FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年 中央ア 木曽駒ヶ岳。上松Aコースでピストン 

上松Aコースで木曽駒♪
木曽前岳と木曽駒ヶ岳。(↑クリックすると大きくなります。)

9月12日(水)、中央アルプス木曽駒ヶ岳に「上松Aコース」で登ってきました。
ロープウェイのある山はずっと避けてきたのですが(笑)、上松町からのコースがいい感じっぽいので「よし、行ってみよう!」と思い立ちましたw
結果を先に言っちゃうと、久しぶりの大失敗!だったのですが、これを教訓にして次に活かしたいと思います^^;

天気は前日まで雨。12日から天気が回復する予報ではありますが、あまり期待せずに行くことにしました。

木曽駒ヶ岳
長野県上松町・木曽町・宮田村の境界にそびえる標高2,956mの山。言わずもがな中央アルプス(木曽山脈)の最高峰。日本百名山、新日本百名山、花の百名山。通称「木曽駒」。

 
 
前日の11日に奈良の自宅を出発、中央道中津川ICからR19を北上。早い時間に寝覚の床(ねざめのとこ)に到着。木曽駒の登山口である滑川第一砂防堰堤まで確認に行きます。
というのも、現在堰堤は工事中で、本来の登山口は使えないとのことなので、事前に確認しておきたかったからです。
アルプス山荘を通過し、本来の登山口を通過。そのまま滑川砂防公園の案内に従って進み赤い橋を渡ります。そこから先は工事車両が頻繁に走っている「工事現場」っぽくなりました。
橋のところにガードマンさんがいて「登山口を確認したい」と言うと、丁寧に説明してくださいました。「登山者は敬神の小屋駐車場まで車で行ってください。」とのこと。小屋までは「一方通行にご協力を」とのことでした。

上松Aコースで木曽駒♪
いただいた案内図。(↑クリックすると大きくなります。)

この日は敬神の小屋まで行き登山口を確認。R19沿いの道の駅「木曽福島」で車中泊しました。

翌12日。空はどんより曇り。ちょっとテンション低めで準備をし登山口へ。
道の駅から敬神の小屋までは20分ほどの距離です。

上松Aコースで木曽駒♪
敬神の小屋。
どんより暗く、ちょっと怖い^^;
小屋付近の広場には車が5~6台は停められそうです。

上松Aコースで木曽駒♪
案内看板。(↑クリックすると大きくなります。)

これは、またしても他に歩く人のいない、静かな山歩きかな~(怖いな~)と思いつつも準備をして出発です。

6:00 スタート

上松Aコースで木曽駒♪
案内表示には山頂まで7.5時間とあります。ということは、私の足で4~5時間ぐらいかな^^

上松Aコースで木曽駒♪
暗くてじめっとした斜面を登っていきます。

上松Aコースで木曽駒♪
案内表示は上松駅を起点にしているので、すぐに3合目に到着です。
薄暗い樹林帯をしばらく登っていきますが、それほどの急登でもありません。

上松Aコースで木曽駒♪
3合目半では御嶽山が見えました。

上松Aコースで木曽駒♪
6:42 4合目を通過。
このコースは、0.5合目ごとに看板が立っていて、目安の時間も表示があります。

上松Aコースで木曽駒♪
登山道の様子。
上松Aコースで木曽駒♪

上松Aコースで木曽駒♪
7:16 金懸小屋。ここで5合目になります。

上松Aコースで木曽駒♪
金懸小屋から見える御嶽山と雲海。(↑クリックすると大きくなります。)
やはり雲が多いけど、これから晴れてくるのかな-?

上松Aコースで木曽駒♪
小屋の中。キレイでした^^

5合目までは樹林帯をもくもくと登る感じでしたが、ここから先は少し登山道にも変化が出てきて楽しみながら登ることができます。

上松Aコースで木曽駒♪
7:30 胸突き八丁。
上松Aコースで木曽駒♪
それほど急登では無いです。しかもいつの間にか終了している、という感じでした(笑)

上松Aコースで木曽駒♪
そこからラクダの背まで緩く下りになります。

上松Aコースで木曽駒♪
7:40 ラクダの背。
鞍部になっていて、ここから先、また登りが続きます。

上松Aコースで木曽駒♪
登山道の様子。
上松Aコースで木曽駒♪

上松Aコースで木曽駒♪
7:45 6合目を通過。

上松Aコースで木曽駒♪
雲は絶えず流れていて、上空も晴れて日がさしたり曇ったりの繰り返し。
正直に白状すると、天気が悪いだろうと思っていたので、ダメそうなら途中で引き返しちゃおう!と思いながら登っていました。かなりいい加減な登り方だったと思います。

上松Aコースで木曽駒♪
というのも、たまに木の合間から見える三ノ沢岳方面がガスで真っ白&空が黒かったから。
(これが後々、後悔するハメになろうとは!)

上松Aコースで木曽駒♪
真上の天気は回復してきているのですが、向かう山頂の様子が分からないので、まだ迷いながら登ってます(笑)

上松Aコースで木曽駒♪
8:10 遠見場。

上松Aコースで木曽駒♪
御嶽山が見えますが、金懸小屋から見た時より雲がかかってました。今日は雲が多いので無理っぽいかな。

上松Aコースで木曽駒♪
三ノ沢岳の雲が晴れました。が、またガスが出そうな予感^^;

上松Aコースで木曽駒♪
8:14 天の岩戸。
大きい岩がどーんとありますが、大きすぎて写真に写せません。隠れる穴は無かったけど・・・

上松Aコースで木曽駒♪
8:15 7合目を通過。
ここにきて、かなり天気が回復してきているようで、全体的に明るくなってきました。
上松Aコースで木曽駒♪

上松Aコースで木曽駒♪
標高が上がってきて植生にも変化が出てきました。樹木が低くなってくると展望もちらほらと^^
このあたりから、本気でピークハントを考えるようになりました(遅っ!!)

上松Aコースで木曽駒♪
三ノ沢岳。

上松Aコースで木曽駒♪
急登で後ろを振り返る。(↑クリックすると大きくなります。)
春に登った天狗岳や独標も見えてるんだろうけど、どれか分かりません^^;

上松Aコースで木曽駒♪
8:46 前方が開けて広い8合目へ到着。

上松Aコースで木曽駒♪
前方に木曽前岳が見えてきました!(↑クリックすると大きくなります。)
おお~ キレイだー(≧▽≦)

上松Aコースで木曽駒♪
青空に映える仏像。

上松Aコースで木曽駒♪
木曽前岳に向けて歩きます。(↑クリックすると大きくなります。)

上松Aコースで木曽駒♪
左(北)を見ると、麦草岳がばっちりキレイ!
(↑クリックすると大きくなります。)

上松Aコースで木曽駒♪
右(南)を見ると、こんな。(↑クリックすると大きくなります。)
向かう木曽駒方面はやはりガスで真っ白です。

上松Aコースで木曽駒♪
でも、目の前の前岳がとてもキレイなのでルンルンで登って行きます^^
(↑クリックすると大きくなります。)

上松Aコースで木曽駒♪
すこし行くと、夏道(トラバース道)と木曽前岳との分岐。

どちらを登っても9合目で合流するみたいですが、この美しい木曽前岳を見てしまったからには、前岳に登らないと!!
ということで、左へ^^

上松Aコースで木曽駒♪
後ろを振り返ると、滑川砂防堰堤がキレイに見えました。
(↑クリックすると大きくなります。)

上松Aコースで木曽駒♪
工事現場ズーム。朝から渡った赤い橋も見えます。

上松Aコースで木曽駒♪
後ろを振り返って。(↑クリックすると大きくなります。)

上松Aコースで木曽駒♪
麦草岳から木曽前岳への稜線。(↑クリックすると大きくなります。)

この稜線を歩く上松Bコースは、崩落箇所があり、注意が必要なようです。特に麦草岳~木曽前岳間の稜線は崩壊が激しく危険とか。いつかは歩いてみたいな~

上松Aコースで木曽駒♪
木曽前岳への登り。
岩場やロープがありますが、危険箇所はありません。
よじ登れ~

上松Aコースで木曽駒♪
しかし、テンションが上がるのと反比例して、ここら辺りから、ひどく疲れが出始めました。
あれー?

上松Aコースで木曽駒♪
木曽前岳の山頂を望む。(↑クリックすると大きくなります。)

疲れてきたので、ゆっくり時間をかけて登っていきます。

上松Aコースで木曽駒♪
青空が嬉しくて、このあたり、写真を撮りまくってました(笑)

上松Aコースで木曽駒♪
麦草岳との分岐。

上松Aコースで木曽駒♪
麦草岳への道。(↑クリックすると大きくなります。)

上松Aコースで木曽駒♪
木曽前岳と奥に木曽駒。(↑クリックすると大きくなります。)

上松Aコースで木曽駒♪
9:16 木曽前岳。標高2,826m。

上松Aコースで木曽駒♪
中央アルプスの稜線。(↑クリックすると大きくなります。)
檜尾、空木、南駒まで見えてます^^

上松Aコースで木曽駒♪
正面に木曽駒ヶ岳。(↑クリックすると大きくなります。)
木曽駒まではいったん鞍部に下って登り返しです。

上松Aコースで木曽駒♪
玉乃窪山荘が見えた!(↑クリックすると大きくなります。)
斜面を下ります。

上松Aコースで木曽駒♪
9:22 9合目。玉乃窪山荘。

上松Aコースで木曽駒♪
閉まってました。
あとは木曽駒まで登り返すだけ。しかし、疲れる~。

上松Aコースで木曽駒♪
玉乃窪山荘と前岳を振り返って。(↑クリックすると大きくなります。)

上松Aコースで木曽駒♪
木曽駒への登り。

上松Aコースで木曽駒♪
木曽前岳と麦草岳。(↑クリックすると大きくなります。)

上松Aコースで木曽駒♪
中央アルプス主稜線。(↑クリックすると大きくなります。)
やはり雲が多いかなー。

上松Aコースで木曽駒♪
木曽小屋。
山頂に向かって雲が多く、残念ながら青空は見えません。
足が疲れてなかなか山頂にたどり着きません。こんなに疲れてしまうなんて!

上松Aコースで木曽駒♪
振り返るといい天気なのになー( ´・ω・`)
まあ、御嶽山、乗鞍、北アルプス、全部雲がかかって遠望はきかないので、残念な天気ではあるのですが。

上松Aコースで木曽駒♪
9:40 木曽駒ヶ岳。標高2,956m。

上松Aコースで木曽駒♪
今まで誰にも会わずに登ってきたけど、山頂にはたくさんの人が!
上松から登る人って本当に少ないようですね。

かなり疲れてしまったので山頂でしっかり休憩。
7.5時間かかるところを4時間かからずに(3時間40分で)登ってきたことになります。
「あー、これが原因か・・・orz」

完全にオーバーペースです。距離のわりに標高差が大きいから、もっとゆっくり登るべきでした。
まさかこんなに疲れが出るとは思ってなかったので、大失敗です。

天気が悪ければ引き返そう、という甘い考えと、
天気が良ければ三ノ沢岳まで行きたいな!という希望的観測と。
完全にちぐはぐだったように思います。最初のいい加減な登りも良くなかったなぁ、と反省。

これは三ノ沢岳は諦めるしかありません。今日は無理だー!
自業自得とはいえ、すっごく残念です。

上松Aコースで木曽駒♪
とりあえず山頂で景色を楽しみながら、早めのお昼ご飯。
(↑クリックすると大きくなります。)

景色と言っても、見えるのは中央アルプスの南方面だけで、眺望は全然ありませんでした。南アルプスなんてどこにあるのやら。
どうやら山脈の東側がかなり曇っていて、どんどんガスが上がってきているようです。

上松Aコースで木曽駒♪
三ノ沢岳への道。(↑クリックすると大きくなります。)
あ~ 行きたかったな~。

上松Aコースで木曽駒♪
休憩して足を休めた後、中岳・宝剣岳に向けて出発。
(↑クリックすると大きくなります。)

分かってはいたけど、ロープウェイがあるから軽装の人も多く、なにより登りで渋滞を起こしているなぁ^^;

上松Aコースで木曽駒♪
斜面は岩だらけで浮き石も多く、ある程度ちゃんとした靴で登られた方がいいと思いますが。
(↑クリックすると大きくなります。)

上松Aコースで木曽駒♪
中岳への登り。(↑クリックすると大きくなります。)

上松Aコースで木曽駒♪
10:28 中岳。標高2,925m。

上松Aコースで木曽駒♪
宝剣岳へ。岩場で渋滞してるっぽい^^;

上松Aコースで木曽駒♪
宝剣近影。頂上の岩にはたえず人が立ってます(笑)
(↑クリックすると大きくなります。)

上松Aコースで木曽駒♪
登ってきた稜線が見えました。(↑クリックすると大きくなります。)

宝剣岳へは登りでは鎖は必要無いので、渋滞している鎖ルートの横を岩をつかんで登っていきました(笑)
人の多い山は久しぶりすぎて、苦手です^^;

上松Aコースで木曽駒♪
10:40 宝剣岳。(↑クリックすると大きくなります。)
撮影のための順番待ちが出来てました。

上松Aコースで木曽駒♪
千畳敷とロープウェイ駅。(↑クリックすると大きくなります。)

上松Aコースで木曽駒♪
檜尾への稜線。(↑クリックすると大きくなります。)
うわー。やっぱり行きたくなる~!!

上松Aコースで木曽駒♪
混んでいる宝剣岳からようやく下りてみると、木曽駒方向はまたガスに覆われつつありました。
足も疲れているし、木曽駒に登り返さず、木曽小屋へのトラバース道を下山することにしました。

上松Aコースで木曽駒♪
11:10 木曽小屋。

そのまま玉乃窪の鞍部まで下り、分岐を前岳に登らないコースの方に向かいます。
が!ここでビックリ、木曽前岳から下りてくる人影を発見しました。
「こっちは私以外、誰も歩いていないと思っていたのに、登山者がいたー!」
しかも、女性の単独。遠目ですが、若い方のようです。珍しい~!
(結局、この日上松Aコースを上ったのは私とこの方の二人だけでした。)

上松Aコースで木曽駒♪
登山道の様子。
こちらのコースは木曽前岳をトラバースするように道がついており、「夏道」となっているので、積雪時には使えないようですね。

上松Aコースで木曽駒♪
さよなら、木曽駒。また今度、リベンジに来るね~! しかし、天気悪っ!
(↑クリックすると大きくなります。)

上松Aコースで木曽駒♪
順調に下っていくと特徴的な岩が出てきました。

上松Aコースで木曽駒♪
反対側に回ってみると、「すずり岩」でした。

上松Aコースで木曽駒♪
事前に知っていたから読めたけど、木のプレートが半分に割れてて、これじゃ読めない~w

上松Aコースで木曽駒♪
木製階段を下る。急で滑りやすく、注意が必要!

上松Aコースで木曽駒♪
崩落箇所通過。ここが「大ナギ」なのかな?

上松Aコースで木曽駒♪
花が終了してしまった「花畑」を通過。もうちょっと早ければ、けっこう咲いていたかも、という名残だけありました。

上松Aコースで木曽駒♪
というか、もうちょっとしたら、紅葉がキレイなんじゃないかな~^^

上松Aコースで木曽駒♪
11:45 前岳こーすと合流。
ここから先は登ってきた道を引き返します。

上松Aコースで木曽駒♪
西の空は登りの時とあまり変わらない天気のようです。太陽が暑いです^^;

上松Aコースで木曽駒♪
6.5合目あたりまでは木が低く、日陰が少ない。でも展望を見ながら下るのは楽しい♪

上松Aコースで木曽駒♪
あとはひたすら長い下り。

上松Aコースで木曽駒♪
12:45 金懸小屋。

上松Aコースで木曽駒♪
小屋から御嶽山を望むも、山頂は雲がかかってました。

小屋から先は、暗い樹林帯。下りもオーバーペースにならないように注意しながら下ります。

上松Aコースで木曽駒♪
敬神の小屋が見えました!
13:35 敬神の小屋まで無事下山。

上松Aコースで木曽駒♪
車は2台に増えてました。ナンバーを見ると、なんと三重県ナンバー!
あの単独女性登山者のもののようです。こんなところで隣県の方とニアミスするとは(笑)
年も近いかもしれないし、ちょっと話をしてみたかったかも!!

今回はいい加減な登り方をしてしまい、三ノ沢岳まで行けずに終わってしまいましたが、次に登る時には、時間配分の参考にしたいと思ってます。


コースデータ
 距  離  約18.9キロ
 累積標高差 2,211m
 所要時間  7時間35分(休憩含む)
コースタイム
 6:00 敬神の小屋 → 7:16 金懸小屋 → 8:10 遠見場
 → 8:46 八合目 → 9:16 木曽前岳 → 9:22 玉乃窪山荘
 → 9:40 木曽駒ヶ岳 10:10 → 10:28 中岳
 → 10:40 宝剣岳 → 11:10 木曽小屋 → 11:21 玉乃窪山荘
 → 12:10 遠見場 → 12:45 金懸小屋 → 13:35 敬神の小屋



いつもありがとうございます!
よろしければ↑ポチッ☆と押してください。
 
スポンサーサイト

コメント

No title

初めておじゃまします。毎回読みながら、唖然としています。
いつも自分が喘ぎ苦労し、不安を感じながら歩いているコースを、それこそ各駅鈍行を抜いていく特急のように立ち去っていく。ほれぼれする間もありません。もともとアスリートさんなんですか、それともトレランさん志向?どこまでも行けそうですね。ただこの速さでは一緒に歩ける人はまず・・・。ところで上松コース、敬神小屋まで入れましたか。わずかとはいえ、あの車道歩きはイヤなものでした。
今後も良き山旅を続けて下さい。

たそがれ高洋さまへ

はじめまして!
ブログを読んでくださってありがとうございます(〃^▽^〃)
わたしは昔から文系女で、高校時代も帰宅部、スポーツは苦手です(笑)
ただ、スポーツではなく「体を動かす」ことは大好きで、持久力はあったと思います。でもトレランは無理ですから~!
今回は時間配分に失敗してしまい、反省の山歩きでしたが、思っていたよりも山がキレイに見られて嬉しかったです^^
上松コースですが、砂防公園の駐車場は使えなくなってますので、敬神小屋まで行かないと車を停められません。期せずして車道歩きは免れましたw
たそがれ高洋さんはベテラン登山者とお見受けしますが、面白いコースがあったら、教えてくださいませ^^
また見にいらしてくださいまし(*´꒳`*) ♡

No title

お山行かれましたか。
大失敗とはいえ 流石、桜色の弾丸!!惚れ惚れしますv-344 所々のガスは残念でしたね。
今週末、時間が作れそうなので、温泉v-48にでも入ってボケェ~v-535としてこようと思いますe-266

バンビさんへ

まだお忙しいのですね^^;
温泉はいいですね~ヾ(=^▽^=)ノ
わたしも山とセットで温泉がもれなくついてきますw
飯田・伊那付近でオススメの温泉があったら、ぜひ教えてください!

あまり知らないので、いつも早太郎温泉(こまくさの湯)に入ってますw
(南ア深南エリアの時は遠山温泉かぐらの湯です)

バンビさんもゆっくり温泉につかってリフレッシュしてください^^

特急登山!!

こんにちは~

う~ん、相変わらずの特急登山、木曽駒を上松からサクッと
日帰り登山ですか。
登りのコースタイムが半分とは半端ではないです。
オーバーペースと書きながらも、楽々と昼過ぎには下山されて
いるんだから大したもんです。

木曽駒の風景は大好きです。
北アルプスに負けないだけの景観がありますもんね。

そろそろお山の上も紅葉シーズン。
今年はどこで紅葉を楽しまれますか~

テカポさんへ

木曽駒、晴れていれば最高に気持ちのよい山なんでしょうね^^
とはいえ、ロープウェイがある山は、やっぱり苦手です^^;
平日だし少ない方だったんでしょうけど、いつも人に会わないような登山ばかりやってると、木曽駒は「なんて人が多いの~!」となりますw

そろそろ山も紅葉が楽しめる季節なんですねー。
夏山はあまり登れずに終わっちゃいました( ´・ω・`)
秋山も・・・休みのタイミングがイマイチなんですよね( ̄Θ ̄;)
もっと登りに行きたいのですが・・・

リフレッシュ

八ヶ岳 本沢温泉に行って来ました。ビールv-275を飲みながらの野天風呂v-48リフレッシュ出来ました。
・・・・が!!夜は、雨。テントの中で聞く雨音は好きですが、テント片づけの雨ほど悲しいものはない。e-259 

こまくさの湯は、クライミングの練習帰りにお世話になりますが、かぐらの湯の方が好きですねぇ。
大鹿村の鹿塩温泉も良いですよ。行かれるきかいが有ったら寄ってみて下さい。

No title

初めまして、TOKIO(トッキー)と申します。
偶然今度の土曜日にシルバー隊で聖岳日帰りを
する予定で道路状況を検索していた時、目に止まりましたので
投稿させて頂きました。
去年も塩見日帰りで確か単独の奈良?の女性のかたと
一緒に偶然登り、鹿さんも奈良ということで何か縁を感じました。

この木曾駒も上松から最近は登っていませんが
40年くらい前から登っていた山で懐かしく拝見させて
頂きました。あまりの速さに愕然としていましたが
登山道はあまり変っていませんが20年くらいまえに
前岳沢が大崩落してトラバース道が相当変ってしまいました。
最期に奥三から来て下山したのが最期かな?

もう還暦で無理は出来ませんが鹿さんのブログを参考に
また頑張りたいと思う次第です。
今後のご活躍を無事にやられることを祈っています。
ではまた覗きにきます。
これからが季節ですので雪が待ちどうしいです。

バンビさんへ

お帰りなさい^^
リフレッシュ出来て何よりです!
テント片づけで雨は、確かにイヤですね・・・^^;
バンビさん、クライミングもされるんですね-!
すごい!!

鹿塩温泉ですか~。
情報ありがとうございます。
去年は大鹿村に何度も足を運んでたけど、今年はまだ一度も行ってないです。あ、行きたくなってきちゃった(笑)

TOKIO様へ

はじめまして!
ブログを読んでくださってありがとうございます(〃^▽^〃)
大ベテランさんに見てもらえるなんて、嬉しいです!
去年、わたしも塩見岳に単独で登り、途中から偶然お会いした登山者さんと一緒に登った記憶があるので、「もしかして!?」と一瞬ドキっとしました。(違いますよね・・・^^;)
40年前の上松コースとほぼ同じとは~。知らずに登ってましたが、伝統あるコースなのですね!
今はどんどん登りやすい登山道が新しく出来てきてますが、わたしは昔からある、昔の人が苦労して開いてくれた登山道の方が好きです。その分距離が長かったりしんどかったりしますが、最近では短いコースじゃ物足りないので(笑)

聖はどちらから登られるのでしょうか。
わたしももう一回登りたいと思っているのですが、林道が通行止めのため、長らく諦めております。
ブログにUPされるのをお待ちしております^^

No title

やはり去年塩見へ一緒に登ったトッキーです。
山頂ではあまりお話できませんでしたが
あれから蝙蝠まで向かいましたがタイムアップで
引き返し何とか明るい内に帰れました。
その日は大変だったようでほんと災難でしたね。
でもご無事で下山でき良かったですね。

今年はちまちま登っていますがまあ年には勝てません。
でも空木も今年行っているのですね。
奇遇です。私も今年池山尾根から行ってますし先日は
伊那川ダムからバイクで上がり東川岳ピストンしていました。
まあ同じエリアだとはほんと奇遇です。

やはり聖は通行止めで行けませんので
メンバーと一緒なので楽な山へ変更して
行く予定しています。

トッキーさんへ

ええっ!!∑(*゚д゚*)
本当に、あのときの、塩見岳の方でしたか!!
うわ~、なんかすごくウレシイです(*'▽'*)♪
その節は大変お世話になりました。私にとって塩見岳は色々と感慨深い山になりましたw
あの時、山でトッキーさんにお聞きした山の話がきっかけで、あちこちアルプスの山に登っている自分がいます。
塩見の山頂でお聞きした甲斐駒、黒戸尾根で登りましたよー❤
越百にも登りましたよー❤越百からの南アの眺めは最高でした!
全部、トッキーさんの話がきっかけです^^
いつかお礼を言いたいと思っていたので、とてもウレシイです。

蝙蝠はトッキーさんの足をもってしても日帰りでは厳しいでしたか^^;
私はその頃、犬に足を咬まれていたのですね^^;

ブログを拝見しましたが、さすが、今年もあちこち精力的に登られてますね。羨ましいです! けっこう同エリアで登ってる山がかぶっているのが面白いです^^
いつかまた、どこかの山でお会いできたらいいな、と思います^^

No title

今晩は。
そうか、大鹿(塩見)にも行かれてましたね。じゃ入られた事有ったかな?自分は、山奥の寂しい感じが好き。
クライミングもやりますよ。
・・・けど!!高い所は、超苦手なんです。(笑)
高い所に登ると足がガクガク!!だから「小鹿のバンビ」なんです。
高い所が苦手だけど登りたくなっちゃうんだよなぁー。不思議ですね。
桜色の鹿さんは、クライミングされますか?

バンビさんへ

こんばんは^^
わたしは反対に、クライミングはやりませんが、高いところが大好きなんです!
でも慎重派なので、無理は絶対にしないのですが(笑)
安全にスリルを楽しむ(?)タイプです。
まわりにクライミングをしている人がいてるので、ちょっと気にはなってるのですが、どうも敷居が高くて、踏み込めない世界かなーと^^;
二の足を踏んでおります。

No title

こんにちは。
はじめまして。突然でメールさせていただきました。

私も、9月23日に上松Aコースから行ってきました!
初めて登る山で7時間半?と日帰り予定だったので、ほぼおなじペースで行ってきましたが。木曽駒ケ岳山頂はガスってしまい。
速攻で下山。翌週の9月28日にちょっと反則?でロープウェイで木曽駒ケ岳山頂、宝剣、三の沢など四方を縦走し帰ってきました。

鹿さんは、かなりの健脚ですね。びっくりです。
他の登山記録も拝見しましたが、どの山もかなりのペースでびっくりです。ちょっと感動するほどですね。
カッコいいね(‘‘)!

また、お話聞かせてくれたらすごくうれしいですね!

まつさんへ

はじめまして。
ブログをご覧いただきありがとうございます^^
というか。このめちゃくちゃなレポ、お恥ずかしい^^;
上松コースは、再チャレしたいと思ってます。ちゃんとペース配分を考えて(笑)
ただ、敬神小屋からしばらくは、暗くて怖いという印象で、女1人で歩くには勇気がいりますね^^;
わたしもロープウェイを使って、広範囲を縦走してみようかしら。
それはそれで、とても楽しそうです♪
最近はめっきり、のんびりペースの更新ですが、またご覧いただけるとウレシイです^^

ありがと!

返事ありがとうございます!!

上松再チャレンジのときは声をかけてください!ついてはいけない?かもしれないけど、金懸小屋までの薄暗いところはサクッと登ってしまいたいですね!(‘L‘)/
そうそう!私も前回の上松からの木曽駒へはペース配分思いっきり間違え、一気に登って体力消耗。帰りは足が大丈夫かと心配しつつ下りてきました。
それに比べて、鹿さんの帰りのペースもかなりのもので”すごい”の一言で、カッコよすぎ~!
木曽駒ケ岳へは、木曽からのルートもあり今度そっちからも行ってみたいです!

そうそう!その前に、鹿さんのレポ観て、「空木岳から南駒ケ岳」に行きたくなっています。空木も所要時間かなりあるのに、サクッと行ってきているので、チャレンジしてみたいですね!(越百山は前に行ってきました。)
空木の帰りの林道は、疲れてきた帰りだとかなり大変ですか?

木曽駒ケ岳に山頂も少し紅葉が始まっていたので、今度登るときが楽しみでムズムズしています。
なかなか、この時期は地区の行事で運動会とかあって、天気観てって決めてるとなかなかいけないので残念ですが、雪降る前に行きたい・・・と思います。

そう!レポの写真観るとどれも天気いいですよね!すごい!もってる!?

私も自称’晴れ男’なのですが、山の天気は気まぐれ!!ガスがね~ネックだね~!
そうだ、同じ山でなくとも、同じ日に登のが良いのかな?

いつも、皆に聞こうと思いつつ聞かずにいるけど、水って何Lもって登るの?ちなみに、行動用が1Lと山のラーメンとコーヒー用で1Lの2L持って登っていますが・・・。
ごめんないさい。質問コーナーになってしまっています_(。。)_

また、レポ楽しみにしています!よろしくです!


まつさんへ

こんにちは^^
木曽駒は、上松コースも登りたいけど、今度は福島Bコースで登ってみたいですね(笑)
将棊頭山、茶臼山、木曽駒で、周回。

空木岳ですが、帰りの林道歩きは正直言って、飽きます(笑)
基本ゆるい下りですし、疲れて大変!という道ではありませんが、長い! 気を紛らわせるものも無いし、駐車地までが長く感じました。

あと、山に持っていってる水ですが、わたしも夏場は2Lです。途中の水場で補給できる場合は1.5L。
秋山は1.5Lで余ります。冬は1Lしか・・・^^;

わたしのレポで晴れが多いのは、晴れの日に「しか」登ってないからです(笑)
登山口まで行ってても、登ってる最中でも、天気が崩れてきたら、山がガスってたら、すぐに中止しますので(超ヘタレ)
特に晩秋~残雪の山は、絶対無理をしない方針です。
せっかく登ったのに真っ白で何も見えない、というのは数回経験しましたが、あの残念感は半端無いですよねー^^;
そういう意味で、わたしは「晴れ女」ではありませんwww
登る山も直前になって、天気を見て決めるので、計画性はゼロに等しいです(笑)

桜色の鹿さんへ

こんにちは(”)/
いろいろ、コメントありがとうございます。

私も思いついて行動するほうなので、思いっきり同感しています。
天気見て行動してます(私もヘタレ)。

2010年夏に・・・とレポの記入がありますが、私も、2012年夏に思い立ち、2013年夏に山登りって感じです。1年のタイムロスがありますが・・ (>。<);
この行動が似ていて、勝手に共感しています!!
登りきってガスっていたりすると、ほんとがっくりで、疲れが倍増しますからね。天気見て行動だね。
単独登山の場合は、早めの判断が大切ですね。メモっておきます!

鹿さんは、ちょっと危なかったかな?ってのはあったことがあるの?
足滑らすと危ない個所はあるけど、実際、私は深く考えていないです。
そうそう、保険に入った方がいいと雑誌とか書いてありますが加入してますか?

ごめんね。また思いっきり質問コーナー状態ですね。なんか、初歩過ぎて皆さんに聞けないというか、周りに登る人がいないというか・・。ははは。
今、友達に山登るぞと口説いてますが、なかなかね。
その前に勉強が必要ですね。


まつさんへ

こんばんは!
危なかった山・・・独標蕎麦粒岳でしょうか^^;
http://deer2010.blog96.fc2.com/blog-entry-76.html

ずっと気が抜けないコースでした。
レポではさくっと書いてますが、コースロストから復帰まで、けっこう雪の中でもがいていましたし^^;
落ちたら死ぬ、というコースで、雪とか凍ってたりとか、本当に怖いですよね。

あと、人気の山に登る時は、他に登山者もいて、かなり気楽に登ってますが、最初から最後まで誰とも会わない山歩きの時は、下山するまで気が張ってますねー。不安にもなるし。
そうそう、クマと遭遇した時も超怖かったです^^;

山岳保険は、入ってません。
入った方がいいのでしょうか?(質問返しwww)

桜色の鹿さんへ

こんばんは。
3000m級の山に登る時は保険に入ったほうがいいと、対外のブックには書いてありますね。クサリ場危険とかある山も危ないのかな。
ただ、私も保険には入ってないのでたいしたことは言えませんが・・・・。
本に書いてある内容だと、ヘリコプター(民間)の救助を求めると、捜索とか合わせて数百万円程度はいくようですね。

なので、天候がくずれそうになったときや、やばいなと思ったときは、すぐに下山(私ね!)が鉄則と思っています。たとえ、5分で山頂でも。

ただ、何が起こるか分からないと思うと、必ず誰に「日帰り登山」「帰ったら連絡」はしています。まあ、当たり前ですがね。
鹿さんが行くときは連絡してね。助けに行きます・・・よ!
わが師匠。と勝手に思っています(はは!)

なので、タイム記録で一気に登って一気に下りるのが、私と一緒です。

熊は何度か遭いましたね。鈴は必ず持って行きますが遭いますね。対外は、栗の木とある山は注意です。2500mから下の山ですね。結構林道で遭うのが多いかな。

また、じっくり話を聞かせて欲しいですね!
よろしくです!



まつさんへ

先日、山頂で、他の登山者さんに「ヘリはだいたい1分1万円」と教えていただきましたw
アルプスの山だと、だいたい20分あればヘリは来てくれるそうです。ケガなどで自力下山できない時の話ですが。
遭難・・・で捜索ともなると、大変でしょうね^^;

それでも。やっぱり保険は、わたしは入らないと思います(ぉぃ)
それに、鎖場がキケンな山とか、コースが原因では、反対に事故は起きにくいと思います。
どちらかと言うと、天候・写真撮影・自己判断の甘さ・注意力散漫が原因かと。
でもそういうのって、全部自分の責任だから、仕方ないと思えますけど、クマとか、イヌとか(泣)、動物が原因の時って、やっぱイヤですよね~^^;
過去に猿(集団)が怖くて途中で引き返した経験がありますよ(笑)

桜色の鹿さんへ

ありがとうございます!
1分1万とは結構な料金ですね。私も自分だけなら保険加入は微妙ですね。足がおぼつかなくなったら考えよっと!(って聞いておきながら・・)

少し前に、遭対協の方に話を聞いたら、前期の出動報酬が十数万円もらったとか言ってました。何人かで背負って下りてくるそうですが・・・。一回だけの報酬か聞きませんでしたが保険加入が必要なのかな?と思って伺いました。(後先でごめんなさい_(。。)_ )

鹿さんの言うとおり、自己判断の甘さと不注意が原因であることは間違いないですね。(メモっておきます)

先日?どこか登ったの?福島から木曽駒ケ岳?だったら一緒に行きたかったです!!

今、職場の友達口説いて、「御岳」行く計画中。ただ、私より年上なので無理をさせれないから・・・。ゆっくり登山かな!できれば、お鉢めぐりなども、してきたいと思いますが。
帰りは、木曽の「二本木の温泉」でリフレッシュ!炭酸泉で体中泡がついて疲れが一気にとれるからと気持ち良いよと口説いてます。(ジジくさいww)

イヌって野良犬?いるんだね。私も迷い犬(首輪していたから)にかまれた経験があるので怖いですね。かまれたとき、お前さん、狂犬病の注射してる?って聞いちゃった!(笑えんけど・・)
猿は遭いますね。女性の方は見下して見ることがあるらしいから注意が必要ですね。
笑い話で、石を投げてやったら投げ返えされて、スナップが効いてかなりの威力とか?ほんとか! 打ち返されたと思った・・・・。
お後がよろしいようで。

長々すみません。

そうそう、普段って何か運動しているのかな?

クラシックルート

桜色の鹿さん、こんばんは。横RES失礼します。
>今はどんどん登りやすい登山道が新しく出来てきてますが、わたしは昔からある、昔の人が苦労して開いてくれた登山道の方が好きです。その分距離が長かったりしんどかったりしますが、最近では短いコースじゃ物足りないので(笑)(桜色の鹿さん)
> 敬神小屋からしばらくは、暗くて怖いという印象で、女1人で歩くには勇気がいりますね^^;(桜色の鹿さん)
私も理由は桜色の鹿さんとは違いますが(笑)、クラシックルートが好きです。とくに里宮が登山口となっているような信仰の山が良いですね。上松Aルートも起点は駒ケ岳神社です。敬神の瀧(三合目)に至る手前のあたりには車道の左に旧道が残っています。この旧道沿いにも霊神碑が沢山集まっているところがあり、朝の暗いうちなら薄気味の悪いところです。

鹿さんへ

独標蕎麦粒岳は、ほんと、登山道が分かりにくいし笹等で自分の居場所を見失いそうですね。富士の樹海のみたい。と迷ったことはないです。笹とか気をつけないと、急に崖になっていたりすることがあるので注意が必要です。

富士山は以前(結構前)になりますが夜登山でご来光見てきました。ご来光はひとあじ違った感じがしますが、次の日にグッタリ疲れる(眠い)のがネックでした。世界遺産前なので人は少なくよかったです。

恵那山も登られていたんですね。なんか私の身近な山を結構登られているので、鹿さんに思い切り興味津々です。
けど、鹿さんピーク時は毎週のように登っていて、知っている山の登山時間がどれもすごいです。感心を通り過ぎて師匠~~~~!!ですね。

私事で在住は、恵那山と木曽駒ケ岳の真ん中あたり。と言ってちゃんと家に住んでます。

若し日々の体力(25歳頃がいいな。自己要望)に戻りたい・・・。と日々思うこの頃です。
14日に御嶽山を登山を考えてます。なんだかんだ誘ったので友達の時間に合わせて10時頃登りはじめかな?用事があるようで遅いスタート。今回はよしとして体力づくり。15時までのピストン登山予定。友達大丈夫かな?




まつさんへ

とっても羨ましい所にお住まいで。いいな~
わたしはアルプスまで4~6時間かけて車移動です(片道350~450キロ)
ここしばらくは、ちゃんと週休日が取れなくて、今も取らなきゃいけない週休日(振替休)が4日も貯まってます。ちなみに、今日で9連勤中。
有給休暇とか、本当、取ることが無いので、毎年捨ててます。
ちゃんと休める職場に異動したい!!

次の連休は天気が良いようですね。わたしは残念ながら仕事で悔しいですが、御嶽山、楽しんできてください!

jack77betty さんへ

クラシックルート、イイ響きです~w
奈良の山だと、信仰→山岳信仰→修験道!って感じが強いですけど、こちらの方の山は、また違った信仰の雰囲気がありますね。
日本人の山に対する信仰心って好きです^^

桜色の鹿さんへ

ありがとう!とてもこの場所は気に入ってます!日本のほぼ中央ですからどこへでも比較的行きやすいし、日本の屋根などと言う山はすぐそこにありますからね!でも、かえっていつでもいけるって思っているから、なかなか行かないような気がしています。

なので鹿さんのチャレンジャーのような行動がかなり気になりますね。ライバル・・・?!
体育体系の方なので負けね~!負けれね~!ってのと、応援したいような気持ちですかね!(じじくさいね!はは!)

鹿さんは奈良とのことのようですが、そっち方面は行ったことがないので、ある意味「未開の地」で興味はありますね。(山にです)里も少ないかな!?^^);

先輩の友達は、今日仕事終わってから靴を見に行きました。私は仕事で着いていけなかったですが・・、ちゃんと選んでくるかな??
続けて登ならある程度の物を買った方がいいよと言っておきましたがどうかな?私も春夏秋の3シーズン用なので冬用がほしいですね。
冬に向け貯めないと・・・。

9連続きで仕事とはご苦労様です。無理しない程度にがんばってね!
私も超勤が代休扱いでその分も休めず、年休もほとんど流しで「貧乏暇無し」って感じです。
月に1度は天気観て、休みもらって、人が少ない平日に登りに行きたいな~と思うこのごろです!(希望的願望!!)


寒暖の差こちらはかなり出はじめてきました。個人的に大好きな季節ですが、体調崩さないようにしないとね。といっても、ここ何年も病気知らずの健康優良児!? 何とかは風邪引かないって奴ですね。私の場合。

鹿さんも無理しない程度に、がんばってね~!!^^)/


桜色の鹿さんへ

御嶽山行ってきましたV(^^)/
無事先輩も登頂。ちょっと無理をさせてしまったかもしれませんが、王滝山頂から剣が峰、一ノ池(枯れ)、摩利支天山とニノ池(残雪とエメラルドグリーンの池)、三ノ池(濃いブルーの池を下方に)見て帰ってきました。

田の原スタートが8時35分。少し遅めでガスが心配でしたが、途中から天気最高で足取りも軽く・・?!
西側は雲が雲海となってありました。東側の木曽方面は見えてはいましたが少し霞んで、木曽駒ケ岳など山の頭しか見えませんでした。

王滝山頂(10:14)到着で先輩が喜ぶのもつかの間、剣が峰が目の前に見えたとたん「わっ!!って!!驚いてました。」2時間ペースで着くといってたじゃないかと疲れて愚痴も・・・。
まだ、2時間たってないよ・・・。剣が峰山頂到着(10:39)で丁度2時間。
結構なペースだったかもしれません。(先輩すみません)
昨日は二人とも地区運動会があったので、筋肉痛になる前の体に鞭打って登ってきたって感じだったので怒る気持ちも分かりますが・・・。

剣が峰山頂で長めの休憩。ニノ池と木曽谷を見ながら昼食。カップラーメンとおにぎり、食後のコーヒー。安らぎますね~。(二人分の水が無くなって午後の行動がすごく楽になった私でした。)

摩利支天山に登ってから、ニノ池を通って速攻下山。西の雲が上り始めていたので。

帰りに王滝温泉に入って帰ってきました。こじんまりした場所で、砂利道通っていきます。熱めの湯で半透明の赤っぽい温泉でした。疲れが取れた感じです。筋肉痛は明後日以降なので微妙?!?(; ;)_

御嶽山は「信仰の山」って感じが強い場所でパワーをもらった感じです。

ごめんなさい。自己報告になってしまいました。_(。。)_

まつさんへ

御嶽山、お疲れさまでした!
いいなー いいなー いいなー(笑)
台風前に楽しまれたようで何よりです。
御嶽山はまだ登ったことがありません。昔、ボードやってた時は、毎年スキー場でお世話になりましたがw 雪質がいいので大好きでした。
登山となると、どのコースで登るのがいいのでしょうね。
大きい山だから、コースによって雰囲気も見え方も変わると思うので、お勧めがあれば教えてくださいませ。
もう3000m峰は最低気温が0℃ぐらいでしょうか。
全然登れないうちに夏山シーズン終了して、秋山もあっという間に終了しそうです。泣きそう・・・

桜色の鹿さんへ

ごめんね!楽しく登らせていただきました!w

台風かなり被害がありましたね!大島のニュース見てびっくりです。
鹿さんの方は大丈夫でしたか?(心配;;)

私も御岳山は一昔?前は良くスキーでお世話になりました。雪質はピカイチですね!^^)/ ボード派?ですか?私はスキー派ですね!
かなり滑るのかな? かなり上手そうなイメージで思ってます^^)

今回は田の原コースでしたが、巡礼の感じが強いコースです。
田の原の駐車場から ドーンと鳥居があって、そこから御嶽山が迎えている感じです。登り始めてすぐに木もハイマツとなって開けてるので景色もよく退屈はしないコースですね。
夜登る(朝下りて来る人に聞くと夜登ったって。)人も多いようでした。
道は8合目付近までは丸太などで歩道整備されてます。8合目から山頂までも石など階段状にコンクリしてあるところもありました。
南斜面なので朝日が昇るのも見えますね。

黒沢口は、御岳ロープウェイ(以前はスキー場)の上になりますが、8合目付近まで林間コースだったイメージです(かなり前に登った薄ら覚え。)登ると丁度二の池に到着です。

開田口はちょっと分かりません。
岐阜からの濁河温泉コースは、摩利支天から見下ろしてみた感じ(登ったことは無いです)では、下のほうは紅葉を楽しみ、途中からハイマツの歩道で、稜線と谷の真ん中辺の面を縫うように登ってくるコースです。北西向き斜面?となる感じです。
登る道は田の原より緩やかに見えました。(見た目の話)

今回行けなかった継子岳まで一回りで登るなら黒沢口が真ん中になるので、良いのかな。
ん~。やっぱり初めて登るなら「霊峰木曽御岳山」って思うと田の原からがいいのかな。
(はっきりしろーって! どのコースも良く思えてしまってさ。)(^^;

朝晩は天気にもよりますが、氷点下前後ですね。
田の原付近は一気に寒くなったためか、紅葉と落葉が一気に来た様子ですね。ナナカマドなどの赤色が目立たず黒くなっている感じかな?。
なんだか、一気に秋が来て冬になりそうな陽気ですね。里でも朝晩はかなり冷え込むようになりましたよ。あ~あ、雪降り前に、まだ登りたいですね~。^^)/

なんかまとまりませんが・・・。

桜色の鹿さんへ

木曽駒ケ岳10月19日の朝、冠雪を確認しました。
紅葉と同時に雪化粧って感じかな?!^^)/

今日は雨降りで、ひんやり寒かったので朝からストーブに火を入れました。あ~もう冬だ~!!冬は好きですけど。

台風がまたやってきているし、当分お預けって感じです。来週の台風後が良いかな。友達が御岳山で楽しかったのか、もう一度どこかの山に行こうって張り切ってます。
どこに行こうか迷いますね。

ん~!

まつさんへ

御嶽山登山コース情報をありがとうございます!
以前、一度、開田口コースと日和田口コース(ゴンドラ使わず)について調べた記録が残ってましたw(どっちも信仰登山じゃないしw)
どちらも人が少なそうなコースで、ちょっと怖いかな・・・と思って放置してました(笑)
やはり初めは田の原か、黒沢口(ロープウェー使わず)がいいみたいですね! そのうち、登れたらいいな♪
もう初冠雪の季節ですかー。早いなー
まったく全然ちっとも、山に行けずに秋シーズンが終わりそうです。
そろそろ高山は(私のレベルでは)キケンだから、低山にシフトしなくちゃ。

桜色の鹿さんへ

御嶽山チャレンジしてみてください。
田の原からは2時間で剣が峰まで行けますね。
もう少しすると、スキー場に変わってしまうので・・・。

今年は秋季になって台風が多くて曇りが多いですね。
今度の台風は鹿さんのあたりも寄り道するのではないかな?
大島の見たからか、大丈夫かなと思ってしまいます。

初冠雪の後は台風の影響なのか、曇っていても暖かい日が続いてますよ^^;)変な気象です。

奈良の方には申し訳ないのですが、最近、鹿が多く確認できるようになって、この間、国道でひかれてたのを見ました。高山植物なんかも食べてしまう被害があると聞きました。
近所の山にもいるのかなと思いつつ・・・あったことはありませんが・・)
集団で来るらしく、山の笹が一面無い場所があったりするみたいです。
登山道の笹食べてくれるといいのにね^^)/

雪山の登ったりするのですか><) さすがですね。
雪があると物静かで、落葉して景色もよく見えるのでいいですが、歩くのが大変ですからね。

スノーシューとかでガンガン行きますか?
また、教えてくださ~い!!。スノーシューを買おうかどうしようか考えています。

桜色の鹿さんへ

空木岳登ってきました。
友達と二人で行ってきましたが、台風後で冷え込むのと、距離も結構あるので大丈夫かなって思いつつ行ってきましたが何とか山頂まで行ってきました。

朝、6時登山スタートして、途中何度か休みながらも11時に山頂に。
友達も「仙人の泉~見晴場」と、「木曽殿山荘~山頂」までの登りがかなり辛かったって。
特に寒さが結構堪えたようです。温度計みてたら見晴場から上部の日陰は0~2℃程度で日が当たっても4℃程度で、風も結構あったのでめちゃくちゃ寒かったですね。
義仲の力水の水がかかっている草とかツララになってました++)

山頂は寒すぎたので、木曽殿越まで下ってから、非難小屋をお借りして、日向ぼっこしながら昼食して帰ってきました。

そうそう!帰りの林道はめちゃくちゃしんどいですね**);
行きの時はそれほど気にならずいたのですが・・・。
林道沿いに山葡萄が結構あったので、食べながら帰って着ました~~)/ちょっとすっぱくておいしいです!

伊奈川ダムの登山者の空木岳は私達だけで、帰って来た人に聞いたら百越山に行ってきたそうです。

鹿さん登山レポはかなり参考になりますね。ポイントがちょうどあってる感じです。今度は恵那山検討中!!また参考にさせていただきますね!^^)/

御在所岳

桜色の鹿さん、みなさん、こんにちは。
木尾駒から今度は御岳に話題が移っていますね。
その御岳は中部地方を代表する「信仰の山」です。講による登山が始まったのは木曽駒より古く、その木曽駒の講も、もともとは御岳講の信者さんがはじめたようです。したがってあの林立する霊神碑も(霊信碑という言葉自体を含めて)御岳講に倣ったものです。
さて、月初に御在所岳に登って来ました。ご存知かと思いますが、ここは主な登山道が表、中、裏と三本あり、中道コースが最も人気のメインコースとなっています。名前とは逆に一番人気のない表(道)コースがいわゆる御在所岳のクラシックルートです。
表道コースは、湯ノ山温泉から武平峠を経てとなりの近江へと続く旧街道と、その旧道から途中で分岐する御岳神社登山道とからなっています。分岐には鳥居、そのすぐ先には小さな祠、数は少ないですが霊神碑も立っています。
その後ドライブウエイを潜ってやせ尾根をたどりますと、百間滝が木の間越しに見える滝見台に着きます。この滝見台には鹿さんが木曽駒レポートにお写真を載せておられる「不動明王像」そっくりのミニチュア版がちょこんと立っておられます。
ここからもう一登りしますとやっと頂上横の御岳神社へとたどり着きます。この御岳神社は、地元の御岳講信者が明治時代にご本家から勧奨したものだそうです。中部(東海)地方における御岳信仰の強さがよくわかります。

桜色の鹿さんへ

どおして承認待ち??

まつさん、jack77bettyさん へ

長らく「承認待ち」になってることに気付かずにいました。大変申し訳ありません(〃゚д゚;A アセアセ・・・
何も設定はさわっていないのですが、なぜ「承認待ち」???
管理者画面でコメントを見ることが無いので、今頃気づくなんて・・・

<( ̄口 ̄||)>!!!オーノー!!!<(|| ̄口 ̄)>

どうも済みませんでしたm(_ _;)m

改めて まつさんへ

10月下旬の空木岳、お疲れさまでした。もうかなり寒くなってる時期だし、稜線に風があると、体感気温はかなり低くなってたと思います。
帰りに温泉につかって温まらないと、ですね。
山頂からの展望はいかがでしたか?

林道歩き、長い!帰りは特に長い!
賛同を得ることが出来て良かった(何が?w)
実は、木曽殿越から北の稜線歩きも計画してるのですが、この林道歩きがあるために、ちょっと二の足を踏んでますw

今はもう雪山シーズンですね。わたしの技術では、厳冬期に登れる山は限られますが、そもそも車の運転がヤバイので登山口までたどり着けそうにありません^^;
雪山では今はほとんどツボ足かワカンです。スノーシューも持ってますが、かさばるので^^;
ふかふか雪の歩きやすさではスノーシューが一番ラクだし、楽しいのですけどねw

今年も楽しい山歩きを!(≧∇≦)

改めて jack77bettyさんへ

御嶽はあの山の形状から考えても、昔から信仰は深かったと思います。日本人にとって山は神域ですから。崇めてもいたけど畏れてもいたのでしょうね。
あと、御在所岳の情報もありがとうございます。確かに「表道」は本来メインとなる道のハズですよね。まったく知りませんでした^^;
御岳講信者でつながるとは!
面白いですね。
奈良では大峰講が有名ですが、伊勢講や富士講ってまだ続いているのでしょうか?
歴史的な意義や価値を理解した上で山に登ると、また違った感動がありそう。
勉強になります^^

空木岳クラシックコース

桜色の鹿さん、おはようございます。こちらにもRESありがとうございました。
横RESですが、ずっと以前に空木岳は倉本駅から登りました。
西側では、そのころでも既に伊奈川ダム経由のほうが主流になっていたかもしれませんが、ガイドブック記事ではこちら(倉本駅起点)のほうがまだメイン扱いだったと思います。こちらなら林道歩きはありません。

jack77bettyさんへ

今でも鉄道利用で倉本駅からのコースを使われる方はいらっしゃるようですね。登山道で林道をショートカットできるようですが、登山口に「荒れていて悪路のため、林道(3.3km)を利用してください」の看板があるような記述も。最近はどうなのでしょう^^;

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

nobuさんへ

はじめまして。ブログを見てくださってありがとうございます!
摺古木山・安平路山、まだ登ったことが無いので、登ってみたいです。
なんとなくイメージ的に藪漕ぎが必要な山という感じがしてるのですが、実際はどうなんでしょう^^;
山に登るペースが落ちてきているのでブログの更新も遅いですが、また見に来てくれたら嬉しいです。
 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://deer2010.blog96.fc2.com/tb.php/85-b268c7bc

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  まとめ
copyright © 2005 鹿の山歩き。 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。