FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年 鉄山から弥山・八経ガ岳へ。 その2 

(前回からの続きです。)

大川口から鉄山までは楽しんで登ってこれましたが、さてさて、鉄山から先、弥山まではどうなることやら・・・。
鉄山の山頂で少し休憩し、8時頃 弥山に向けて出発!

まずは鉄山を下ります。えー難路でした^^;
コース取りがちょっと間違ってたのかもしれません。石楠花の枝とかをかき分けながらの下り。
しかも木の根で滑ってスネを打っちゃうしorz

鉄山から弥山へ

でも下草のあるトコロに出ると踏み跡があって、ちょっと安心。
 
歩き始め当初は「道を間違ったらどうしよう」とか「沢登りさん用のテープだったらどうしよう」とか思いながら登っていたんですが、どっちにしろ、私はE氏の後ろをついて行くだけなので、結局お気楽思考に(笑)

鉄山から弥山へ
思っていたよりも、テープがあったり、踏み跡があったりして、当初心配していたほども危険性は無いのかな・・・?
(って、わたしはE氏の後ろをついていってるだけだからかー^^;)
このコース、森が深く 緑がとっても豊か(濃い)です!

鉄山から香精山あたりまではアップダウンのあるコース、その先もじわじわ上がる高度に、だんだん足が疲れてきました^^;
途中で、下山してくる二人組の登山者の方にお会いしました。
「鉄山からの登りはしんどいやろ。」
「この先は倒木帯だから気をつけて。」
弥山までの途中で出会ったのは、このお二人だけでした。でも『他にもこのコースを歩いている人がいるー』と思うとちょっとウレシイ気がしたり^^ 安心したり。

鉄山から弥山へ
その少し先で、開けたピークに出ました。
むむむ、空に雲が! なんか曇ってきているよう・・・
歩いていると前方に弥山が確認できて、近づいてきているのが分かります。が、なんかガスってきている?
しばらく登ると・・・

鉄山から弥山へ
倒木帯に出ました。
ここから先は、テープがほとんどありません。進むべき方向は分かっているので、進む道はフリーダム。倒木をまたぎ、枝をかいくぐり進みますが、けっこう時間がかかります^^;

blog100905-18.jpg
(↑クリックすると大きくなります。)
この日一番のお気に入りスポット。コケが美しい~ヽ(〃・ω・〃)ノ☆
ここもまだフリーダムエリア(笑)
何度か引き返したりもしながら登りきると、あれれ・・・という感じで弥山神社の裏側にでました。

鉄山から弥山へ
少しずつ足も疲れてくるし、後どれぐらい登ったら着くのかな~なんて思っていた矢先のことだったので、ちょこっと拍子抜け・・・
時計を見ると、9:45でした。
おなかが空いてきてたので、弥山小屋に降りておにぎりをパクつきながら、小屋の周辺で休憩している神戸から来られたおじさんとしばし雑談。

鉄山から弥山へ
小屋の周辺には、けっこう登山者の方が来られてました!
やっぱり人気スポット?なのかな^^

鉄山から弥山へ
そろそろ八経ガ岳に向かいますか・・・と見ると、ガスってるし( ▽|||)
とりあえず行ってみようということで、10:00小屋出発、八経ガ岳へ。

鉄山から弥山へ
途中にあるオオヤマレンゲ保全対策の囲い。オオヤマレンゲは平地でも見られますが、咲いている時期にまた来たいなぁ^^

鉄山から弥山へ
八経ガ岳までの登りは、とっても整備されてるんですね^^;

鉄山から弥山へ
10:16 八経ガ岳 山頂ヾ(´▽`*) 標高1,914.9m。
関西最高峰で、私の中でも最高峰!

鉄山から弥山へ
でもって、いつものごとく、眺望ゼロ ( ̄_ ̄|||)どよ~ん
いつもと違うのは、山頂に5~6人の先客がいらっしゃったこと。
しばらく待っていたらガスも晴れるのかな~ でも「しばらく」ってどれぐらい?
私は基本的にじっとしているのが苦手な人間でして・・・

10:30 下山。
10:46 弥山小屋に戻ってきました。

しかし、これで大峯山系で三連敗。どぉゆぅことだー(ノ`△´)ノ キイッ
でも鉄山の方で、とってもキレイな景色が見られたから、今回は良しとする!
うん。

11:00 行者還方面に向けて下山開始。

鉄山から弥山へ
東の方は晴れていて、見晴らしがいい♪
しばらくは、木の階段をテクテクくだります。

鉄山から弥山へ
下りだからいいけど、反対に登りだったらイヤだなーとか思いながらテクテク。
こちらのコースは登山者も多く、しっかり手入れされてる様子。鉄山からの登りとのギャップがすごいです^^;

鉄山から弥山へ
でも雰囲気は良いな~^^
途中でE氏がシダ系の植物の写真を何枚も撮っていました。これからは「シダマニア」とお呼びしまするよ。(そんな私は「コケマニア」だけど。笑)

鉄山から弥山へ
弥山から西口出合まで約2.5キロ、ほぼまっすぐ。けっこう下ります。そして、まだまだこの時間は登ってくる人が多いです。

たまに開ける木々の間から、北に鉄山が見えました。
「うわー あんなとこ歩いてきたのか!」
なんか不思議な感じ。

そして、出合からの激下り。行者還岳で登ったコースですが、やはり難路です。
下っていると、上方よりホラ貝を吹く音がしてきました。こういうのは大峯ならでは、ですね^^
(ここら辺でデジカメの調子が悪くなり、途中、写真を撮ることができませんでした。)

12:22 行者還トンネル西口の登山口に無事到着!
私一人だったら遭難してるかも、というコース。毎度のことですが、E氏に感謝です( ̄∇ ̄+)!


コースデータ
 距  離  約13.6キロ
 累積標高差  1,489m(下りは1,141m)
 所要時間  6時間22分(休憩含む)

コースタイム
 6:00 大川口登山口 → 7:55 鉄山 山頂 → 9:45 弥山 山頂
 → 10:00 小屋発 → 10:16 八経ガ岳 山頂 → 10:30 山頂発
 → 10:46 弥山小屋 → 国見八方睨 → 11:00 小屋発
 → 12:22 行者還トンネル西口登山口



 いつもありがとうございます!
よろしければ↑ポチッ☆と押してください。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://deer2010.blog96.fc2.com/tb.php/8-3cfc4848

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  まとめ
copyright © 2005 鹿の山歩き。 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。