FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年 大峯奥駈道 歩いてない稜線。←残念!リベンジ決定! 

blog130604-3_20130618193351.jpg
例年より10日も早く梅雨入り。(わたしにとって)残念なシーズンがやってきました。思っていたより雨が降らないのですが、曇っている日が多く、晴れの日は少なくなりました。
UPする気は全然無かったのですが、次の更新までだいぶ間が開いてしまいそうな予感がするので、せっかくだから残念山歩きをUPしちゃいます。
わたしのヘタレ具合をとくと見よ(笑)

6月4日(火)、大峯に山歩きに行ってきました。
大峯でまだ歩いてない所を歩きたいな~と思いながらコースを考えていたところ、ふと、明星ヶ岳から先、仏生嶽までの間は歩いてないなーと気付き、奥駈道から七面山への分岐も確認したいと思ったので、トンネル西口からピストンで歩くことにしました^^
 
 
朝、天川村に向けて車を走らせ、行者還トンネル西に6:45に到着。

P1060050.jpg
すでに車が10台ほど停まってました。天気は今のところ晴れ!暑くなりそう~^^;

P1060051.jpg
準備をして、6:58スタート。

P1060053.jpg
登山口から奥駈道稜線までの急登をゆっくり登っていきます。
スロースターターなので、時間がかかっちゃうんですよねー

P1060062.jpg
7:35 奥駈道出合。

P1060063.jpg
ここから南へ。
もうすっかり夏山っぽい雰囲気になってるなー

P1060058.jpg
シロヤシオも終わりかけ。でもキレイ♪

P1060067.jpg

P1060070.jpg
シロヤシオ。

P1060074.jpg
7:50 弁天の森。

blog130604-1.jpg
これから登る弥山。(↑クリックすると大きくなります。)

blog130604-2.jpg
アップ。(↑クリックすると大きくなります。)

P1060081.jpg
登山道の様子。

P1060090.jpg
弥山への登りは階段が多くなります。

P1060104.jpg
弥山小屋が見えてきました。

blog130604-4.jpg
弥山小屋手前からの展望。(↑クリックすると大きくなります。)
左から、稲村ヶ岳・山上ヶ岳・竜ヶ岳・大普賢岳・日本岳、手前に行者還岳。
全部キレイに見えてます♪

P1060110.jpg
8:39 弥山小屋に到着。

P1060112.jpg
とりあえず山頂へ。

P1060115.jpg
8:41 弥山。標高1,895m。

blog130604-5.jpg
弥山から見る八経ヶ岳。(↑クリックすると大きくなります。)

P1060122.jpg
まだ疲れてないので、そのまま八経ヶ岳へ向かいます。

P1060123.jpg
バイケイソウもまだ蕾。

P1060127.jpg
オオヤマレンゲもまだまだ。ひと月ほど早いですね。

登り返して山頂へ。

P1060133.jpg
9:01 八経ヶ岳。標高1,914.5m。

blog130604-6.jpg
大峯の稜線がバッチリ。北方向。(↑クリックすると大きくなります。)
手前の弥山がちょっと邪魔っぽいですがw
大普賢岳がキレイに見えるなー♪

blog130604-7.jpg
南方向。これから歩く稜線。(↑クリックすると大きくなります。)
釈迦までバッチリ見えてるけど、雲が出てきたな~。
真ん中のトンガリが釈迦で、その左が目的地の仏生嶽です。

休憩がてら山頂で他の登山者さんと軽く会話をしてから、明星に向けて出発。
八経までは途中でたくさんの登山者さんにお会いしましたが、ここから先は少ないだろーなー。

P1060144.jpg
明星ヶ岳はすぐ隣。
奥駈道から外れて左の斜面をテキトーに登ると。

P1060146.jpg
9:16 明星ヶ岳。標高1,894m。

blog130604-8.jpg
明星ヶ岳から見る八経ヶ岳。(↑クリックすると大きくなります。)

稜線に戻って、南下します。
ここから先が、まだ歩いてない稜線。どんな道でしょうか!

P1060155.jpg
登山道の様子。
やはりここから先は、道幅が狭く歩きにくくなります。

P1060158.jpg
明星からはどんどん下ることになりますが、思っていたより細尾根で高度感があります。

blog130604-9.jpg
ネコの耳の形をした七面山が近づいてきました(↑クリックすると大きくなります。)

P1060168.jpg
一部コースが崩落してます。
道を間違えて、下に行くところを上に上がってしまった~w
失敗^^;

P1060172.jpg
ウロウロしちゃって予想以上に時間がかかってしまいました^^;
予想どおり、誰も歩いてないし。

P1060179.jpg
歩いてるうちに雲が多くなってきて、太陽が陰ったり、陽が差したりの繰り返し。
心なしかだんだんと暗くなってきているような・・・

P1060186.jpg
10:12 舟ノ峠。
うわっ 時間かかりすぎΣ(゚Д゚ )
自分でもビックリしました^^;

P1060192.jpg
舟ノ峠を過ぎてしばらく稜線を歩いてると、七面山の石碑を発見!
と、いうことは。

P1060194.jpg
この先のピークが、七面山との分岐になるようです。
稜線を外れて、ピークに向かって直進します。(奥駈道は左(東)にピークを巻いてるようです)
踏み跡はほとんどありませんが、所々赤テープがありました。

P1060201.jpg
テキトーに登っていくと、

P1060203.jpg
10:25 七面山との分岐のピーク。

blog130604-10.jpg
ピークから見る仏生嶽。(↑クリックすると大きくなります。)
イヤ~な感じに雲が出てきて、暗くなってきました!
釈迦もガスってきているようです。

ピークから右に行けば七面山。距離的には仏生嶽に行くのと同じぐらいの距離かな。

P1060205.jpg
ちょっとだけ七面山方向に行ってみましたが、踏み跡は・・・無いよねーコレ^^;
地図では吊り尾根を外さずに歩けば七面山に行けそうなのですが。獣道覚悟って感じでしょうか。

とりあえずピークに戻って、どうしようか考える。
仏生嶽まであとちょっと。コチラはコースも問題無い(ハズ)。
なんだけど。この段階で釈迦はすっかりガスがかかってました。

blog130604-11.jpg
歩いてきた道を振り返る(ピストンだから帰る道か)と、こちらも雲がかなり増えてきてました。
(↑クリックすると大きくなります。)

いつ雨が降り出してもおかしくないのかも・・・なんて考え出したら、だんだん不安になってくるヘタレ。(写真は自動補正されてるようで、実際はもっと暗かったと思うの。)

七面山への分岐が確認できたことで目的の1つは果たしたから、引き返そう~。(根性無しだしw)
ピークを下りて奥駈道に合流し、来た道を引き返します。

P1060215.jpg
明星へはゆるゆると稜線を登り返し。

途中、腰掛けられる木を見つけてさっさと昼食を取りました。細尾根だから道をふさぐ形で休憩になるけど、どうせ誰も歩いてないから、堂々と(笑)

往路で間違った道も、帰路で正しい登山道を確認しながら引き返します。
たぶん、次に来る時はこんなに時間はかからないだろうと思います。行きは本当に無駄な動きをしてたようで^^;

P1060222.jpg
仏生嶽を振り返ると、うわー暗い!

P1060225.jpg
明星へは登り返しがしんどいだろうと思っていたのですが、そうでもなく。
あっさりと明星ヶ岳を通過。

P1060229.jpg
11:56 八経ヶ岳。誰もいない山頂。
平日とはいえ珍しいです。天気が怪しくなってきたから、みんな早々に下山したのかな?

弥山小屋を通過。

P1060243.jpg
弥山を下る前の景色。朝からあんなに晴れていたのにー。
さっさと下山開始。また天気のいい日にリベンジするからね!

P1060246.jpg
稜線から振り返る弥山・八経。(朝と同じアングルです)
うーん。山はやっぱり青空じゃないと!!

P1060252.jpg
見納めのシロヤシオ。

P1060257.jpg
13:23 トンネル西の登山口まで帰ってきました。

途中まで行っておきながら非常に残念ですが、わたしにとっては「天気が残念!」ということで、天気の良い日にリベンジしたいと思います。
今回歩いた感じでは、仏生嶽までのピストンは問題無く歩ける距離だと思うし、もう次は道も間違わないと思うので(笑)
次がいつになるのか、それが問題です^^;


コースデータ
 距  離  約18.4キロ
 累積標高差 1,647m
 所要時間  6時間25分(休憩含む)
コースタイム
 6:58 登山口 → 7:35 奥駈道出合 → 7:50 弁天の森
 → 8:41 弥山 → 9:01 八経ヶ岳 → 9:16 明星ヶ岳
 → 10:12 舟ノ峠 → 10:25 七面山との分岐のピーク
 → 11:55 八経ヶ岳 → 12:10 弥山小屋 → 13:23 登山口



いつもありがとうございます!
よろしければ↑ポチッ☆と押してください。
 
スポンサーサイト

コメント

No title

桜色の鹿さん今晩は。
ショッパナ表紙画像良いですね(^o^)V日の光を浴びている元気な木々達♪ 八経ヶ岳からの南方向も良い感じ のんびりバンビだったら何時間でも眺めて居られますよ(^。^)y-.。o○www やっぱり低い山でも山は山です(^◇^)ワクワク 

No title

七面との分岐確認されましたか、あそこから先にもポツンポツンとテープあるので、
深い森を堪能出来ると思いますよ:-)
このコースは、水場が少ないので水分補給が気にならなかったですか?
私だと汗っかきなので、この場合、楊枝の水場には行くかも。
でも、数日雨がなかったら、弥山小屋親父頼みかも(笑)
私は冷たくない雨は割と嫌いじゃないので、「100703大峯:八経ヶ岳・釈迦ヶ岳」とか印象的・幻想的でまた行きたいと思っています。「090912七面山」とかは、大峯の魅力に引き込まれた体験でこれも印象的でした(^o^*)/リベンジに期待してます(^o^*)/

バンビさんへ

山は確かにいいものですが、わたしの場合、「天気が良ければ」という条件がつきます(笑)
雨が降らなくても、曇っているだけで、テンション下がりまくりなんですよね。
だから、朝の早いうちの晴天は本当にウキウキでした♪
それに、まだ新緑っぽい写真が撮れて、嬉しかったです^^

ニッコーさんへ

テープがポツンポツン・・・ですか^^;
ということは、迷うことは無いけど、獣道。って感じでしょうか。
久しぶりに七面山にも行ってみたいのですが、わたしのようなヘタレでも大丈夫でしょうか?
ニッコーさんは全天候型で、すごいですよね。
わたしは雨は嫌いです。曇ってるだけでもテンション下がります。
そもそも体力が無いから、絶対無理はしないタイプですしw
まぁ、ただの根性無しなんですけどね(笑)
水分補給ですか。あまり気にならなかったです。
そういえば、有人の山小屋にお世話になったことが(入ったことが)一度もありません。完全自己完結です(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://deer2010.blog96.fc2.com/tb.php/99-eec23017

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  まとめ
copyright © 2005 鹿の山歩き。 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。