↑クリックすると大きくなります。)
無茶苦茶見にくいけど、綿向、雨乞、御在所、鎌・・・入道? 野登? がうっすらと(笑)
心の眼で見てね!(笑)

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
あとはのんびり下山するだけ。稜線歩きも終盤です。

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
あ、往路では書かなかったけど、ここも実は一部こんな道です^^;
防水or撥水パンツ+スパッツが必要よ~

とても暖かい日だったので、帰りにはかなり雪が柔らかくなってました。しばらく天気が続いたら雪が無くなっちゃうかもです。

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
13:55 無事に下山。
久しぶりのガッツリ稜線歩きで、疲れました~
やっぱりかなり運動不足だったようです^^;

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
車はわたしの1台だけ。山歩き中に出会った登山者0人。静かな山歩きでした。

鈴鹿の最南 稜線歩き♪
すぐ近くの「万人講常夜灯」にはトイレと水道があります。
帰りはここの水道で靴の汚れを洗い流すことができました。感謝!

本日の反省点。
コースはちゃんと予習しておくこと!
コレにつきますね^^;

あと、冬の登山靴を履いていたのですが、また両足とも親指の爪を傷めてしまいました。生え替わるのを待たなくてはいけません( ノД`)シクシク…
ちなみに、登山始めてから3回目です。もう慣れたけど。
しばらくは靴を履くのも痛いなー( ノД`)シクシク…


コースデータ
 距  離  約16.8キロ
 累積標高差 1,628m
 所要時間  6時間32分(休憩を含む)
コースタイム
 7:23 鈴鹿峠 → 7:59 ナイフエッジ → 8:18 高畑山 → 8:38 溝干山
 → 8:50 坂下峠 → 9:11 唐木山 → 9:33 三ツ頭山 → 9:52 那須ヶ原山
 → 10:41 引き返し → 11:36 那須ヶ原山分岐 11:45 →
 11:58 三ツ頭山 → 12:18 唐木山 → 途中でお昼休憩 → 12:41 坂下峠
 → 12:58 溝干山 → 13:17 高畑山 → 13:55 鈴鹿峠



いつもありがとうございます!
よろしければ↑ポチッ☆と押してください。

 
スポンサーサイト

コメント

No title

六甲山ほどの標高なのに、雪があるのは
やはり日本海から琵琶湖を通って吹いてくる偏西風の影響なんでしょうね。
足の爪、何か工夫あればいいですね、お大事にm(_ _)m

No title

今日は、天気もイマイチなので山登りをやめましたが、次回このコースをパクらせてもらいます。(昨夜拝見した段階では、このコースを歩く予定にしていました。)
この時期、みんな登る山が同じになり(三峰山・高見山などなど)、ちょっと気合が入りません。と言いながら、今年の1回目は、そのカテゴリーに入る綿向山でした...
ピーカンならば樹氷も映えますが、ガスの中の樹氷は、すでにたっぷり堪能せていただいているので、次は低山でも違う山をのんびりと歩きたいと思っており、最有力候補だったうえに、鹿さんの記録。
参考にさせていただき、次回歩きに行きます!
ありがとうございます!

元気ですねぇ(^.^)

長距離の歩き、すごい健脚ですね。
びっくりです。(^.^)

ニッコーさんへ

鈴鹿は低山のわりに積雪量が多いですよね^^;
中でも、霊仙・御池・藤原・釈迦・雨乞あたりは豪雪という・・・
ラッセル好きにはたまりませんね(笑)

今回の高畑・那須ヶ原あたりは、普通は積雪が少なくて、まったく雪が積もらない年もあるぐらいで、今年はクリスマス寒波の影響かと思われます。

足爪はほっとけば治るのでイイのですが、痛みのせいで踏ん張れず、その結果危険なことにならないようにだけ、注意しないと!と思ってます^^;

yas94086 さんへ

おお、タイムリーでしたか^^
今年は雪が多いから雪上稜線歩きを楽しむことができました。
そのうち雪は溶けちゃうと思いますが、天気の良い時には最高の展望かと思われます。
お気を付けて楽しんで来てくださいね~(≧▽≦)
私と違って大丈夫だと思いますが、コース間違いにはご注意を^^;

つっつんさんへ

いやいや、武奈ヶ岳とか御池の写真を拝見いたしましたが、かなりのラッセル。つっつんさんの方がタフですよ~w
わたしは自分の身一つなら、持久力もあるし体力もある方ですが、重い荷物を背負ったり、ラッセルしたりと負荷がかかると全然ダメなんですよね^^;
足も痛いし、次はどこに登ろうか、かなり迷います。
(スコッチさんが台高に行くと言っていたので、その結果を聞いて、候補に入れたいと思ってます。)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://deer2010.blog96.fc2.com/tb.php/69-7f7bf024

まとめteみた【鹿の山歩き。】

稜線歩きは楽しいよね♪(↑クリックすると大きくなります。)1月10日(火)、年明け6連勤のあとの週休日。鈴鹿の最南の稜線歩きに行ってきました!12月以降あまり山歩きしてないし、長く風邪をひいていたので、かなり運動不足ぎみ。体力もおちていると思うけど、「...
  • [2012/03/20 12:12]
  • URL |
  • まとめwoネタ速suru |
  • TOP ▲

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  まとめ
copyright © 2005 鹿の山歩き。 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。