FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年 北ア 常念岳・蝶ヶ岳 周回。 

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
常念岳からの眺望!(↑クリックすると大きくなります。)

10月13日(土)、わたしにとって初めてとなる北アルプスを歩いて来ました。
選んだ山は「常念岳&蝶ヶ岳」。周回できて、距離も標高差も丁度いい+展望が良いとのことから決定★
三股を起点に常念・蝶と、左回りに周回します。

常念岳(じょうねんだけ)
北アルプス南部の常念山脈にある標高2,857m山。長野県松本市と安曇野市にまたがる。常念山脈の主峰。日本百名山。

蝶ヶ岳(ちょうがたけ)
北アルプス南部にある標高2,677mの山。常念山脈の稜線上、常念岳の南に位置する。蝶槍の南に三等三角点があるが、長塀ノ頭が最高点。

 
 
前日に車を走らせ、長野道安曇野IC(旧豊科IC)を降りて、道の駅「アルプス安曇野・ほりがねの里」で車中泊。夜の時点で、空は曇天。星の一つも見られない闇夜でした。
前回と違って、今回は寝袋+毛布で完全防寒。フロントガラスは凍りませんでしたが、朝方の冷え込みはだんだんと厳しくなってきました。

13日の朝、県道495号線を通って「アルプスあずみの公園」へ。前後に車がいて、みんな同じ方向へ(笑)
このあたり、こんな時間に走ってる車は、かなりの確率で登山者ですねw
道は、「蝶ヶ岳・常念岳登山口」の看板がちゃんとあるので、迷うことは無いです。
公園を過ぎて道なりに真っ直ぐ進みますが、さすが土曜日早朝の北アルプス、登山者が多い!
三股の駐車場に到着して、私の車を駐車枠内に停めると満車となりました。ふぅ、セーフ!
後からも車が続々と入ってきますが、空きスペースを探してウロウロ。私が今まで登ってきたアルプスの山とは大違いです^^;

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
たくさんの登山者でにぎわう駐車場。トイレ有り。

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
準備をして、6:10 スタート。
車止めから先、砂利道の林道を歩きます。

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
6:18 すぐに登山口に到着。ここにもトイレがあります。

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
案内看板。(↑クリックすると大きくなります。)

今回わたしの歩くコースは、まず常念岳に登り、蝶ヶ岳まで縦走して下山する左回り周回。
標準コースタイムで14時間30分。なので、わたしの目標タイムは8時間ですw

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
ここから登山道です。

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
すぐに常念岳と蝶ヶ岳の分岐が出てきました。右:常念岳、左:蝶ヶ岳。
わたしは右の斜面、常念岳へ。

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
分岐からすぐのところにある注意書き。

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
確かに、ここから先、ひたすら登りが続きます。

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
登山道の様子。

もくもくとつづら折れで登っていきますが、団体さんを含め、途中で10組ほど抜き、お一人に抜かれました。抜かれたのは本当に久しぶりかもw

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
登山道の様子。

しかし、駐車場での人の多さから、もっと登山道は渋滞するだろうと思っていたのに、登っている人はかなり少ないです。どうやら、登山者の多くは蝶ヶ岳の方に流れているようです。それでも、わたしにとっては、いつもの山歩きと比べたら、すごく多い方ですけどw

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
登りつめると、明るい尾根の上部へ到着しました。少しだけ横移動になります。

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
木々の合間から見える前常念岳。(↑クリックすると大きくなります。)

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
前常念岳への登りが始まります。下部は普通の樹林帯を登って行きますが・・・

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
ここから先、岩場の登りが始まります^^

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
つまり、展望が開ける、ということですね^^
(↑クリックすると大きくなります。)
振り返ると、正面奥に八ヶ岳、富士山、南アルプスがみえました!朝日でまぶしいですが^^;

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
岩がゴツゴツした登り。楽しいですね!

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
前常念岳を下から見上げる。(↑クリックすると大きくなります。)

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
登ってきた尾根を振り返る。
途中で登山者が2人、展望を眺めていますw

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
さて、岩をどんどん登りましょー!(↑クリックすると大きくなります。)

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
標高が上がってくると、左手の稜線から穂高連峰の山並みが見えてきます。
(↑クリックすると大きくなります。)

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
手前が蝶ヶ岳まで縦走予定の稜線、奥に穂高の山々。
(↑クリックすると大きくなります。)

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
つい景色に見とれて足が止まってしまうのだけど、岩の登りは注意が必要!

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
前常念岳頂上と避難小屋。

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
8:35 前常念岳。標高2,661m。写真は一応三角点ですw

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
前常念岳を越えると、ようやく常念岳がみえました!!
(↑クリックすると大きくなります。)
常念岳へも、かなり岩岩なコース。
しかも、両側が切れた稜線を進んでいくので、左右の眺望が!素晴らしい!!
何度も立ち止まって眺めてしまいます^^

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
右、大天井岳方面。(↑クリックすると大きくなります。)

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
左、穂高連峰。(↑クリックすると大きくなります。)

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
常念岳。(↑クリックすると大きくなります。)
人が写ってるので、大きさの参考にしてください^^
で、右肩からみえてるのは、槍!

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
とがってるな~ 槍!(笑)(↑クリックすると大きくなります。)

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
大天井岳。奥に見えるのは、ちょっと雲がかかってるけど鷲羽岳・水晶岳・真砂岳・野口五郎岳。右下に見えるのは常念小屋。(↑ぜひクリックして大きい画面で見てください!)
登山者が写ってるので大きさ比較にいい感じw

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
常念小屋との分岐。一の沢に降りられます。
ここまで来ると、小屋泊まりの方もいて登山者が増えるのですが、なにやら皆カメラをかまえて同じ方を見てます。「???」まさか槍が珍しいとか、そんなワケ無いよねー。しかもカメラの角度が下向き。


ということは!!

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
「やぁ、ボク雷鳥たん。よろしく!」

甲斐駒以来の雷鳥たんでした。久しぶり~(≧▽≦)❤
全部で4羽いましたが、走るの速いのね^^; ブレちゃって撮れなかったわ。

みんなのアイドル雷鳥たんを囲んでの撮影会会場となってました(笑)

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
さて、常念岳への最後の登りです。(↑クリックすると大きくなります。)
足下の石には霜柱ができていました。

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
登ってきた稜線。(↑クリックすると大きくなります。)

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
9:08 常念岳。標高2,857m。(↑クリックすると大きくなります。)

山頂はとても狭く、みんな順番に撮影。展望いいから最高です!
(ブログ書いてて気づいたけど、スタートしてから3時間かからずに山頂に着いたんだ!w)

山頂からの眺望はこちら★(↓ほぼ全部クリックすると大きくなりますw)

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
大天井岳方面。(西方向)

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
野口五郎岳、槍ヶ岳方面。(西方向)

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
槍ヶ岳から大キレット、北穂高岳まで。(南西方向)

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
北穂高岳・涸沢岳・奥穂高岳・前穂高岳。(南西方向)

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
乗鞍岳、御嶽山。(南方向)

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
蝶ヶ岳への縦走路。(南方向)

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
八ヶ岳、富士山、南アルプス。(南東方向)

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
富士山と南アルプスのズーム。

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
さっきより雲が晴れた鷲羽岳・水晶岳・真砂岳・野口五郎岳。

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
立山、北アルプス北部方面は雲が晴れない。燕は写ってるのかな??

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
晴れてたら、大キレットの奥に白山が見えるらしい。

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
ちょっと雲が多いけど、この眺望、十分に満足です!!

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
いつもの鹿ショットw

休憩&ひととおり撮影し終わって(かなりの枚数撮りました)、まだ時間も早くてあまり疲れてないので、かるくエネルギー補給だけして縦走開始!
(↓ここから先も、ほぼ全部クリックすると大きくなりますw)

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
さよなら、常念。

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
いざ、蝶ヶ岳へ。
常念岳から見ると、標高が低くなるからか、蝶槍が全然わからない(とがってない)のですねー

常念岳からは、ひたすら激下りです。岩&石だらけの下りで神経をつかいます。

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
右を見れば、いつでもこんな景色だし。目移りしちゃって、危険ですw

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
縦走路。ある程度下ると、蝶槍がとんがって見えましたw
でも、まだまだ下ります。常念岳側は岩場だらけです。岩にペンキで○とか×とか書かれています。

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
常念岳。縦走路を振り返る。

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
蝶ヶ岳へは、大きく2つのピークを越えていくことになります。

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
紅葉の進み具合はこんな感じ。

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
縦走路。蝶ヶ岳側は、常念岳側と雰囲気が変わって、樹林帯が多くなります。

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
ピークへの登りも、普通の登山道みたい。

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
一つ手前のピークから見る蝶槍。(↑クリックすると大きくなります。)

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
鞍部に下って登り返しになります。

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
鞍部にある池。

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
実は、薄くだけど全面凍ってますw

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
蝶槍への登り。下部は普通の登山道みたいな登りです。

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
しばらく登るとハイマツ帯になり、展望が開けます。(↑クリックすると大きくなります。)

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
縦走路を振り返って。(↑クリックすると大きくなります。)

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
蝶槍。(↑クリックすると大きくなります。)
人がいっぱいいるようです。

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
10:50 蝶槍。(↑クリックすると大きくなります。)
蝶まで来ると、穂高連峰が近い!!

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
なので、ズームで撮ってみたw(↑クリックすると大きくなります。)
いつか登ってみたい山ばっかりです!

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
(↑クリックすると大きくなります。)

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
常念岳もキレイです^^(↑クリックすると大きくなります。)

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
とりあえず、蝶ヶ岳の最高点の頂上に向かいます。
(↑クリックすると大きくなります。)
蝶ヶ岳の山頂はなだらかな台形。ゆるやかに登ります。

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
瞑想の丘と呼ばれる展望所には人がいっぱい。
通過します。

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
蝶ヶ岳ヒュッテが見えました。ヒュッテの奥が最高点。

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
11:22 蝶ヶ岳。標高2,677m。
(↑クリックすると大きくなります。)

蝶ヶ岳は常念岳より人が多いですね。みんな思い思いの場所で昼食休憩されていました。
わたしは山頂付近でお昼ご飯。実は蝶槍の登りからずっと、おなかがグーグー鳴っていたのよ^^;
岐阜から来られた登山者さんと話しながら食事。(瞑想の丘で左端に写っていた方ですw)

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
焼岳が見えました。(↑クリックすると大きくなります。)
左に乗鞍岳と御嶽山。

この時間になると、富士山と南アルプスは雲で霞んで見えなくなってました。

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
山頂から見るヒュッテと槍。(↑クリックすると大きくなります。)

休憩していると体が冷えてきて寒いので、予定より早いですがそろそろ下山を開始します。ヒュッテ付近まで降りると三股への下山路があります。

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
ヒュッテと展望!(↑クリックすると大きくなります。)
真横にこんな景色が見えるのだから、蝶ヶ岳ヒュッテが人気あるのも納得です。

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
下山路案内看板。

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
まだまだ登ってくる人が多いです。
登る人に道を譲りながら下山します。

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
大滝山への分岐。
ここから先、急勾配になります。

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
つづら折れで、注意しながらもテンポ良く下ります。

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
途中で見える常念岳。雲が多くなってきました。

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
常念岳への登りほどでは無いけれど、けっこう岩&石の道。スピードは出せません。

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
こちらのコースは、こんな案内がありました。こっちの方が一般向けな道なんでしょうね。

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
ある程度下ると傾斜が緩んで横移動になりました。

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
12:42 まめうち平。
ここから先、また下りになります。

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
下山路の様子。紅葉もちらほら楽しめます。

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
あと1キロという案内のところに特徴的な木がありました。
なんだろう?と思って反対側にまわると、

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
「ゴジラみたいな木」でした!(笑)
ちゃんと口にあたるところに石でギザギザの歯を作ってありますw

それよりも、気になるのが・・・

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
「ゴジラ」ではなく「ゴヅラ」にしか見えない!!
これでいいのか、日本人の国語力!!

と1人でツッコミを入れる関西人(笑)

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
13:08 力水。唯一の水場かな。

水量豊富なのはウレシイのだけど、力水のせいで、その先の登山道が川みたいになってるのはどうかと思う^^;
歩きにくい~

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
橋を渡って、

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
横移動をしたら、

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
常念岳との分岐に到着。これで一週しました。

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
登山口を過ぎて林道をテクテク。

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
13:28 三股の駐車場まで戻ってきました。

常念岳・蝶ヶ岳 周回したよ^^
山を見ると雲がかかってきてました。

うーん、予定よりかなり早いですが、オーバーペースというわけでも無く、疲れもあまり無いので、結果オーライかなw
距離が短いので、これぐらいかと。

奈良まで5時間半、運転しないといけないので、早く下山できて良かったです。次の日仕事だし。
駐車場からの帰り道、かなり先まで車の路駐が続いてました。すごい人気なんですね~^^;

そんなこんなで、初北アルプス、大満足の山歩きでした!


コースデータ
 距  離  約17.2キロ
 累積標高差 2,268m
 所要時間  7時間18分(休憩含む)
コースタイム
 6:10 三股駐車場 → 6:18 登山口 → 8:35 前常念岳
 → 9:08 常念岳 9:25 → 10:50 蝶槍 → 11:22 蝶ヶ岳
 11:49 → 12:42 まめうち平 → 13:28 三股の駐車場



いつもありがとうございます!
よろしければ↑ポチッ☆と押してください。

 
スポンサーサイト

コメント

No title

相変わらずはやーーい(>_<)
ヤマレコにも日帰りブログあるけど
常念と蝶を歩いて日帰りなんて超人的ペースですー

三股~蝶ヶ岳の登り、あたしはかなーりキツかったです。
上高地への下りも長くてハンパなかったですけどねー(;・∀・)


いいないいなー。
私も常念と蝶の縦走したいです。

そうそう、ヒュッテ寄った?
あたしが行ったときは蝶のバッチが売り切れで
そりゃあもう、悲しかったですの(´;ω;`)

しらたまさんへ

しらたまさんが、蝶ヶ岳 最高に良かった!と言ってたから、「よし、行くぞ!」と火が点いたのですよー^^
そのときは上高地に下りられたんですね。
常念・蝶の周回、良かったですよ!!オススメです(≧∇≦)

ヒュッテでバッチが売られてるのですねー!
しまった、その情報はチェックしてなかったよー
うわー、どんなのか、めっさ気になりますw
寄ればよかったな~。
(泊まり客じゃないから有人の小屋にはなんとなく入りにくいの^^;)

No title

今晩は、常念、蝶ヶ岳登られたんですね。
周回して奈良まで帰られるとは(>_<) 
自分、県内なのに帰道ダウンする時があります(^^;)

北アは初冠雪がありましたね。寒さは大丈夫でしたか?
風邪には気よ付けてくださいね。

No title

>奈良まで5時間半
ですよね。これがすごい:-)真似できないッス:-)

バンビさんへ

今回はあまり疲れてなかったので、奈良まで仮眠無しで帰れました^^
わたしも眠くて仕方ない時は、ちゃんとパーキングで熟睡してから帰ります。
初冠雪でしたねー。
確かに朝の冷え込みは厳しくなってきてますが、この日は無風で、太陽のおかげでハイクアップ時は暑かったです^^;
山頂でじっとしてると冷えてきて寒いですけどね。
日も短くなってるので、これからの山選びは考えないといけませんね^^;

ニッコーさんへ

ええ、北アルプスを避けてきた理由の第1位がソレです(=_=)
運転、長い!
遠い!
中央アルプスって近いわーと思います^^;
今回はじめて土日に高速を走りましたが、平日に比べて、めちゃくちゃ安いのですねー! 平日登山者には軽くショックな出来事でした(>_<)

No title

先月半ばに常念岳行く計画が流れてしまってたので今回のブログは楽しんで見させていただきました。
奈良からは遠いですよね^^

スコッチさんへ

あらら、そうだったのですね-^^;
わたしも先月は予定していた山に全然行けずに悔しい思いをしました。で、その反動ということでw 今月はいっぱい登ってやるー!と決意を新たにしております(笑)
でも、本当に遠いですよね。
高速代もお財布にイタイです^^;

No title

私は最初から1泊の予定で同じコースを歩きましたが、日帰りとは...”鹿”ではなく、長距離を駆けられる”チーター”だったりして...
でも、そんな”鹿さん”を抜かす者もいるんですね。
空木岳の記録に影響され、チャレンジしようと思いましたが、スピードが違いすぎて諦めました。来年1泊で行く予定にしています。

それにしても、好天に恵まれた上に雷鳥なんて...

同じ時間帯で同じ行程を歩くことは無理でも、引き続き刺激を与えてもらいたいと思います。次回も山登りをお楽しみ下さい。私も楽しませてもらいます!

Yas94086さんへ

ええっ! チーターっすか^^;
そんな肉食じゃないハズなんですが(笑)
もともと瞬発力無し+持久力有りの、長距離走タイプなので、チーターにはなれないです^^
雷鳥たんは、ウレシイ出会いでした!
けっこう見つけるのが下手な方なので、いそうだなーとか、声はしてても見つけられないことが多かったりw
換毛が終わった真っ白の雷鳥たんを見てみたいです❤

空木岳は、自分で言うのも変ですが、日帰りではもったいない!!と思います。
1泊されて、越百まで周回されるのがオススメです(≧▽≦)

きびだんご(´ψψ`)ウッシッシッ  確かに日が短くなりましたね。健脚のピンク色の弾丸(バンビの中で、勝手に改名しちゃた(笑))には、関係なさそうだよ。
それにしても、毎回楽しそうな山行き計画たてますね。情報収集凄いですね バンビは、苦手(ノд<。)゜。

バンビさんへ

岡山できびだんごを買っても、長野に行くまでに自分で食べてしまうかもしれませんが(笑)
山歩きの「計画」を考えるのは楽しくて好きなんです~^^
実際に行くかどうかは別として、たとえば雨で山歩きできない休日とか、いろいろ計画して遊んでますw
そういえば昔から、全部自分で手配して旅行するのが好きでした。ツーリストとか使ったこと無いかも^^

祝 北アルプス☆

ついに、行ってきたんだね。
北アルプス。

前に話してたね~。
三股から常念と蝶のルート。
やっぱり日帰りか^^
それも、かなり早い時間で!

鹿さんの事だから・・・
ってわかってるんだけど、やっぱりいつも驚いちゃう。
すごいわ~。
鹿のひづめは大丈夫?
また、割れたんじゃない?

天気にも恵まれ、ライチョウにも出会えて、最高だね♪

オレも今回のブログは、とっても懐かしくて、いつも以上に写真を見せてもらったよ♪
鹿さんの写真を見ると、仕事で歩いてた時の事を、ハッキリと思い出したよ。
テント背負って荷物が重いのに、水が切れて、蝶槍の登りを死にそうに登った事とか。
偶然、蝶の小屋で師匠やお客さんに会ったりとか
布団の中で好きな女の子と、朝までしゃべってたりとか^^
あ~。めっちゃ懐かしい><

燕から大天井→常念→蝶→上高地
ってツアーが多くて、3泊4日で歩いてたけど。。。
鹿さんだったら、2日で行っちゃうのかな~。
うん。絶対に行っちゃうな^^

蝶から眺める穂高。
最高だよね!
次は、ぜひ穂高へ!!
その時は、ぜひ涸沢小屋へ来てね☆

ぷりさんへ

こんにちは!
この距離だと、鹿のひづめは、大丈夫でしたよ(笑)
すでに痛めてる爪も変わりなく。
このあたり一帯はぷりさんの庭ですねーw
正直、涸沢カールの紅葉は、日本でも1・2を争う美しさだと思ってますから、絶対に行きたいと思ってます。
さて問題は、どのコースでどう登るか、なんですが。
もちろん日帰りで!

涸沢ルートは人気がありますが、日帰りでは絶対無理ですよね?
残念!

で、考えているのが、上高地から重太郎新道・吊尾根ルートを登って、行けることまでピストン、というプランです。
上高地だとバスの時間があって、いろいろ制限があるので、正直、イヤなのですが(笑)
たぶん登るのは来年の10月上旬ぐらいかなーと思ってるので、まだまだ情報収集しますけどね^^

どうでしょうか、師匠。
ご意見ぷりーず!

涸沢!!

ひづめは大丈夫だったんだね♪
「この距離だと」ってのが、すごいな。
常念、蝶を一周ってのは、鹿さんにとって、大した距離じゃないんだね。

師匠!?
あはは、若い子に言われると、めっちゃ嬉しいね~。
さすが、関西人。
良いとこ突いてくるわ^^

涸沢へ行くのに、岳沢から吊尾根を越えて!?
すっすごい発想だ^^
それ、上高地の住人には、無い発想だよ。
徒歩のルートじゃなく、ヘリのルートだもん。
そのルートで涸沢日帰りかぁ・・・
すごいなぁ。
私の『1時間』と、鹿さんの『1時間』って、絶対に時間が違う気がするよ。
鹿さんの腕時計、進むの遅いんじゃない?^^

私的には、やっぱり横尾から涸沢へ行ってもらいたいかなぁ。
カールの底まで登って来て見える、目の前に立ちふさがる山々。
あの景色は、下から登って来てこそ感動がある感じがするんだよね。
岳沢から登ってくると、涸沢着く前に、”前穂”と”奥穂”のピークを歩いてくるから、涸沢に着いた時の感動が薄らいじゃう気がするんだ。

上高地から横尾を通って涸沢。
時間的には、日帰り出来るんだよね。
昔、私が急いで歩いて、
上高地から横尾まで2時間。
横尾から涸沢まで2時間。
で計4時間で歩いた事あるから、鹿さんなら、全然余裕だよね。
で、下り3時間として、合計7時間?
あとは気になるのは、上高地のバスだけだよね。
それが、早朝出発の妨げになったりするけど。

ここまで涸沢の話しをしといて、なんだけど。。。
今、ここ数年、涸沢めっちゃ人多いよ!
ほんと、ものすごい。
最近の山ガール人気で、めちゃめちゃめちゃめちゃすごい混んでるよ。
私が居た頃でさえ、10月上旬は登山道が渋滞してノロノロ歩いてた。
それよりもさらに人が増えてるらしいから、急ぐに急げない状況になるんじゃないかな^^;
涸沢の紅葉。
確かに、超綺麗だけど、しばらくブームが去るのを待った方が良いかも。

紅葉が綺麗な山は、他にもいくらでもあるからね☆

ぷりさんへ

ヘリのルートΣ(゚□゚(゚□゚*)!!

マジっすか^^; (笑)

前穂・奥穂・涸沢・北穂の4ピーク踏めたら嬉しいな~なんて考えてたりするのですが(笑)
奥穂高までは問題無く登れると思うので、その先どこまで行けるか、ですね。吊尾根が難路で危険だということは知ってますが、難しいでしょうか。奥穂から涸沢岳まで時間でどれぐらいかかるのかしら?

うーん、天気が良ければなんとかなりそうな気がするのだけど、甘いですか? ^^;

上高地から横尾を通って涸沢、以外と時間がかからないのですね。
しかし、やはり人が多くて渋滞するのでしたら、時間に余裕のある時に1泊とかで登りたいコースですね~^^
北アを避けてきた理由の1つに「登山道が渋滞する」というのがあります。自分のペースで登れないのはツライかも。

それか、紅葉をあきらめて、グリーンシーズンに登るのもイイですね♪

サクっと北アですか

相変わらずの俊足ハイクですなぁ~
なんだか早すぎて、せっかくの北アルプスが
もったいなくありません(笑)

でもでも、俊足だから色々とピークハント出来るって
いうことですね。

このペースなら十分に新穂高温泉から槍ヶ岳を
日帰りで狙えますよ~

テカポさんへ

今回の周回は、しっかり景色も堪能できたし、もったいなく無かったですよw
(空木岳はもったいないことしたなーと本気で思いますがw)

どうしても日帰りなので、イロイロ頭を捻って山行き計画を考えてますが、アレもコレもと、登りたい山が多すぎて困ります^^;

ちなみに槍ヶ岳ですが、今のところ、全然行く気がありません(笑)
なぜか、心が惹かれず・・・
富士山に似た心境かもしれません。(登らずに他の山の山頂から見るもの、みたいなw) あと、絶対、渋滞すると思うので^^;

北アは、あと穂高と劔岳(早月尾根/日帰り)、笠ヶ岳(笠新道)に登りたいと思ってます.゚+.(o´∀`o)゚+.゚

泊まりで☆

前穂・奥穂・涸沢・北穂の4っつを狙ってたの!?
それなら、穂高か北穂辺りで一泊だね^^

山は朝・夕の傾いた日差しがとっても綺麗だからね。
ぜひ一泊して、その景色を楽しんだら良いよ♪
夜には、満点の星空が見れるし☆

鹿さんが北アを避けてたのは、登山道の渋滞って理由があったんだね。
確かに、混むね~。
槍・穂高とか北アでもメジャーな山は、特に人多いもんね><

笠ヶ岳を狙ってるんだね!
私は鷲羽とかを縦走した帰りに寄ったけど、笠新道の下りが長くてきつかった~><
そこを狙うなんて、さすが鹿さん☆

ぷりさんへ

まー 一応、「行けるとこまで」という感じで考えてますよw
でも、はたして泊で行ける日は来るのだろうか・・・と甚だ疑問なので。
行けるとこまで行っちゃいたいですねーw

笠新道は問題無く日帰りで行けそうだと思ってます。行く時期については、まだ悩んでますけどね。
中央アや南アで往復20キロ超を登っていると、北アも結構日帰りで行けそうだと思っちゃうんだけど・・・
そんなに甘くないのかな?
感覚的には中央や南の方がしんどいよー
 

No title

お久しぶりです。
相変わらず、パワフルですね。
常念~蝶を楽しまれたようで
すが人が多すぎです。
今年になって1,5倍くらいかな?
山ガール、山ボーイも増えて
百名山は多すぎです。
これからは少なくなるので山の静けさを取り戻すので
私はこれからが本番で楽しみます。
吊尾根ですが20数年行っていませんが
大したことはありませんので充分行けると思います。
ただここも人が多いと思われますので
時間が掛かるかと思います。
11月の第二週は下見がてらバイク&スキー?ができれば
と思っています。
では今後のご活躍を祈っています。
ほんとお疲れさまでした。

トッキーさんへ

やはり多くなってるのですね、登山者。
常念では思いませんでしたが、蝶は団体さんがたくさん登っているようですね。

吊尾根の情報ありがとうございます!
さすが、トッキーさん。やはり歩かれてましたか^^
吊尾根も人が多いとなると・・・行く時期を選ばないといけませんねー

そうやって、北アから足が遠ざかっていくのですが(笑)
人が多すぎる山、苦手です^^;

11月のバイク&スキーはどちらに行かれる予定なんでしょうか。
うふふ、ブログを楽しみにしてます♪

※遅ればせながら、トッキーさんのブログにリンクを貼らせていただきました! 都合が悪ければおっしゃってください。

わかる!

中央や南の方が、しんどいよね!
それ、すっごくわかるよ^^
だから、私は北アに行くのだ☆

笠は、全然日帰りで行けるよね。
鹿さんには、笠だけじゃ物足りないでしょ?^^
笠新道から登って、錫丈の脇を通って、槍見温泉に下りたら良いんじゃない?
錫杖はクライミングで行ったけど、すっごい岩山で眺めるだけでもカッコイイよ♪

むか~しむかし。11月上旬に笠へ行ったときには、誰にも会わず、静かな山を楽しめたよ♪
雪が降ってたけどね^^
信州側の人間には、飛騨側から見る槍・穂高はすっごく新鮮だったな

鹿さんほどのスピードがあれば、行動範囲が広がって、超楽しいよね!
私はカメのような歩みなので、どうしても日数がかかってしまい、なかなか山へ行けないよ(>_<)

ぷりさんへ

11月の笠って、微妙に難しいかもです。
雪山に関しては、わたしはまだまだ若葉マークなので、11月ぐらいからのアルプスは「よく考えて」行くようにしないと^^;
経験値低いので危険なのです。

笠は残雪シーズンで山小屋営業開始あたりにチャレンジしてみようかな、と思ってたりしますが。どうかしら・・・

錫杖とな?
そんなコースがあるのですね^^
北アルプス初心者には聞き慣れない山ですが、ヤマレコとかで誰かのレポがあったりするのかしら?
けっこう下調べをきっちりする人間なので(山に地図とか持っていかない、というか買ってないからw)、出来れば詳しく教えてほしいなり^^

錫杖!

11月の北アルプス。
確かに、危険かもね><
以前、冬を前に小屋を閉め、その下山中に従業員が遭難って事があったからね。
遺体は翌年の夏に雪渓の中から出てきたよ。

残雪期は楽しいよね♪
私も大好き。
冬のように真っ白な景色が見れるのに、天気が安定してぽかぽか陽気の中を歩けたり。
いいよね~。

でも、地図を持たずに!?
あっそうか。GPSを持ってるんだっけ?
「便利な世の中になったな~」って遠い目をしちゃうよ

私はアナログ人間なので、地図大好き♪
家には地図がずら~っとあるし、GPSも持ってるけど、ほとんど使ってない^^;
自分で考え、ドキドキするも楽しいし、もし間違えても、笑い話が一つ増えるから^^

錫杖のピークへ行く登山道はないんだ。
その脇を流れるクリヤ谷沿いに、笠ヶ岳から槍見温泉への登山道があるの。
地図を見ると、笠ヶ岳の山頂から槍見温泉まで5:50!
下りなのに約6時間!
かなり長いね~><
こんなロングルートでも、日帰りで行けちゃう鹿さんが羨ましい☆

錫杖のピークへは、クライマーが下山するのに使う踏み跡程度の道はあるけど。。。
途中、ロープでの懸垂下降が必要になったりするらしいから、お勧めはしないね。

まったく参考にならないけど、私がクライミングで行ったブログがあるから、良ければ見てね☆
http://primula-n.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-e346.html

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ぷりさんへ

いろいろ情報をありがとうです(≧∇≦)
すごい助かります!!

使い込まれた地図・・・さすがだなぁ^^

錫杖はおもいっきし クライミングですね^^; 無理ぽ。
でもクリヤ谷のコースはチェックしてましたよw
笠ヶ岳~抜戸岳の稜線がとてもイイ感じなのと、杓子平もステキだな~と思うので、笠新道は絶対なのですが、クリヤ谷周回コースにするか、ピストンにするかで、ずっと悩み中です。
まぁ、登るのは来年なので、来年までずっと悩み続けると思います(笑)

弓折岳!

笠ヶ岳~抜戸岳の稜線良かったよ♪
穂高がバッチリ見えるし、遠くには白山も見えたよ☆

ちょっと足を伸ばして、弓折岳まで行くのも良いよ
槍が岳がめっちゃ近いの!
あのとんがりが、間近に♪
お勧めだよ~^^

鹿さんなら、笠新道から笠ヶ岳を登って、弓折岳から新穂高に下りてこられるんじゃない?
弓折岳から新穂高は笠新道に比べたら、すっごくなだらかだったよ

ピストンかクリヤ谷か迷ってた?
さらに、迷わせちゃったかな^^

山は登って無くても、考えてるだけでも楽しいね♪

ぷりさんへ

いろいろ誘惑が多いですが(笑)

どちらにしても日帰りだし、前日や次の日の仕事の内容によっては無理できないと思うので、何パターンか考えておいて、当日の朝に決めるのが良いのかな、と^^

というか、調べてたら、クリヤ谷周回したら、累積標高差が2700とか出ちゃうんだけどっ! 距離は問題無いけど、けっこうキツイみたいね^^;

わたくし事ですが、今後おそらく(というか確実に)、登山内容は縮小していく予定なので、もう無理はしないつもりです。

残念

標高差2700m!?
それは、すごい^^;
この数字も凄いし、その数字を計算する鹿さんがもっとすごい^^

登山縮小しちゃうの!?
それは残念だ~(T_T)
最近、鹿ブログをとっても結構楽しみにしてたのにな


ぷりさんへ

登山縮小・・・
すっごく悲しいのですが、いろいろと諸事情があり、仕方なく(。´Д⊂)
この冬もどれだけ山に行けるか、分からないです。
こんなブログでも見に来てくれる方がいらっしゃるのが、とってもウレシイのですが、これからは減るだろうなーと・・・。

谷川岳へのご案内

こんばんは
先日、所用で新潟県へ行ってきました。その途中に「谷川岳」発見!!
行って見たいと思いついて現在計画中。
天神平スタートの無雪期ピークハントです。が、交通の便がいまいちでね~。車で交代しながら行ける人募集中。
8月の第4週希望です。

えいちんさんへ

こんにちは!
谷川岳!! 日本三大岩場ですね。
いいな~、行ってみたいな~(本音)
えっと、たしか・・・群馬県? ・・・遠いですねー^^; (本音)
奈良からだと7時間ぐらいでしょうか。(泣きそう)
お誘いくださって、とっても嬉しいのですが、少々わたしには厳しい山域ですので、辞退させていただきます。車移動だけで疲れてしまいそうなので^^;
わたしは盆明けにようやく、休みが取れそうなので、アルプスの山に進出しようと計画中です。体力落ちてるから、そんなに歩けないとは思っているのですが、夢は膨らむばかりです(笑)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://deer2010.blog96.fc2.com/tb.php/89-d0dc9308

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  まとめ
copyright © 2005 鹿の山歩き。 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。