FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年 和佐又山+石の鼻。 

雪の和佐又山・石の鼻
石の鼻からの眺望(≧∇≦)(↑クリックすると大きくなります。)

12月29日(土)、妙に暖かいこの日、久しぶりの山歩きに出かけました。
前回の山歩きから一ヶ月以上もブランクがあるのと、冬用登山靴の慣らし運転ということもあり、軽く登れる山へ。
特に行き先を決めずに運転し、大峯方面へ車を走らせ、とりあえず和佐又山登山口に到着(笑)
R169を南下して新伯母峰トンネルを出てすぐに右折したところが登山口になります。車数台が停められるスペースとトイレがあります。
道は和佐又ヒュッテまで続いているので、凍結道でも登れる車の方は上にヒュッテの駐車場があります。
 
 
雪の和佐又山・石の鼻
7:40 和佐又山登山口に到着。
たまに小雨がパラつく曇天。天気予報は回復して晴れる予報。ホントかなー。
ノロノロと準備をして、一応雪山装備で出発。

雪の和佐又山・石の鼻
8:00 登山口スタート。
つづら折れに登っていきます。
クリスマス寒波で、もうちょっと雪があるかと期待してたのですが、全然ありませんでした。

雪の和佐又山・石の鼻
氷柱も少ないです。

雪の和佐又山・石の鼻
コースは明瞭、迷う箇所も無し。和佐又山は雪山ハイクでツアーがあるぐらいなので、安全に登れる山です。木製階段など整備もきっちり。

雪の和佐又山・石の鼻
8:49 大普賢岳ビューポイントの東屋。
見事にガスってます。大普賢岳どころか和佐又山も見えません。
この先、うっそうとした樹林帯に入り、薄暗い山歩きが続きます。

雪の和佐又山・石の鼻
9:08 伯母峰への分岐。七窪尾根に出られます。
わたしはこのまま直進。
しばらく暗い樹林帯を横異動。

雪の和佐又山・石の鼻
霧氷ビューポイントに出てきました。
気温が高すぎて、見事に霧氷は無し!

雪の和佐又山・石の鼻
この辺りも天気が良ければ展望が良さそうですが、今は隣の和佐又山すらガスってます。

雪の和佐又山・石の鼻
9:21 大台ドライブウェイへの分岐。
このまま直進すれば、和佐又山に行けますが、それではあまりにも物足りないなー。
ということで右に折れて大台ドライブウェイ方向へ。

雪の和佐又山・石の鼻
ここから先、登りが続きます。コースは一部わかりにくいですが、間断なくテープが導いてくれます。

雪の和佐又山・石の鼻
分岐が出てきたら、大普賢岳方向へ。

雪の和佐又山・石の鼻
まだまだ登りが続きますが、雪がだんだんと増えてきて、ガスってきました。

雪の和佐又山・石の鼻
基本的に尾根を登っていきますが、テープを見逃さないよう注意です。この先テープは左に誘導していきます。

雪の和佐又山・石の鼻
この看板が出てきたら、尾根歩きは左にトラバースへと移行。

雪の和佐又山・石の鼻
尾根道よりトラバース道の方が積雪は多い。でも深くても25~30センチです。
あるのは獣の足跡だけw たぶんイノシシ。

雪の和佐又山・石の鼻
雪があるのはウレシイけど、ガスっているのでテンション低め。

雪の和佐又山・石の鼻
ぐるりと巻いて、ヒュッテからの登山道と合流しました。
あー、なるほど、ここに出るのか!(シタン窟の手前です)

さて、ここからどうしようかな・・・。
ガスってるし、テンション低いし、このまま和佐又山に登って帰ろうかな。
体力的には問題なくても、時間的に大普賢岳の山頂は踏めそうに無い。(大普賢岳への登りは、冬季は危険箇所が多く、距離のわりに時間がかかるので)

でも、まぁ、とりあえず向かってみて、適当なところで引き返そう!

なんていう脳内会議が終了し(所要時間5分ほどw)、いったん大普賢岳方向へ向かうことにしました。
これまでの登りと違って手も使って慎重に登ります。

雪の和佐又山・石の鼻
さすがにトレースが多い。しかし全部数日前のトレースで、この日は誰も歩いていないようです。

雪の和佐又山・石の鼻
この日は異常に暖かいので、雪も氷柱も勢いよく溶けてきてました。
大普賢岳への登山道は基本的に日当たりが良いので、積雪は少ないです。

雪の和佐又山・石の鼻
まだ、南の展望はこんな感じで。まったく悲しい限りですが・・・

雪の和佐又山・石の鼻
北側の空はなんだか青空が見えてきた!!
これって、期待しても良いかしら?

雪の和佐又山・石の鼻
10:09 朝日窟。

雪の和佐又山・石の鼻
朝日窟の中の氷柱。だいぶ溶けてきてます。

雪の和佐又山・石の鼻
10:12 笙の窟。

雪の和佐又山・石の鼻
ガスってるけど、見上げた大岩の氷柱からも勢いよく水滴が落ちてきます^^;
この先展望があるかどうか分からないけど、とりあえず石の鼻まで登ってみよう!とここで決めました。

雪の和佐又山・石の鼻
日本岳のコルまでの登りは、日陰になってます。鎖もありますが、岩がガッチガチに凍ってますので、慎重に登らないと危険!

雪の和佐又山・石の鼻
日本岳のコル。
ここまで来て、すごいスピードでガスが流れ、青空が見えてきました!!
ものの数分で、感動すら覚える勢いで晴れだした!

雪の和佐又山・石の鼻
完全にガスがはれて、空が青い!(≧∇≦)
ヤッター! ウレシイ!!

雪の和佐又山・石の鼻
石の鼻までは鉄ハシゴや鎖が出てきます。日の当たる所では溶けかけた雪が滑るので、ゆっくり登っていきます。

雪の和佐又山・石の鼻
あんなに真っ白だった南側も、だんだんと晴れてきました!

雪の和佐又山・石の鼻
もうムチャクチャ期待して登ります(笑)

雪の和佐又山・石の鼻
岩場の雪は、溶けかけて再度凍った状態でツルツル^^;
ハシゴも見事にツルツル^^; 時間がかかるわー
完全防水の手袋をつけてきて正解です。(釣り用w)
手でしっかり持たないと滑る滑る。

雪の和佐又山・石の鼻
ようやく石の鼻に到着。

雪の和佐又山・石の鼻
10:31 石の鼻。標高1,582m(GPS実測値)

雪の和佐又山・石の鼻
で、この眺望!!(↑クリックすると大きくなります。)
うわー、最高!こんなに晴れるとはビックリです^^
行者還岳、八経ケ岳、中央後方に仏生ケ岳、釈迦ケ岳。大峯の主要な山々がバッチリ!
どの山も雪が少ないみたいですね~。

雪の和佐又山・石の鼻
大台ヶ原方面。(↑クリックすると大きくなります。)
左手前は日本岳。中央下に和佐又山。奥の稜線が大台ヶ原に続く稜線。

雪の和佐又山・石の鼻
台高北部の山々。(↑クリックすると大きくなります。)

雪の和佐又山・石の鼻
台高からもコッチがキレイに見えてるんでしょうね~^^
(↑クリックすると大きくなります。)

雪の和佐又山・石の鼻
すぐ近くに大普賢岳。(↑クリックすると大きくなります。)
左手前が小普賢岳。ここから大普賢岳まではすっごく近いのですが、ここから先が核心部、鉄ハシゴの連続で、足を滑らせれば滑落による大ケガ、下手したら死んじゃうレベルです。
特に、小普賢岳を越すのは完全に日陰で凍結を覚悟しないといけません。冬季になると一気に危険度レベルが上がります。

雪の和佐又山・石の鼻
大普賢岳のアップ。(↑クリックすると大きくなります。)
キレイだな~(登りたいな~w)

石の鼻で休憩中も、3回ほど「ドーン、バラバラバラ・・・」という音が響いてました。
かなり大きな氷柱も溶けて落ちているようです。どんだけ暖かいねん^^;

こんなに晴れるのが分かっていたら、ヒュッテまで車で上り、大普賢岳まで登ってみたかったなーなんて思ってみたり。私の車でヒュッテまで上れるとは思ってないですがw

しっかり景色を堪能したら、下山開始です。
雪山の場合、下山の方がヤバイので、気を引き締めます。

雪の和佐又山・石の鼻
笙の窟も日が当たってますます上からバタバタ水滴が落ちてました。

雪の和佐又山・石の鼻
南斜面で日当たりの良い登山道をのんびり下山。

雪の和佐又山・石の鼻
朝から登ってきた分岐も通過してどんどん下り、和佐又山へ。

雪の和佐又山・石の鼻
当初の目的地、和佐又山へ。

雪の和佐又山・石の鼻
11:23 和佐又山。標高1,344m。
本当に雪が少ない!!

山頂のプレートが無いなーと思って探したら
雪の和佐又山・石の鼻
少し離れた所に落ちてました。風で折れたのかな?

雪の和佐又山・石の鼻
和佐又山から見る大普賢岳。(↑クリックすると大きくなります。)

雪の和佐又山・石の鼻
大普賢岳のアップ。(↑クリックすると大きくなります。)
ここまで来て、やっぱり時間がかかっても大普賢岳に登れば良かったかなーと未練タラタラな私^^;
今日は冬靴の慣らし登山だから!軽く登るだけだから!
・・・仕方無いにょー( ´・ω・`)←マインドコントロール失敗気味w

そのまま和佐又ヒュッテに向かって下ります。

雪の和佐又山・石の鼻
一人分のトレース(逆向き)がありました。昨日あたりかな?

雪の和佐又山・石の鼻
ヒュッテが見えてきたけど、雪、少なっ!

雪の和佐又山・石の鼻
和佐又ヒュッテ。休業中でした。自販機は動いてたよ。

雪の和佐又山・石の鼻
この雪の少なさではしばらくスキー場はOPENできないね^^;

雪の和佐又山・石の鼻
駐車場に車はゼロ。やはり誰も山に入ってないみたい。いい天気なんだけどなー。
このまま車道を下ることにしました。
靴は登りでは問題無いけれど、やはり下りで親指が痛いです。
毎年のことだけど、また今季も爪がはがれそうです・・・

雪の和佐又山・石の鼻
道は、日当たりの良いところが多いので完全に乾いていますが、

雪の和佐又山・石の鼻
一部、日陰のところは完全に凍ってました。(4~5カ所)
暖かくて晴れてても、気軽に車で上れないなーと実感。

12:16 和佐又山登山口まで帰ってきました。

今季初の冬靴でしたが、爪以外は靴擦れなど問題ありませんでした。しかし久しぶりに履くと、やはり硬くて重いですね^^;
この日は結局アイゼンは着用しませんでした。日陰の凍結だけ注意ですね。
これから大峯も雪が多くなると思いますので、登られる方はご注意くださいまし。

12月は全然山歩きできなかったので、1月以降、たくさん行けたらいいな、と思います。
2012年も登り納め。
山の神様、来年もよろしくお願いいたします。


コースデータ
 距  離  約12.9キロ
 累積標高差 1,191m
 所要時間  4時間16分(休憩含む)
コースタイム
 8:00 和佐又山登山口 → 8:49 東屋 → 9:08 伯母峰分岐
 → 9:21 大台ドライブウェイ分岐 → 9:58 大普賢岳登山道と合流
 → 10:12 笙の窟 → 10:31 石の鼻 10:45 → 11:23 和佐又山
 → 11:39 和佐又ヒュッテ → 12:16 和佐又山登山口



いつもありがとうございます!
よろしければ↑ポチッ☆と押してください。
 
スポンサーサイト

コメント

No title

雪は青空がやっぱイイですね!
釣り用のグローブですか、参考になります:-)
私は一応今グローブ3重にして調節してるんですが、
足を止めて休んでしまうと血圧が下がってしまうのか、指先が痛くなって困ってます(>_<)
これからの季節、アクセスが一番課題だと思っていますが、タイヤはスタッドレスですか?

ニッコーさんへ

こんばんは^^
青空がのぞいてくれて、本当、良かったです❤
釣り師さんのグローブは、エサを針につけるなど細かい作業ができるように指先が無いグローブが多いのですが、探すと指先まできっちりガードのグローブもあります。男性用は種類も豊富なので一度探されてはいかがでしょう。
完全防水をうたっている商品でも、防寒ではないので、重ねて使用するのが正解です^^
これからの季節の車の運転は、本当に怖いですよね・・・^^;
残念ながらスタッドレスではありません。雪道でのスタック、スリップ、スピン、全部経験アリです^^;
運良く事故にはならずに済んでますが・・・まだ今のところは。

No title

芙蓉さん、冬場は特に単独での行動は慎重にしてくださいね。
何かあったら大変ですので。
いつも心配してますよ。

こんなに暖かいのに、さすが大峰、雪があるんですね。
晴れてよかったですね。おつかれさま^^

つっつんさんへ

あい^^
気をつけて、雪山を楽しみます!w

今年はクリスマスまでは寒かったのに、それ以降、暖かいですね。
1月以降、霧氷を見に高見山に登ろうと思ってるのですが、ちゃんとエビの尻尾まで成長してるかどうか、タイミングが難しそうです^^;

何はともあれ、来年もよろしくお願いいたします^^

楽しそう!

あけましておめでとうございます。
ブログ楽しみにし出したら、最近あんまり登山してないみたいですね。
でも、山登りって、楽しそう~。
昨年は大峰山に登ったけど、あれは人も多いので、一度、ちゃんとした登山してみたいものです♪

ハラさんへ

あけましておめでとうございます!
大峰山・・・ということは、山上ヶ岳のことかなぁ?
(大峰山という名の山は無いっすよー)
またたまに気が向いたら、見に来てくださいね^^
今年もよろしくお願いします。

明けましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
大峰あたりはまだまだ雪が少ないようですね。
大普賢岳は真冬には行ったことがないので、今年はぜひ
チャレンジしてみようと思ってます。

スタッドレスなしですか。
ちょっと心配・・・
チェーンは?
気をつけてくださいね。
タイミングが合えば、一度ご一緒したいですね。
大峰の雪山。当方4WD+スタッドレスですよ。
ほかの仲間もお誘いしてたまには賑やかに・・・

テカポさんへ

おめでとうございます!
厳冬期の大普賢岳、いいですね~(≧∇≦)
何人かパーティーを組めば、雪山も安心ですね。単独だと、危険察知アンテナが敏感で、よっぽど好条件が揃わない限り山に行けないので。
チェーンは持ってるけど、ノーマルタイヤにチェーンだと、雪道でスタックはしなくても凍結路では全然役に立たないから、あまり意味は無いのです^^;
4WD+スタッドレスは最強ですね.゚+.(o´∀`o)゚+.゚
タイミングが合えば、ぜひ❤

明けまして、おめでとうございます

桜色の鹿さん、こんにちわ

今シーズンは、全国的に雪が多いかと期待していましたが
太平洋側は少ないっと言うより、例年どおりですね。

石の鼻からの展望、どこまでも続く山並みは絶景ですね。
やはり近畿地方の山々は素晴らしい。

今年も山運に恵まれ、山登りを楽しみたいですね。(*´∀`)ノ

オニオンさんへ

新年おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

今冬は、クリスマス寒波でいっきに雪山か!と思われたのですがw
太平洋側は年末から正月にかけての暖かさで例年どおりに戻っちゃいましたね。
冬型の気候は予報で「晴れ」でも薄雲が広がりやすく、山間部では青空を見ることができる日は数えるほどです。
やっぱり雪の白は、青空をバックに見たいですよね!
ということで、山の神様だけじゃなく、お天気の神様にもお祈りする鹿なのでした^^

桜色の鹿サンあけおめでした。最近、温かくなっちゃいましたね(涙)温かいのは良いですが雪は欲しいです。年末年始には山の事故も目立ちましたが、トラブルには気よ付けてお互い今年も楽しい山行きしましょう☆ヽ(▽⌒*)

バンビさんへ

あけおめです(≧∇≦)!
年始から山岳遭難ニュースが相次いでますね^^;
わたしは冬にあんな高山、怖くて近づけません。
どんなにベテランでも自然が相手になると、とても太刀打ちできるものじゃないですよね・・・
自分も気をつけようと思います。

今年もよろしくお願いいたします(。→‿◕。)☆

自然界

桜色の鹿さん今晩は。
バンビは、高山から見える風景も見たいと思う時があります(*^_^*)ワクワク・・・・・まぁ!!バンビも怖くて入山はためらいますが(笑)
鹿ちゃん良い事言いますね(^_^)
「ベテランでも素人でも自然界では、ただの人」ですよね。
バンビから見たら鹿ちゃんは、かなりのベテランさん(体力的、知力的)ですが\(^o^)/・・・・山馬鹿とも言うかな(^◇^)(笑)

バンビさんへ

確かにアルプスの雪景色は絶景ですよね!
わたしは高山は残雪期に楽しみたいかな~^^

わたしはまだまだ若葉マークです^^;
「山馬鹿」は正解ですがwww

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://deer2010.blog96.fc2.com/tb.php/92-6ed53dcd

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  まとめ
copyright © 2005 鹿の山歩き。 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。