FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年 新伯母峯トンネル口から大普賢岳周回。 

blog130508-1.jpg
水太覗からの眺め。(↑クリックすると大きくなります。)

4月は仕事でイベント目白押しだったし、GWは仕事だしで。
また前回の山歩きから期間があいてしまいました。あ~ストレスが溜まる・・・
ということで。
5月8日(水)、がっつり歩けるコースということで、大峯の名峰・大普賢岳の周回に行ってきました。
今回は新伯母峯トンネルを出てすぐの登山口を起点に歩きます。
 
 
blog130508-2.jpg
登山口はR169の新伯母峯トンネルを出て右折してすぐ。
多くの人は和佐又山ヒュッテまで車で上がりますが、今回はヒュッテまでも歩いて登ります。

朝7:20頃に到着。
blog130508-3.jpg
トイレもあって、便利です。準備をして山道へ。

blog130508-4.jpg
7:37 スタート。

blog130508-5.jpg
つづら折れに登ります。

ここから先は、
2012年 和佐又山+石の鼻
と同じですので、簡単に。(詳細は↑をクリック)

blog130508-6.jpg
始めに高度をかせいだら、後は横異動&ゆるゆるした登り。久しぶりの山道を楽しみながら歩きます。

blog130508-7.jpg
8:21 大普賢岳ビューポイントの東屋。
今日はイイ天気なので、素晴らしくクッキリと見えます♪

blog130508-8.jpg
和佐又山。ヒュッテも見えます。(↑クリックすると大きくなります。)

blog130508-9.jpg
大普賢岳。(↑クリックすると大きくなります。)

blog130508-10.jpg
伯母峰への分岐。

blog130508-11.jpg
植林帯を抜けました。緑がまだ少ないです。

blog130508-12.jpg
8:49 大台ドライブウェイへの分岐。

blog130508-13.jpg
右に曲がって、尾根に登ります。

blog130508-14.jpg
このあたり、一部コース不明瞭です。冬の時より分かりにくい気がします^^;

blog130508-15.jpg
そのうち、しっかり尾根歩きに。がつがつ登っていきます。

blog130508-16.jpg
ツツジもまだ咲き始め。

blog130508-17.jpg
看板で左へ。

blog130508-18.jpg
9:20 ヒュッテからの登山道と合流。

ここから先は、
2011年 大普賢岳・七曜岳 周回。 その1
2011年 大普賢岳・七曜岳 周回。 その2
と同じですので、簡単に。(手抜きでスミマセン)

blog130508-19.jpg
シタンの窟。

blog130508-20.jpg
朝日窟。

blog130508-21.jpg
9:30 笙ノ窟。登山者が1名おられました。

blog130508-22.jpg
石ノ鼻への登り。鎖とロープがありますが、使わなくても登れます。

blog130508-23.jpg
日本岳のコル。日本岳は右、大普賢岳は左です。

blog130508-24.jpg
ハシゴが増えてきました。

blog130508-25.jpg
9:43 石ノ鼻。

石ノ鼻は展望が良い! 天気も良くて気持ちいいです。
ちょっと風が出てきました。

blog130508-26.jpg
弥山・釈迦方面。(↑クリックすると大きくなります。)

blog130508-27.jpg
台高方面。(↑クリックすると大きくなります。)

blog130508-28.jpg
これから登る大普賢岳。手前は小普賢岳。(↑クリックすると大きくなります。)

コースは小普賢岳の北側を通るのですが、少々日陰ぎみ・・・

blog130508-29.jpg
5月にして、まさかのツララがありました!!!(奈良県の山なのにw)

blog130508-30.jpg
9:51 小普賢岳の肩。
左の斜面を登ると小普賢岳山頂ですが、展望がないため、行く気ナシ(笑)
ここから先、いったん鞍部まで下って、大普賢岳に登り返しになります。

blog130508-31.jpg
大普賢岳への登りはハシゴ等の連続。ある意味、核心部というか。

しかし、地形と山容からか、風が強くなってきて、帽子が飛ばされそうです^^;

blog130508-32.jpg
木の階段が出てきたら、山頂まであとちょっと。

blog130508-33.jpg
奥駈道出合。主稜線に出ました。

blog130508-34.jpg
10:14 大普賢岳 山頂。標高1779.9m。
こんなに天気が良いのに、誰もいないとは!!
山頂独り占めです♪

blog130508-35.jpg
山頂看板と、奥に稲村ヶ岳。(↑クリックすると大きくなります。)

blog130508-36.jpg
左:稲村ヶ岳、右:山上ヶ岳。(↑クリックすると大きくなります。)

blog130508-37.jpg
これから歩く稜線と、奥に八経ヶ岳。(↑クリックすると大きくなります。)

blog130508-38.jpg
行者還~弥山~釈迦。大峯奥駈道の主稜線。(↑クリックすると大きくなります。)

大普賢岳から斜面を下ると、

blog130508-39.jpg
水太覗。

blog130508-40.jpg
水太谷が一望できます。(↑クリックすると大きくなります。)

blog130508-41.jpg
水太覗から振り返る大普賢岳。(↑クリックすると大きくなります。)
このアングルも良いですね~^^

ここからしばらく、いかにも「大峯奥駈道!」という感じのコースが続きます。

blog130508-42.jpg
10:49 稚子泊。

稚子泊からピークに登る途中で、展望が開けます。

blog130508-43.jpg
大普賢岳・小普賢岳・日本岳。(↑クリックすると大きくなります。)

しばらく行くと前方に先行者がおられ、周回コースはこの道であっているか聞かれました。

blog130508-44.jpg
七つ池。池と言っても、水はありませんが。

blog130508-45.jpg
11:03 七曜岳。

blog130508-46.jpg
今日は霞も無くキレイに見えます♪(↑クリックすると大きくなります。)
手前に見える行者還岳へは、ここから約30分の距離です。(前に行ってみたけど、意外と近かったw)

blog130508-47.jpg
(↑クリックすると大きくなります。)

山頂の石楠花はまだ咲いてませんでした。

しばらくすると、先ほどの登山者さんが登ってこられ、一緒に休憩。
ここから先のコースについてお話ししました。(大阪の方でした)

お昼休憩+写真撮影後、七曜岳を後にします。

blog130508-48.jpg
奥駈道からはずれて、無双洞に下ります。
さーて、ここからがしんどい所。
無双洞まで、ひたすら激下り。ここで一気に足に疲れが出るんですよねー。
(一部コース不明瞭です。テープを探しながら下山してください)

blog130508-49.jpg
どんどん下れー

水音が聞こえてきたら、無双洞まであと少し。

blog130508-50.jpg
11:50 無双洞。

blog130508-51.jpg
登山者が1名休憩されてました。

blog130508-52.jpg
水簾ノ滝を右に見ながら下ります。

blog130508-53.jpg
美しい新緑!
しばらく横異動のあと、登り返しが始まります。

blog130508-54.jpg
登り返し、開始!

通常、データで見れば、距離と高低差からして、そんなにしんどいコースでは無いハズなんですが、データ以上にしんどいのがこのコースの特徴w
十中八九、七曜岳からの激下りが原因ですね。あの下りがコースの最後にあったなら、もっと軽く歩ける周回コースだと思うのですが。

blog130508-55.jpg
ちょっとアスレチックな感じの登りもあります^^

blog130508-56.jpg
こんな感じw

blog130508-57.jpg
12:48 和佐又山のコル。
ここからヒュッテまではすぐですが。

ヒュッテには行かずに左折して、朝登ってきたコースを下山することにします。大普賢岳方面に向かって、また登りw

blog130508-58.jpg
この分岐で右へ。来た道を戻ります。

blog130508-59.jpg
途中の東屋。
今日は一日、いい天気だったな~

blog130508-60.jpg
14:18 新伯母峯トンネル口。

無事に下山できました。
距離はそこそこ長かったけど、高低差は微妙^^;
それでも、数値以上に歩きごたえのある(疲れる)コースでしたw


コースデータ
 距  離  約22.8キロ
 累積標高差 1,725m
 所要時間  6時間41分(休憩含む)
コースタイム
 7:37 新伯母峯トンネル口 → 8:21 ビューポイントの東屋
 → 9:20 周回コース合流 → 9:30 笙ノ窟 → 9:43 石ノ鼻
 → 10:14 大普賢岳 → 10:49 稚子泊 → 11:03 七曜岳
 11:18 → 11:50 無双洞 → 12:48 和佐又山のコル
 → 13:46 東屋 → 14:18 新伯母峯トンネル口



いつもありがとうございます!
よろしければ↑ポチッ☆と押してください。
 
スポンサーサイト

コメント

No title

ルート工夫されてますね:-)
鹿さんだったら、周回コース+伯母谷覗とか、+弥山とか行けるのでは?(^o^*)/

ニッコーさんへ

こんにちは。
久しぶり登山だったので、気持ち的に楽に歩けるコースにしました。
ヒュッテから歩くのなら、弥山まで行けるかもしれませんね。(何キロあるか計算してないので無責任発言です。スルーしてくださいw)

伯母谷覗とは?(無知)

がっつりと・・・

ご無沙汰です~
久しぶりの山行き、がっつりと行きましたね。
まだまだ歩き足りなかったりして・・・・

だいぶ新緑が目立ってきましたね。
花の頃もそろそろと楽しみですねぇ~

テカポさんへ

こんにちは^^
うーん、歩くまでは高低差が微妙かな~と思っていたのですが、
やはり七曜岳からの下りが足にズシっと来ますね^^;
コレ、同じ距離&高低差でも、逆周りしたら、しんどいように思います。

そろそろシロヤシオの開花が気になりますね~^^

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://deer2010.blog96.fc2.com/tb.php/97-f1cf7f12

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  まとめ
copyright © 2005 鹿の山歩き。 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。