スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年 風越山から独標蕎麦粒岳。

2012 05 09
blog120507.jpg
目の前に三沢岳(≧▽≦)
山頂から見る中央アルプス。(↑クリックすると大きくなります。)

GWはずっと仕事で、GW明けに1日だけ休み。
「絶対、山に登ってやる-!」とストレスを貯めていました(笑)
5月7日(月)、中央アルプスを真横から眺めよう!ということで、選んだのが「独標蕎麦粒岳」。
天気はイマイチのようだけど決行です!

蕎麦粒岳
風越山登山口から引き続いて三沢岳まで尾根が伸びていますが、その途中にある展望の良い山です^^
標高2,338.7m。
「蕎麦粒岳」と言った時、私が今回登った山とは別に、隣のピークが真の蕎麦粒岳であるとする説もあり、今回は「独標」蕎麦粒岳という表記にしました。

 
 
登山口までの道のり;中央道中津川ICを下りてR19を北上、「小野の滝」信号を右折、「木曽駒ヶ岳登山口」の標識に沿って走ります。
途中にある大きくて立派な橋「吉野橋」を右折で渡り(木曽駒登山口は直進)、あとは道なりに真っ直ぐ。分岐は全て直進で、東野林道に入っていきます。舗装されたキレイな林道で安心^^

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン
予定よりもかなり早く、6:05に登山口駐車場に到着。
簡易トイレがあります(キレイです)。無理して3台ぐらい停められます。

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン
準備をして、6:10スタート。

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン
風越山登山口。

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン
カヤトの丘までは、かなり急登です。スロースターターの私には厳しい~^^;
前日降った雨のせいで滑りやすいので、ゆっくり登って行きます。

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン
カヤトの境。
ここからしばらく樹木が無く、眺めが素晴らしいです!!

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン
御嶽山と乗鞍岳!(↑クリックすると大きくなります。)

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン
御嶽山のアップ。(↑クリックすると大きくなります。)

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン
乗鞍岳のアップ。(↑クリックすると大きくなります。)
かなり霞んでますが、見えました^^

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン
木曽谷を見下ろすパノラマ。(↑クリックすると大きくなります。)
左手前の山は糸瀬山。その向こうに南木曾岳、さらに向こうには恵那山かな。

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン
6:57 カヤトの丘。

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン
カヤトの丘からの眺め。(↑クリックすると大きくなります。)

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン
目指す蕎麦粒岳が見えます。(奥のトンガリシルエットの真ん中)

カヤトを抜けるとカエデやブナの明るい森になります。コバイケイソウがたくさん芽吹いてました^^

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン
風越の頭。
ここまでくると風越山頂はすぐそこ。

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン
7:12 風越山 山頂。標高1,698.5m。
山頂というより「通過点」という感じです。(帰路撮影)

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン
山頂を過ぎてのしばらく行くと、「中央アルプス展望」があります。

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン
「展望」からの眺め。(↑クリックすると大きくなります。)
(帰路撮影)
木曽前岳・木曽駒ヶ岳・中岳・宝剣岳・三沢岳。

まだ先は長いので写真撮影だけして先に進みます。
ここから先は、公式の「登山道」はありません。しばらくは普通の登山道が続いてますが、さてさて。

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン
踏み跡は、分かりやすい所もあれば、まったく不明な所もあります。基本的に踏み跡は薄いです。

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン
しかし、まだこの辺は赤テープが間断なく続いているため、踏み跡よりもテープを探しながらテキトーに登っていけます。たぶん、皆そうやって自分の歩きやすい所を歩くので明確な踏み跡が無いのかも^^;

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン
倒木地帯もあります。コースは不明瞭。テープは北側に回り込むようにありました。

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン
登り切ると、いったん平坦な開けたピークに出ます。
ここがどうやら1,880m峰のようです。ということは、この先が噂の笹藪こぎかな^^;

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン
正解でした!(嬉しくない^^;)
1,880m峰からは下りになりますが、ここから笹藪こぎになります。
覚悟はしてたけど、突入するには、少し心の準備が必要でしたw

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン
下りなので、前方が開け、これから向かう山々が見えます。一番手前は天狗山の前尾根、その奥に天狗山、その次が独標蕎麦粒岳の前衛峰、さらにその次に独標蕎麦粒岳です。
まだまだアップダウンは多いよ~。

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン
しかし・・・笹藪こぎは本当に厳しい!! 私の目線ではこんな感じです。
目を突かないように注意しながら、かき分けて尾根を進んでいきます。
ちなみに、まだ新しい蛍光ピンクのテープを追いかけるのが正解です。古めの赤テープを行くと藪こぎが恐ろしくしんどいことになります(経験者・談w)
当たり前ですが、踏み跡は非常に分かりにくくなってます。笹藪の登りは特に、どこを登ればいいのか不安になりながら登りました。
また、笹が茂っていて分かりにくいですが、実はけっこう細尾根になっているところもあり、注意が必要です。

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン
天狗山の前尾根に出ました。
ここから先、天狗山の登りまでの間は、足場が非常に悪くなっています。南側はガレていて尾根は崩れが進行中。
特に砂礫になっているところは滑りやすく危険です!

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン
天狗山近影。(↑クリックすると大きくなります。)
かなりの岩岩です^^

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン
(↑クリックすると大きくなります。)
砂礫を通過すると、さらに痩せた花崗岩混じりのガレを通過します。
その後天狗山へと取り付くのですが、かなりの急登です。樹林帯に入るまでは背後にV字谷がパックリと開いているので、しがみつくようにして登りました。
うーん、緊張の連続です^^;

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン
岩がゴロゴロしていて、さらに凍っている箇所も多くなってきました。
かなり危険です。
しかも、目立つ蛍光ピンクのテープが少なくなり、白いビニール紐の目印が多くなってきました。かなり見つけにくいため、何回か間違いました。(間違うと大岩にぶつかってそれ以上進めなくなります。泣)

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン
迷いながらも登りきると、コメツガが鬱蒼と茂る薄暗い平坦地に。
天狗山の山頂のようです。

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン
8:59 天狗山 山頂。標高2,118m。
コメツガの木に色あせた赤テープが巻かれただけの山頂でした^^;
展望もありません。あっさり通過しますw

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン
(↑クリックすると大きくなります。)
天狗山を過ぎると、今度は独標蕎麦粒岳の前山が立ちはだかります。

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン
このコースは事前に調べた段階で、キョリが短いわりに累積標高差が大きいと分かってましたが、
+笹藪こぎ →体力を消耗
+ルート不明瞭(公式登山道は無し)→精神的に疲労
+危険箇所多し →体力・精神ともに消耗
=しんどい!!(当たり前ね^^;)

山慣れしたベテラン登山者さんには普通かもしれないけど、けっこう難易度高めだと思う^^;
なんといっても、女一人で登る山じゃ無いかも(ぉぃ
途中、何度も不安になりましたから^^;

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン
話が逸れちゃったので、山歩きレポに戻ります。
前山への登りは、鬱蒼として暗く、コースも分かりにくい上に、日陰にはしっかり残雪があります。
テープも少ないので、テキトーに登り、途中でテープを見つけて軌道修正、の繰り返し。
頑張って登りましょー。

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン
ようやく、蕎麦粒岳が目の前に~!(↑クリックすると大きくなります。)

前山を登り切ると、独標蕎麦粒岳が現れますが、実はコレは偽ピーク^^;
山頂はまだ先です。(登った後で気づいたw)

前山からは、花崗岩の露出した尾根+ミヤマビャクシンやハイマツで、いきなり高山的な景観になります。

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン
この段階でも、十分パノラマが堪能できて、中央アルプスも近いです^^
(↑クリックすると大きくなります。)

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン
よっし! 最後の登りだー!!(↑クリックすると大きくなります。)

気合いを入れ直して取り付きますが、意外と急峻で、残雪も多く踏み抜きも多いので、足の踏み場に気をつかいながらの登りになりました。

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン
登ってきた山々。(↑クリックすると大きくなります。)
奥に御嶽山が見えてますが、かなり霞んでしまってます^^;
もちろん乗鞍岳はもう見えなくなってました。

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン
左を見ると中央アルプスが近いので、チラチラ見ながら(危険!)登ってきます(笑)

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン
ようやく登りきると、山頂ではなく、ハイマツに覆われた平坦地に出ました。
アレー?

あたりをウロウロしますが、ハイマツがびっしりで、道はありません。
仕方がないので、絶対コースでは無いだろう茂みに突進して直進すると・・・

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン
蕎麦粒岳の山頂が現れました!(↑クリックすると大きくなります。)
アレは偽ピークだったのね~と気づいた瞬間(笑)

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン
9:57 独標蕎麦粒岳 山頂。標高2,338.7m。
(↑クリックすると大きくなります。)

蕎麦粒岳の山頂は360°の大パノラマヾ(@^▽^@)ノ
特に東側の中央アルプスはとても近くて迫力あります!

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン
檜尾岳・熊沢岳(だよね?笑)
(↑クリックすると大きくなります。)

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン
空木岳・南駒ヶ岳・越百山。
(↑クリックすると大きくなります。)
手前のギザギザが真の蕎麦粒岳かな?

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン
木曽駒ヶ岳・中岳のアップ。(↑クリックすると大きくなります。)
三沢岳が近すぎて、宝剣岳は隠れちゃうのね^^;

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン
糸瀬山方面。(↑クリックすると大きくなります。)

今まで登ってきて、帰路でもまだまだ気が抜けないコースだと重々分かっていたので、しっかり休憩。
大展望を眺めながら、早めの昼食。エネルギー補給と休憩。
欲を言えば、もうちょっと雲が無ければ最高だったんだけどな~

そういえば!
ふと思い出し、周りをキョロキョロすると・・・

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン
大岩に緑色のビン発見。
これが噂の!(笑)
中には作業記録と登頂記録が入ってます^^
また元の場所にちゃんと返しておきましたw

しっかり展望を楽しんだ後、10:25 体が冷えてくる前に下山開始。

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン
(↑クリックすると大きくなります。)

下りも、天狗山を下りきるまで、まったく気が抜けません。
実は前山の下りでコースロストしました^^;
(前山の斜面が一番テープ類が見つけにくい。というかあまりテープが無い。)
どうやら北にずれてしまったらしく、途中で気づいて南に横移動。正しいルートに復帰できました。

慎重にガレ場をこなし、少しだけ慣れた感じ(笑)で笹藪こぎで登り返し、

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン
無事、1,880m峰まで帰ってきました~^^
ここまで来れば一安心です。
蛍光ピンクのテープがたくさんあるので見つけながらのんびり下山。
途中に咲いてる花など写真を撮りながら下ります。

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン
カヤトの丘から振り返る蕎麦粒岳。(↑クリックすると大きくなります。)
う~ん? 午後からの方が天気が良いみたい?
天気予報では午後から曇りだと言っていたから、朝早くに出発したのに、だまされたかなー?w

ちなみに、朝イチで苦労した風越山への急登は、下山でもかなりしんどかったです^^;
ずーっと足ブレーキきかせながら下るので、足がとても疲れました。

12:52 無事に風越山登山口に下山。
けっきょく誰にも会わない静かな山歩きでした。
(クマ鈴は鳴らして歩いてましたが)

最後に、途中に咲いていた花とか、緑とか^^↓
中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン

春だね~^^


余談ですが、帰りに寄ったフォレスパ木曽の日帰り温泉「恋路の湯」。
5月10日に閉鎖するとのことで、7~9日の三日間は「感謝デー」で無料でした。

中央アの展望を求めて~独標蕎麦粒岳ピストン
ぬるめの湯で、何と言っても露天風呂から中央アルプスが眺められたので、けっこう気に入っていたのですが、残念です(´・ω・`)ショボーン


今回の山歩きは全身運動だったので、次の日は体のアチコチが筋肉痛になりました。
なめてたワケじゃないのですが、歩いた距離・かかった時間以上にキツイ山だと思いました^^;


コースデータ
 距  離  約11.3キロ
 累積標高差 1,615m
 所要時間  6時間42分(休憩を含む)
コースタイム
 6:10 風越山登山口 → 6:57 カヤトの丘 → 7:12 風越山
 → 7:43 1880m峰 → 8:59 天狗山 → 9:57 独標蕎麦粒岳
 10:25 → 11:05 天狗山 → 11:51 1880m峰
 → 12:15 風越山 → 12:52 風越山登山口


いつもありがとうございます!
よろしければ↑ポチッ☆と押してください。
 
スポンサーサイト
Comment
No title
鹿さん渋い、渋すぎる~~
よくこんな登山道みつけますね
感心します
かなり踏み跡が不鮮明みたいですね
登りはいいけど下りに気を付けないとね~
でもいつか私も登ってみよう

鹿さんお一人で登っているみたいだから
くれぐれも道迷いや、怪我には気を付けてくださいね~
ガクさんへ
ガクさんだー^^
山ブログにコメントいただくのは珍しい(久しぶり)ですねーw
チコたん❤は元気にしてますか?

渋いですかねー?(笑)
確かに・・・マイナーな道ではあるんでしょうね^^;
ガクさんぐらい山慣れしたベテランさんで、笹藪こぎが全然平気な方なら、超オススメですよ~(笑)
展望は最高ですから(*´ェ`*)

今はまだアルプス本体に登るのは、私の技術&体力では厳しいので、「近くの山に登って眺める」のがマイブームですw
夏になったら、アルプス、ガンガン登りたいです(≧∇≦)
No title
いや~。
いつもハードな山に登ってるけど・・・
ついに、道なき山だね!

アルプスを日帰りで登ってるのもすごいけど、まさかこんな山もあったとは^^
すごい☆

これからの季節、山へ行きまくるんだろうね♪
ブログ楽しみにしてるよ^^
ぷりさんへ
見てくれてアリガトです~(*^▽^*)
これから梅雨入りまでの間、天気が良ければ2,000~2,300m級の山に突撃したいと思ってます。
今年の夏山は、いよいよ北ア、デビューしたいなぁ♪
でもでも中央アも南アもまだまだ登りたい山はたくさんあるので、予定は未定w
アルプスのどこぞの山で、ぷりさんにお会いできるかもしれませんね~^^
その時はヨロシクです!
すごい!
はじめまして。
「蕎麦粒岳」のネットサーフィンでここにたどり着きました。
はじめに読んだ某ベテランさんの山行記で、「往復11時間、暗くなってやっと登山口に戻ってきた。」とありましたので私には絶対無理だなと思いましたが、次にあなたのを拝見しますと、なんと
 >所要時間  6時間42分(休憩を含む)(桜色の鹿さん)
一瞬目を疑いました。先の方をベテランさんと書きましたが、文章からの感じでは年齢的にはまだまだ元気な壮年男性という感じでしたが、きっとこちらが普通で貴女が快速すぎるのでしょう。(笑)
jack77bettyさんへ
はじめまして、当ブログにようこそ^^
蕎麦粒岳の検索でウチのブログがヒットするのですね。嬉しいです。
登山道としては厳しめかとは思いますが、中央アルプスの眺めは最高なので、オススメですよー。
距離はとても短いのですが、時間がかかります。藪こぎが苦手とか、ルートファインディングが苦手(コレ私です)、コースロストした時の対応など、ある程度経験が必要なのかもしれません。
コースタイムが速い・・・とは、よく言われます^^;
このレポが少しでも皆さんのお役に立てれば、うれしく思います♪
勘違い
桜色の鹿さん、こんばんは。RESありがとうございました。この機会にほかの記事も読ませていただきましたが、同県人ということもあるのでしょうが、登られた山が重複しているところが多いので楽しく読ませていただきました。違うのは所要時間、私はどの山も桜色の鹿さんの倍はかかっています。(笑)
さて、話変ってというのか、話が続いてというのか微妙ですが、「空木岳」のレポートも読ませていただきました。
私はかっての空木岳登山中、左手に見える稜線を三沢岳から風越山まで続くそれと思い込んで、一所懸命眺めながら歩いていましたが、今回まったくの勘違いだったということに気がつきました。あれは熊沢岳から西へと続く稜線だったようです(汗)。(何故気がついたかといいますと、そこを歩いているはずの桜色の鹿さんが文中ノーコメントだったからです。おかげで気がつきました。ありがとうございました。)
jack77bettyさんへ
同県人でしたか!! なんだかウレシイです(*´ェ`*)
空木岳から見える稜線について、ですが。
三沢岳はドドン!と見えましたが、中三ノ沢岳~二ノ沢~蕎麦粒岳の独標尾根は確認してませんでしたw
熊沢岳に登れば、その稜線はバッチリ見えると思うのですが。
とはいえ、わたしの山同定は、かなりいい加減ですので、間違ってたらこそっとツッコミお願いします^^;
山の同定って、高い山から低い山を見ると、雰囲気が変わって分かりにくいような気がします(私だけ?w)
勘違いの勘違い
桜色の鹿さん、おはようございます。RESありがとうございました。
>三沢岳はドドン!と見えましたが
ひゃーやっぱりあのでかいのが三沢岳なんですね。勘違いしてしまい大変失礼しました。あわてもので他所でもよく間違えて顰蹙をかっています(汗)。なにとぞお許しのほど。
しかし三沢岳、形もピラミッドで、私だけかも知れませんが、西側から見ますと木曽駒よりずっと立派に見えます。登ったことないけど(笑)。
jack77bettyさんへ
こんにちは。
三沢岳は大きいですよね。西側から見ると一番立派に見えますw
中央アルプス主稜線からハズれるためか、「わざわざ」行かなくちゃいけない山だけに、気になりつつもスルーしてしまう不遇な山というか(笑)
奈良県民としては、どうしても中央アルプスは西側からアクセスすることが多くなるので、三沢岳の存在感はいつ見てもスゴイ!と思います^^
No title
初めまして

『蕎麦粒岳』を検索していて貴女の山行記を知り、詳しく書かれているので参考にさせていただき、昨日(7月30日)行って来ました。
古いテープやビニールひもなどの目印が多く、道に迷うことはありませんでしたが、笹やぶやガレ場&岩場など歩きにくい所が多く、休憩時間を含め、10時間20分も掛かりました。
【登山口発4:25 風越山6:10 独標蕎麦粒岳9:50~10:15 風越山13:45 登山口着14:45】
貴女の歩く速さは物凄いスピードですねv-19
コースタイムはあまりにも速過ぎて参考になりませんでしたが、登山道の状況や見える山々はとても参考になり、有難うございました。

山頂で、“2338 蕎麦粒岳”の標識は強風で吹き飛ばされたのか見当たらず、テング山と書かれた赤テープは地面に落ちていました。

やぶこぎされる場合はマダニにご注意ください。私は知床連山縦走中と東北の朝日連峰で、二度も食い込まれましたv-12
はじめまして
この記事を拝見し行ってみましたが、少し道が違っているようで、1時間余分にかかってしまいました。
ただ、今年5月に行ったので、この頃から少し道が変わったのかも知れないですね♪
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
mineyama様
はじめまして。
この記事でヒットされる方が多いのにビックリな鹿です^^;
コメントに気づかずに申し訳ありません。
もう記事も古くなっているかもしれませんが、参考になったのでしたら幸いです!
マダニは噛まれたことはありませんが、ヤマダニには2回噛まれたことがあります。首の後ろ側なんですが、2週間ほど腫れて、痛痒い思いをしました^^;
お互い気を付けて山歩き、楽しみたいですね♪
 
トラブルじじい様
はじめまして。
ブログをご覧いただきありがとうございます。
このコース、今では道が違うのですね! 新情報、ありがとうございます。
もともと分かりにくいルートですし、もっと歩きやすいルートが開発されていたらイイのですが^^;
藪だけでもどうにかしてほしいものです。
のんびり更新ですが、また見てくださると嬉しいです♪
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

管理者のみに表示
Trackback
目の前に三沢岳(≧▽≦)山頂から見る中央アルプス。(↑クリックすると大きくなります。)GWはずっと仕事で、GW明けに1日だけ休み。「絶対、山に登ってやる-!」とストレスを貯めていました(笑)5月7日(月)、中央アルプスを真横から眺めよう!ということで、選...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。